エース

投稿日:2020年04月09日(木)

戦闘力




「自分を確立し、自分を信じて、前に向かって進む」

2年前、知人に薦められて読んだ本に記されていた言葉です。

心から読んで良かったと思える本でした。

思いがけなく、良書に巡り合うことができ、「感動」のようなものを覚えました。

 

ダンスの先生が著した本ですが、僕自身、誰かに薦められることがなければ読まなかった本だと思います。

どのように検索しようと、書店で目に入ろうと、誰かの薦めがなければ、巡り合うことのない本だったと思います。

 

この本を読んでから、誰かに薦められるものは、全てトライすることにしております。

今までは、食わず嫌いも多く、自分の価値観を基にアクションを起こす起こさないを決めていたような気がしますが、この経験が、今までとは違う方向へ進みだすための好機となったように感じております。

 

なぜ、今更このようなことを書くか。

最近、本棚にあったその本を取り出し、改めて読んでみたことが理由です。

当時を懐かしく思いながら、この本に書いてあることを実践し始めて2年が経ち、この間の悲喜交々に感慨深い思いを抱きました。

 

毎日、起床後すぐに、その本を一章分読むようにしております。

懐かしい気持ちに浸るのではなく、改めて読んだとき、どのようなことを感じたり、思ったりするのかを確認するためです。

 

初めて読んだときは、

「本当かな??そんなことで??」

といった感覚でした。

 

今、改めて読んでみて、

「結局そうだよな。やっぱりこれで良いんだな。。」

という気持ちに変わっておりました。

 

この2年で色々なことがあったのだと思うと、これからの2年は、どのように変化していくのかが楽しみになります。

 

日本に戻ってからの自分を振り返ってみました。

必要以上に自分の考え、想いはありましたが、周りとの温度差に戸惑いながら、前に進もうとしても躊躇していた頃でした。

 

「自分を確立はしているが、自分を信じるに至れず、前に向かっているようではあるが、同時に後ろを見ながら進んでいた」当時の自分を不甲斐なく感じたり。。。

そう感じながらも、当時の自分を愛おしくも思っております。

 

この世の全ての人が、「エース」になる資質を持っています。

「エース」といっても、スポットライトを浴びる人だけが、「エース」ではなく、色々な「エース」が存在します。

その本の中で、何度も繰り返されていました。

 

自分は、どのような「エース」になりたいのか、目指しているのか、改めて考えながら、大きな「キッカケ」を与えてもらった本を読み返しております。

 

昔読んだ本に限らず、2度目3度目に読むと、前に感じたものとは違うものを感じたり、新しい気付きを得たり、色々と面白いことがあるようです。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • 美しい景色を探す・・・

    投稿日:2020年11月19日(木)

    「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。」 オランダの画家 ゴッホの格言です。   身の回りをキレイに保とうと思うようになりました。 昔は、そんな感覚はなかったのですが、最近は、キレイではない […]


    本文を読む

  • 背負う荷物を軽くしてほしいなどと・・・

    投稿日:2020年10月22日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「背負う荷物を軽くしてほしいなどと願ってはならない。背負えるだけの強い背中にしてほしいと願いなさい。」 第32代アメリカ合衆 […]


    本文を読む

  • 途方もない夢でも実現へと前進させる・・・

    投稿日:2020年10月25日(日)

    「途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ。」 アメリカ合衆国のIT企業共同創業者 ラリー・ペイジの格言です。 &nb […]


    本文を読む