マスク着用

投稿日:2020年04月01日(水)

表顕力




1月下旬、家路に向かう羽田空港にて、空港関係者全員が、マスクを着用されていました。

 

東京滞在中、「武漢」「ウィルス」などの単語を耳にしておりましたが、失礼を承知で、「対岸の火事」でした。

また、街を歩く人たちも、マスクを着用している人は少なく。

そんな感じの東京に触れながら、最終日、羽田に着くと、街中とは全く違う雰囲気だったことを覚えております。

 

「皆さん、マスクをされているのですね。」

手荷物を預ける際、係の方に質問しました。

「はい。千歳からの便が到着してすぐに、慌ててマスクを着用しました。ウィルスが、北海道で騒がれているとのことで。。。」

 

「そうなんですね。」

と返答しながらも、これから北海道に帰る身としては、血の気が引くような感もありましたが、やはり、どこかで「対岸の火事」だったように思います。

 

そんなやり取りのあった1月下旬、根拠は全くありませんが、自分の「免疫力」を信じて良いという感覚がありました。

今、そのような勘違いは全くなく、「正しく怖がる」ことに集中しております。

 

「こんなことになるなんて。。。」

1月下旬の空港では、このような状況を想像すらしていませんでした。

現実は、あれから2ヶ月が経過し、世界中が混乱している状況。

ちょっと甘く見ていた感は否めません。。。

ただただ、一日も早い解決を切望するのみです。

 

お陰様で、僕自身の経済活動は、停滞することなく続いております。

が、いつどうなるかわからない状況なのかもしれません。

 

暫くは、打ち合わせも「リモート」にて行う形になりそうです。

不要不急の外出予定もなく、仕事、勉強、趣味、読書、睡眠、執筆、考え事、、、などのための有意義な時間を過ごそうと思っております。

 

それと同時に、訃報など、ウィルスに関連した悲しい出来事に対して、やり場のない残念な気持ちに苛まれております。

 

自分自身でコントロールできない想定外の出来事に直面することで、もっと強くならなければと思わされてしまいます。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。
最近の投稿記事
  • 運命の中に偶然は・・・

    投稿日:2021年01月16日(土)

    「運命の中に偶然はない。人間はある運命に出会う以前に、自分がそれをつくっているのだ。」 アメリカの政治家 ウッドロー・ウィルソンの格言です。   意識しているわけではありませんが、最近、この格言に似たようなこと […]


    本文を読む

  • 成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である

    投稿日:2021年04月08日(木)

    「成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。」 イギリスの政治家 チャーチルの名言です。   仕事をしていると、「納品」が、一つの節目となります。 故に、「納品」を「あがり」 […]


    本文を読む

  • スチュワーデス物語

    投稿日:2019年12月06日(金)

    小学校低学年の頃を回想します。 同じ世代の方々には懐かしく感じるかと思いますが、昔、「スチュワーデス物語」というドラマが放送されておりました。僕にとって、スチュワーデスという職業を知るきっかけとなった番組です。 親に「ス […]


    本文を読む