投稿日:2020年02月08日(土)

統率力




「人間はひとくきの葦(あし)にすぎない。

自然のなかで最も弱いものである。

だが、それは考える葦である。」

 

ブレーズ・パスカルの代表作、「パンセ」の中の一節です。

大学時代、自動車教習所の先生から初めて聞かされたことを覚えております。

 

「人間は、考えるから人間なのかぁ。。。」

今に至るまで、このことが頭から離れることはありませんでした。

考えて、考えて、考えて、、、気が付いたら、頭でっかちになっていました。

家庭環境も影響し、「屁理屈」だけは、だれにも負けないだろうと思うくらい、左脳だけできてきました。

 

それが良いことではないと気が付き、今までを補うべく、色々なことを始めました。

ギターを改めて始めたのも、色々なことの中の1つです。

 

最近、人と話をしている時、本当に色々なことに気付かされます。

何かについて意見を話すと、

「そんなこと考えてもいなかった。。。」

「ちょっと極端では?」

「おかしいのでは?」

などのリアクションです。

自分が、相手の土俵で話を出来ていないことに気付かされます。

自分では、イメージができていて、そのイメージ通りに言葉を選びながら話しているつもりでも、しっかり伝わっていない場合が多々あります。

 

今までのことを一度リセットした上で、相手に理解してもらえるような伝え方をしなければいけないと思わされております。

また、何もかもをやり直すことにします。

 

「考える葦」が、「人間」なのであれば、世の中に、どれだけの「人間」が存在するのだろう。姿かたちが「人間」という存在は、人口の数だけいるのだと思いますが、パスカルの言う「人間」は、どれくらい存在しているのでしょうか。

 

「昨日寝ないで考えたんだけど。。。」

「ちょっと考えてみたら。。。」

会話の中でよく耳にする表現だと思います。

「考える」という単語は、巷に氾濫しているように思います。

 

「考える」とは何か?を考えてみました。

人間と葦の違いは、「考える」ことなのだろうか?

人間の姿かたちをして、自称「考える」行為をしている存在は、沢山いるように思うのですが。。。

自分も、「考える」ふりをしているだけで、「人間」なのか「葦」なのかがわからなくなり、自信をもって「人間」です!と言い切れないような。

 

最近、偉人の方々のお話を読んだり聞いたりする中で、こんなことを考え始めました。

「人間」と「葦」の違いは、「学び続ける」ことでは?

学んでいる人は沢山いますが、学び続けている人は少ないようです。

色々な方々が同じことを仰っています。

 

「人間は、学び続ける葦である。」

僕の中では、腑に落ちております。

素敵な響きに感じます。

 

これからも、学び続けて参ります。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。
最近の投稿記事
  • チームワーク

    投稿日:2020年08月27日(木)

    昨年、「One Team」というフレーズが、流行しました。 口で言うほど単純ではない「One Team」。 足並みをそろえる、同じ目標に向かって進む。。。 単純なようで複雑、複雑なようで単純。 そんな感じなのでしょうか。 […]


    本文を読む

  • 報恩謝徳

    投稿日:2020年10月05日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   いつか必ず、訪れる日が来るとの確信がありました。 逆に、この日が訪れなければいけないと考えておりました。   思い […]


    本文を読む

  • 理をもって接する 理をもって戦う

    投稿日:2020年10月10日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「「仕事ができる」とは、どういうことか?」 というタイトルの著書が、昨年、話題になりました。   「スキルのデフレ […]


    本文を読む