アコースティックギター

投稿日:2020年02月26日(水)

冒険力




高校入学時、祖母にギターを買ってもらいました。

僕は、小学校の時から、何か欲しいものがあると祖母にお願いしてました。

なんだかんだ言いながらも、最後は、「いくら?」と言って買ってくれました。

当時流行っていた、「キン肉マン消しゴム」のコレクションは、8割方、祖母に買ってもらったものでした。。。

本当に良い思い出です。

僕が大学を卒業して間もなく、祖母は他界しました。

結局、アメリカで頑張っている姿を見せることをできず。。。

 

「高校の入学祝」という名目で、ギターを買ってもらいました。

当時、大好きだったアーティストが使っていた「YAMAHA」のエレキギターが欲しかったのですが、高額であることから、そのギターに似たような感じの白いエレキギターを選びました。

 

入学後、バンドを組んで、音楽活動を始めたかったのですが、同じ趣味の友人に恵まれることはなく、結局、一人で遊びながらコードを覚えたり、アルペジオを練習したり、無料のギター体験講座を受講したり。。。

 

ある音楽プロダクションのオーディションへの応募も試みました。

ギターとピアノを使ってメロディーを確定させるという形で作曲もしましたが、アレンジができず、デモテープ作成にまで至りませんでした。。

今考えると、趣味と言えるほどの上達はなかったのでは。。。という感じです。

 

高校3年間、音楽ばかり聴いていました。

コンサートも相当数行きました。

生まれて初めてのコンサートは、「辛島美登里」でした。

今でも時々聴くことがあります。

 

既に他界されたアーティストのコンサートにも行きましたし、とにかく音楽に触れている時間が長かったという3年間でした。

 

バンドを組むこともなく、一人でコードを弾きながら、一人で楽しむ程度でしたが、大学に入ってエレキギターではなく、アコースティックギターが欲しくなり、改めて、祖母にギターを買ってもらいました。

今回は、「大学の入学祝」という名目でした。

 

入学した学校は、第一志望ではありませんでした。

それ故、色々な意味で落胆していた頃です。

「これからの人生、どうしよう。。。」

当時の世の中は、学歴至上主義の風が吹いておりましたので、尚更、そんなことばかりを考えておりました。

 

そんな状況、折角のギターに夢中になることもなく。。。

気が付いたら、3年以上経過しておりました。

 

その後、渡米を決意し、今に至っておりますが、2年前、当時のことを思い出し、改めてギターを始めようという気持ちになりました。

そういう気持ちになった瞬間、ギターを購入していました。

自分でもビックリするくらいのスピードでした。

 

最近は、基本的に毎日ギターに触れる習慣になっております。

2年近く練習してきた“なりに”弾けるようになったとは思います。

 

レパートリーは、余り増えておりませんが、当時好きだった曲を中心に練習しております。

昔取った杵柄なのか、コードを思い出すのに時間はかかりませんでした。

ある程度メジャーなコードは、指が動いてくれます。

「好きこそ物の上手なれ。」

お陰様で、ギターを練習していて、辛いと思ったことはありません。

 

「「感性」を磨く」ことが、ギターを改めて始めた大きな理由です。

理屈ばかりの頭でっかちな部分を「感性」で補うべく、今後も練習を続けて参ります。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • 物事を見すぎることで、それが・・・

    投稿日:2021年02月22日(月)

    「物事を見すぎることで、それが持つ意味がまったく見えなくなることを僕は怖れる。」 アメリカの芸術家 アンディ・ウォーホルの名言です。   何か問題が生じると、その問題だけを見てしまう傾向があります。 少し俯瞰し […]


    本文を読む

  • 日曜日

    投稿日:2020年03月01日(日)

    今日から3月。 2020年を迎えて、2ヶ月が経過しました。 「光陰矢の如し。」以外の表現が見つかりません。   お陰様で、毎日のブログネタを考えることにも慣れてきました。 習慣化できたのだと思っておりますが、本 […]


    本文を読む

  • 菩提寺

    投稿日:2020年01月19日(日)

    10年以上前、親戚に誘われて、「新興宗教」の活動に精を出していたことがあります。 前向きに活動していた理由は、「言っていることが、間違いなく正しいと思えた」からです。   活動内容は、「おカネを出す」か、「身体 […]


    本文を読む