自転車の法則

投稿日:2020年02月22日(土)
分解力


夏場、僕は自転車で通勤しております。

自宅から職場までは、サイクリングロードを通って25分くらいの距離です。

 

「えっ?自転車で30分もかけて通勤しているの???」

複数の知人から同じことを言われました。

多分、彼らにとって、「自転車で30分」は、非常識だったのでしょう。

 

僕も、最初は抵抗があり、慣れるまで少し時間がかかりました。

が、慣れてしまえば、「当たり前」という感覚でした。

自分が無意識の中で、誰が決めたのかわからない「常識」に振り回されながら生活していたのだということを考えさせられるだけです。

 

多分、「車で通勤」が、ほとんどの人の「常識」なのでしょう。

お陰様で、その「常識」は、僕にはありませんでした。

 

いつも、事務所の前に駐輪していました。

近くに買い物に行く時などは、歩くことにしており、自転車は事務所前に置いたまま。

 

もう何年も前の話です。

僕の近所に事務所を借りている知人がいるのですが、ある日、その知人から、

「すみません。少しだけ自転車お借り出来ませんか?」

と連絡がありました。

 

「えっ。。。嘘でしょう???」

と思いながらも、多分一回だけだろうと思い、

「いいですよ。どうぞ。」

と快諾いたしました。

 

一度OKすると、エスカレートするものですね。。。

2回、3回と回数が増えて行きました。

 

3回目だったと思います。

「すみません。これから出掛けるので。。。」

と言ってお断りしました。

が、抵抗空しく、4回目が訪れました。

結局、その時も、貸すことになりましたが、「さすがに今後の対策を練る必要がある。」と判断し。

 

まず、全ての原因をその知人に向けていました。

「どうして貸してと言えるのだろう?」

「自転車があるから借りるの?」

「そこに山があるから登る感覚?」

「知人とはいえ、そんなに近い関係ではないでしょう?」

「節操ないと思うけど。。。」

 

そして、

「どうしたら、わかってもらえるのだろう。。」

と、相手の気持ちを変えることだけを考えてばかりいました。

 

要するに、僕が考えていたことは、「対処策」だったのだと思います。

「こちらが貸したくないと思っていることを、どのように伝えて、「貸して」と言わせないか」

が、テーマでした。

 

「ん?待てよ。。。」

急に閃きました。

「ここに自転車を置いている僕に問題があるのでは?」

この閃きの後、駐輪中の自転車を事務所の中に置くことにしました。

丁度、自転車がおけるようなスペースはありますので、そこに置いてます。

 

お陰様で、その後、「自転車を貸して!」と言われることはなくなりました。

 

「貸したくないのに、貸して!と言われて困っていた」問題。

実は、その「前の段階」で、僕自身が起こした問題から派生して起こった問題でした。

これに気付けたことで、「問題対処」ではなく、「問題解決」することができたと思っております。

 

僕は、この教訓を「自転車の法則」として、様々なことに応用しております。

僕にとって、とても重要な法則です。

 

今後も、何か問題に直面し、その問題を分析する際、この法則を活用し続けていくつもりです。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む