分解力

投稿日:2020年02月24日(月)

分解力




「困難は分割せよ。」

フランスの哲学者、ルネ・デカルトが、著書『方法序説』の中で述べた言葉です。

具体的な方法は、

1.明証的に真であると認めたもの以外、決して受け入れないこと。(明証)

2.考える問題を出来るだけ小さい部分にわけること。(分析)

3.最も単純なものから始めて複雑なものに達すること。(総合)

4.何も見落とさなかったか、全てを見直すこと。(枚挙 / 吟味)

 

数学的な考え方が基になっているとのことです。

 

2.の「出来るだけ小さく分けること」は、問題解決の際、有効な手段であると感じます。

起こった問題について考えると、原因などが、まとまりなく複数挙がってきます。

それぞれの原因が、独立していたり、何らかの関係性があったり。。。

 

問題が発生した際、「そもそも論」を考えるようにしております。

「そもそも論」から始めると、複数の原因の中から、プライオリティが高いものをピックアップできるような気がします。

 

実際、色々なことを考えるとき、そもそもに戻って考え、解決できた問題がありました。

その時の気持ちは、表現し難いものがありますが、本当にスッキリとした気持ちでした。

 

かなりの割合で、原因が、過去のトラウマから来ているものがあるのも事実なのかもしれません。「トラウマ」と言うほど大げさなものではないかもしれませんが。。。

 

最近、自分がどのように周りの人に映っているのか、確信まではいきませんが、わかりかけております。

この件も、問題を分割して導き出したもの、導き出そうとしているもののような気がします。

 

導き出した解が、正しいかどうか。

気持ちをスッキリさせることができれば、「正解」ということにしております。

 

分割して解決を試みる問題の数々、自分にとって都合が良く、自分の気持ちをスッキリさせ、次のステップに移ることを促されているものと考えるようにしております。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • 最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える

    投稿日:2021年04月26日(月)

    「最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。」 戦国武将 徳川家康の格言です。   「打算」、「損得勘定」そんな感覚を軸にしている人の存在に慣れることができたように思います。 結論を急いだり、自分のペー […]


    本文を読む

  • Take the course opposite to・・・

    投稿日:2021年01月18日(月)

    「Take the course opposite to custom and you will almost always do well.」 「慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。」 フランスの哲 […]


    本文を読む

  • 99% of failure come from・・・

    投稿日:2021年01月31日(日)

    「99% of failure come from people who have the habit of making excuses.」 アメリカの植物学者 ジョージ・ワシントン・カーヴァーの格言です。 &nbsp […]


    本文を読む