エース

投稿日:2020年04月09日(木)

戦闘力




「自分を確立し、自分を信じて、前に向かって進む」

2年前、知人に薦められて読んだ本に記されていた言葉です。

心から読んで良かったと思える本でした。

思いがけなく、良書に巡り合うことができ、「感動」のようなものを覚えました。

 

ダンスの先生が著した本ですが、僕自身、誰かに薦められることがなければ読まなかった本だと思います。

どのように検索しようと、書店で目に入ろうと、誰かの薦めがなければ、巡り合うことのない本だったと思います。

 

この本を読んでから、誰かに薦められるものは、全てトライすることにしております。

今までは、食わず嫌いも多く、自分の価値観を基にアクションを起こす起こさないを決めていたような気がしますが、この経験が、今までとは違う方向へ進みだすための好機となったように感じております。

 

なぜ、今更このようなことを書くか。

最近、本棚にあったその本を取り出し、改めて読んでみたことが理由です。

当時を懐かしく思いながら、この本に書いてあることを実践し始めて2年が経ち、この間の悲喜交々に感慨深い思いを抱きました。

 

毎日、起床後すぐに、その本を一章分読むようにしております。

懐かしい気持ちに浸るのではなく、改めて読んだとき、どのようなことを感じたり、思ったりするのかを確認するためです。

 

初めて読んだときは、

「本当かな??そんなことで??」

といった感覚でした。

 

今、改めて読んでみて、

「結局そうだよな。やっぱりこれで良いんだな。。」

という気持ちに変わっておりました。

 

この2年で色々なことがあったのだと思うと、これからの2年は、どのように変化していくのかが楽しみになります。

 

日本に戻ってからの自分を振り返ってみました。

必要以上に自分の考え、想いはありましたが、周りとの温度差に戸惑いながら、前に進もうとしても躊躇していた頃でした。

 

「自分を確立はしているが、自分を信じるに至れず、前に向かっているようではあるが、同時に後ろを見ながら進んでいた」当時の自分を不甲斐なく感じたり。。。

そう感じながらも、当時の自分を愛おしくも思っております。

 

この世の全ての人が、「エース」になる資質を持っています。

「エース」といっても、スポットライトを浴びる人だけが、「エース」ではなく、色々な「エース」が存在します。

その本の中で、何度も繰り返されていました。

 

自分は、どのような「エース」になりたいのか、目指しているのか、改めて考えながら、大きな「キッカケ」を与えてもらった本を読み返しております。

 

昔読んだ本に限らず、2度目3度目に読むと、前に感じたものとは違うものを感じたり、新しい気付きを得たり、色々と面白いことがあるようです。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • 我々は、自らが熟考しているものになる

    投稿日:2021年04月03日(土)

    「我々は、自らが熟考しているものになる。」 古代ギリシャの哲学者 プラトンの格言です。   人は皆、自分自身で限界を創り出しております。 意識して創り出しているというよりも、環境などの外的な影響を受けたりなど、 […]


    本文を読む

  • 困るということは、・・・

    投稿日:2021年01月13日(水)

    「困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。」 アメリカの発明家 エジソンの格言です。   「困る」という状況は、色々な場面で直面します。 右往左往しまったり、気持ちを穏やかに保てなくなったり、メンタ […]


    本文を読む

  • コンプレックス

    投稿日:2020年02月28日(金)

    「BE MY BABY」 を連想してしまいますが、それとは、全く別の内容です。   世界的にご活躍されているサッカー選手が、起業家、投資家としてもアクティブに活動されていることが、ある雑誌の記事で紹介されており […]


    本文を読む