貪・瞋・痴

投稿日:2020年03月05日(木)

表顕力




「貪欲」(貪る心、欲望)

欲しいものなどに対して、執着する心

 

「瞋恚」(怒り)

怒ること、腹を立てること

 

「愚痴」(愚かさ、迷い)

真理を知らず、物事の理非の区別がつかないこと

 

これら、「貪・瞋・痴」は、「三毒」と言われております。

 

僕の毎日は、三毒との闘いだと思っております。

これらに支配されることなく、穏やかな時間を過ごすことができれば、恐れるものは何もないと確信しているくらいです。

 

一日を振り返る際、必ず、「三毒」のいずれかに支配される出来事はなかったかを確認します。

確認作業を通して、自分自身が、「泥凡夫」であることを自覚せざるを得ないことに気が付かされるだけです。

汗顔の至りであります。

 

昔(5年くらい前まで)は、いつもキレていました。

自分の意見を否定されることでキレていたのではなく、自分の意見を理解してもらえないことにキレていました。

 

何かを伝える際、使う単語一つ違うだけで、簡単な話にもなり得るし、難しい話にもなり得ます。

自分では普通だと思って使っていた単語が、普通じゃなかったようで、相手にとっては、難しい話になっていた可能性もあります。

「話が伝わらない。。。」というのが、一番の悩みでした。

 

「行間を読む」のは、文書を読むときだけではなく、会話の際にも重要だと思っておりました。それは、今でも思っておりますが。。。

行間を読むまでの話ではなくても、文脈などから、相手が何を言わんとしているのか、理解しようとしながら、話を聞く必要があると考えております。

 

いずれにしても、難しい話を好む人は、少ないようです。

もしかしたら、今までの僕の人間関係に限定される話なのかもしれませんが。

 

人の話を最後まで聞ける人が少ないことは、経験上、確信していることです。

「最後まで聞かなければわからないでしょう!!」

と思うことは、何度もありました。

 

使う単語や表現が難しい、話を最後まで聞かない、など、諸々を踏まえると、理解してもらえるわけがないと気付けたのは、3年ほど前だと思います。

それからは、自分の意見を言わないようになりましたので、キレることはなくなりました。

色々なことを諦めた後でしたので、

「世の中、こんなもんだ。」

と達観してしまったのです。

 

お陰様で、最近は、キレることがありません。

「瞋恚」については、及第点だと思います。

 

全ての出来事をポジティブに考えるようにしております。

ネガティブな捉え方をしてしまったら、すぐにポジティブに捉え直すか、別のことを考えるようにしております。

この作業に慣れるまで、少し時間がかかりました。

よって、「愚痴」についても、そこそこコントロールできているように思います。

 

あとは、「貪欲」です。

これは、無意識のうちに、エスカレートしていくこともあり、本当に気を付けております。

 

自分自身が、「完璧主義」であることを受け入れております。

「完璧なんて、あり得ない」ことを自覚した上での「完璧主義」を受け入れております。

「三毒」との闘いも、完璧に打ち勝つことができないという自覚の上で、戦っているつもりです。

 

人間関係、身近で起こる様々な出来事、全てが、「三毒」により、悪い方向に行ってしまうのではないかと思っておりますが、色々と複雑なのかと思ったりもしています。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。
最近の投稿記事
  • 争わざるの理

    投稿日:2020年02月21日(金)

    「絶対的天地に争いはなく、相対的世界にのみ争いは生ず。」   合気道の教えの一つです。 最近、良くも悪くも、色々なことに達観してしまったこともあり、この理がマイブームとなっております。   同業他社と […]


    本文を読む

  • 楽しんでやる・・・

    投稿日:2021年01月17日(日)

    「楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ。」 イングランドの作家 シェイクスピアの格言です。   時間を忘れて、集中できているときがあります。 「気が付いたら、こんな時間!!」 そんな風に感じながら、時間があっと […]


    本文を読む

  • スタートアップ

    投稿日:2021年01月10日(日)

    週末の日中、休憩のつもりで、少し横になり、海外ドラマを見ることがあります。   少し前までは、レンタルビデオ店にDVDを借りに行く作業を当たり前と思っていたことを懐かしく感じてしまいます。 最近は、全て「サブス […]


    本文を読む