彼を知り己を知れば百戦殆うからず

投稿日:2020年02月16日(日)

戦闘力




勝利を得るための方法は、5つ。

1.戦うべき時と戦うべきではない時を知っている者は勝つ。

2.大軍を率いている時と、わずかな兵で戦う時との用兵の違いを知っている者は勝つ。

3.地位の高低を問わず、メンバー全員の目的・心情が一致していれば勝つ。

4.自分は十分な準備をしており、相手は準備ができていない状況であれば勝つ。

5.将軍に能力があり、君主がむやみに干渉しなければ勝つ。

 

上記5つは、団体戦の際の最重要事項であると解釈しました。

 

では、個人戦の場合は。

「彼」と「己」を「顧客」と「自分」に置き換えて考えてみると、スッキリするように思います。

 

が、ここで、1つ疑問が。

「彼を知り己を知れば・・・」

「顧客を知り自分を知れば・・・」なのか?

「自分を知り顧客を知れば・・・」なのか?

どちらが先なのでしょうか?

 

「顧客」が先であれば、「顧客」に合わせて、「自分」を作り上げていかなければならないような・・・

「顧客」のために、「自分」には必要ない、不得手なスキルなどを身に付ける必然性が生じるような気が。。。

必要のない作業を進めるために、モティベーション維持など、必要のない別の作業を強いられるような。。。

 

「顧客第一主義」を謳う企業が沢山あります。

そのような会社ほど、「顧客第一」に考えていない場合が多いことは、経験から感じております。

「安全第一」を謳う会社も沢山あります。

ある方が、

「安全第一を謳うということは、その会社は、安全が第一ではないということ。」

と仰っていました。

 

では、逆に、「自分」が先であれば・・・。

「自分」がしたいこと、できることを前提に「顧客」を知ろうとするように思います。

イコール「顧客」が求めていないものを提供しようとすることになり兼ねないような。。。

 

「顧客」が求めているものと「自分」がしたいこと、できることを、うまくマッチさせるアプローチが、「センス」による仕事のような気がしております。

 

「自分」がやりたいこと、できることを「顧客」にどう発信するか。

「顧客」のニーズを基に「自分」がやりたいこと、できることをどう纏めるか。

 

いずれにしても、「Win-Win」の関係を構築する為の「センス」は求められるのだと感じました。

 

「経験」、「実績」を前面に出して仕事をすることは、とても危険な気がしております。

「経験」していないこと、「実績」がないことは、「できない」と謳っているように思えてしまいます。

お陰様で、色々な人と、色々な話をする中で、「自分」が何を発信すべきかをハッキリさせることができたように感じております。

 

「百戦殆うからず」の状態で、戦いに臨んで参ります。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • 成長には準備が必要である。いつ機会が・・・

    投稿日:2020年10月21日(水)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「成長には準備が必要である。いつ機会が訪れるかは予測できない。準備しておかなければならない。準備ができていなければ、機会は去 […]


    本文を読む

  • 代表的ロールモデル(2)

    投稿日:2019年12月30日(月)

    ひと昔前のアメリカでは、禁酒法という法律がありました。 その法律により、利益を上げた人たちがいました。 その後、彼らの中に金融市場にて、莫大な財産を築いた人がいます。 「市場で儲けるのは簡単だ。法律で禁止されそうなことを […]


    本文を読む

  • 八風吹けども動ぜず

    投稿日:2020年07月19日(日)

    「利・誉・称・楽・衰・毀・譏・苦」 八風とは、これらのことを表しているそうです。   その中で、「人間が避けるもの」が4つあります。 肉体的な衰え、金銭・物の損失を意味する 「衰え(おとろえ)」 不名誉をうける […]


    本文を読む