人の行く裏に道あり花の山

投稿日:2020年08月26日(水)
冒険力


「天邪鬼」という単語が正しいのでしょうか。

違うと考えておりますが、もしかしたら、そう解釈されてしまうのかもしれません。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」

が正しいのであれば、「天邪鬼」なのかもしれません。

 

「信号の色に関わらず、みんなで渡らなければならない。」

なのだろうか?

グループに属していることが当たり前と考える人たちにとっては、みんなで渡るのは、当たり前なのでしょう。

 

「本当にそうなのだろうか?」

「でも、そんな感じだなぁ。。。」

「だとしたら、そうしなければいけないのかなぁ。。。」

スッキリしない気持ちで、無理矢理そのようなスタンスで過ごしてきた頃のことを思い出しました。

 

「やっぱり違った。人の行く裏に道はあるんだ。」

そう思えるようになり、スッキリした気持ちで毎日を過ごすことができておりますが。。。

 

人間、生まれた瞬間から、何もかもが違う。

「個性」という単語で片付けるには、簡単すぎるくらいの違いがある。

世の中の「平等」という錦の御旗が、「個性」を良しとしなかったのだろうか。

 

少なくとも、そのような風が吹く中で生きていると、「違い」があることをコンプレックスのように感じてしまうことがある。

「個性」以前の問題のような気がする。

 

お陰様で、僕は比較的恵まれた環境で育った。

多分、「普通」ではなかったのだと思う。

「普通」に抵抗がありながら、「普通」を装って生きていたころもある。

 

よって、「普通」ではない要素を隠して生きてきた。

「普通」でいたかったのか、目立ちたくなかったのか、いずれにしても「普通」を演じていた。

今考えると、血の気が引く行為だった。

 

「普通」を装いながらも、どうしても出来ないことがあった。

「群れる」という作業。

今となっては、それで良かったと思う。

そうじゃなければ、「朱に交われば赤くなる」のがオチだっただろう。

 

お陰様で、一人で考える時間に恵まれた。

スッキリしない中、数々の名言に触れる機会を得た。

 

「群集心理を避けよ」

「競争するな独占せよ」

「人生は人の夢を生きるには短すぎる」

名言の数々が、道標となり、別の道へ導いてくれた。

「人の行く裏の道」へ導いてくれた。

今までの愚行を憂いながら、スッキリした気持ちで、「裏の道」を進む決意を固めた。

 

「光陰人を待たず。」

どの道を行くにしても、すぐに行かなければならない。

花の山が、散らぬ間に行かなければならない。

 

少しのんびりな所があることは、自分自身、自覚している。

スピーディーな対応が求められていることを理解している。

 

「人の行く裏の道」を行くことに躊躇がなくなった今、「散らぬ間に行け」に焦点を充てている。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む