スピリチュアル

投稿日:2020年03月06日(金)

創造力




2年前、知人のご紹介で、占いの先生のセッションに出席しました。

70歳を過ぎてますが、若々しく、とても品のある女性の先生です。

初対面の際、どういう訳か、目にかけていただき、その後も時々占っていただいております。

 

去年の年末、久しぶりにお会いし、今年のことを占ってもらいました。

結果は、今年の年末にわかるのでしょう。

 

昨年、ある会で知り合ったヒーリングの先生のリーディングモニターの機会に恵まれました。

手と手を合わせる形で、僕のエネルギーを見ていただくような内容だったと思いますが、間違った理解をしている可能性もあります。。。

 

また、瞑想を始めて、半年以上が経ちます。

瞑想を終えた後、自分の身体が、感覚的に楽になっているような気がします。

 

「アート」に触れる機会も意識的に持つようにしております。

右脳的な書籍も読むようにしておりますし、絵画、書道などにも触れるようにしております。

 

こんな感じで、以前は懐疑的に思っていた「スピリチュアル」ですが、最近は、積極的に取り入れております。

 

「宇宙の法則」のような話も耳にしますが、この世の中、「科学」では証明できないことが、沢山あるように感じております。

 

長い間、理屈だけで生きて来ましたが、ここ数年で、「非科学的な事象」を信じるようになりました。特に、「直感」は、とても大切にしております。

「何となく」でも、「直感」で感じたことは、意味があると解釈し、後付けで、屁理屈を駆使し、「直感」に正当性を持たせるようにしております。

 

「想像が大切だ。知識には限界がある」

アインシュタインの格言です。

本当に、本当に、そう感じております。

 

とにかく、理屈ではないものを信じるようにしております。

それにより、自分の想像の限界を壊すことができるように思います。

 

お陰様で、ここ数ヶ月、想像すらしていなかったことばかりが、身近で起こっております。

どれも嬉しいことばかりです。

 

何かを想像する場合は、いわゆる「常識」や「当たり前」を断ち切って、想像するようにしております。

想像の限界を超えることで、自分で想像できることに近い出来事が起こります。

今まで、何だったんだろう。。。と思うような出来事ばかりです。

 

まだまだ、自分自身で自分の限界を作っている感が否めませんので、限界を超えるべく、精進を続けて行こうと思っております。

 

非科学的なイメージはありますが、「スピリチュアル」な力を借りながら、精進を続けて参ります。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • 簡潔こそが英知の真髄である

    投稿日:2021年04月01日(木)

    「簡潔こそが英知の真髄である」 イングランドの作家 シェイクスピアの格言です。   何かを動かすとき、登場人物が、一人増えることにより、複雑さが増すような気がしております。 できるだけ簡潔にことを進めるためには […]


    本文を読む

  • I’m a firm believer that・・・

    投稿日:2021年01月29日(金)

    「I’m a firm believer that in the theory that people only do their best at things they truly enjoy. It is diffi […]


    本文を読む

  • 病む雁の 夜寒に落ちて・・・

    投稿日:2020年10月14日(水)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「病む雁の 夜寒に落ちて 旅寝かな」 松尾芭蕉の句です。 「自分を苦しめる努力」はしない。 という解釈が、書籍の中にありまし […]


    本文を読む