完璧主義

投稿日:2020年02月25日(火)

戦闘力




自分がどのような人間かを考えたことがあります。

長所を10個、あくまでも自己評価です。

長所と短所両方を箇条書きにしようと思ったのですが、長所短所は、表裏の関係かと考え、長所のみを10個挙げました。

 

その中に、「完璧主義」が含まれております。

「完璧主義」は、良いことではない、悪いことだ。という記事を読んだことがありますが、自分自身、昔から感じていた要素でしたので、あえて長所として挙げました。

 

時と場合によっては、長所が短所になり得ると考えますので、短所となった場合、別の何かで補うことができれば良いと考え、この「完璧主義」を補うべく、

「完璧主義」を「完璧などあり得ないという前提での完璧主義」として定義しなおしました。

 

「出来るだけ丁寧に。細部も拘ってみる。」

というような感覚で、「完璧主義」を考えております。

 

悪い意味で「完璧主義」が露呈されるのは、資料作成などの時です。

ちなみに、このブログも、デザインを完璧にという感覚が、サイト公開の時期を遅らせたようにも思います。

 

「とりあえず、ある程度のデザインで立ち上げよう。細かい点は、公開後にでも修正できるので。。。」

という感覚で始めれば良かったようにも思っております。。。

 

資料作成も、プレゼン用資料、企画書資料、事業計画書など、目的はそれぞれですが、「完璧主義」が、邪魔をしてしまうことが多々。。。

 

最近は、この問題を自覚しておりますので、まずは、始める際、「力を抜くこと」に力を入れております。

「完璧主義」故、「手を抜く」という選択肢はありませんので、そこは心配しておりませんが。。。

 

まずは、「力を抜いて」、大枠作りを始めます。

大枠が出来上がると、細かい作業に入っていきますが、作業している際、大枠を修正する場合も出てきます。それはそれで良しと考えております。。。

 

もう一つ。

気を付けていることは、「まとめて片付けようとしない」ことです。

作業を小分けにして、少しずつ進めて行くことで、「完璧」に近い形に持って行くことができるような・・・

 

「Done is better the perfect.」

SNSサービス最大手の創業者のお言葉。

 

最近、頭の中で、このお言葉を連呼しながら、作業を行っております。

自分自身の「完璧主義」の要素、どちらかというと好きな要素ですので、これからもこの要素を肯定し続けていきますが、もう少し、「スピードを重視」していこうと考えております。

 

ちなみに、ブログを開設後、細かい部分の修正を続けております。

細かいので、わかりずらいとは思いますが。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。
最近の投稿記事
  • 名刺

    投稿日:2020年01月30日(木)

    この1年の間に、何度か名刺を作り直しました。 具体的な回数は、わかりかねますが、とにかく頻繁に名刺を印刷し直したように思います。 名前、肩書、会社名、住所などは、全く変更はありませんでしたが、事業内容を何度もやり直しまし […]


    本文を読む

  • 1998年、冬

    投稿日:2019年12月07日(土)

    高校を卒業後、1年浪人しました。 東京の大学に進学を希望しておりましたが、成就せず、札幌の大学で4年間を過ごすことになりました。 アルバイトをしたり、友人と遊んだりと、普通の大学生活を送っておりましたが、どこか満ち足りる […]


    本文を読む

  • 理をもって接する 理をもって戦う

    投稿日:2020年10月10日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「「仕事ができる」とは、どういうことか?」 というタイトルの著書が、昨年、話題になりました。   「スキルのデフレ […]


    本文を読む