As one of fellows

投稿日:2020年04月10日(金)

冒険力




「抱き合う度にほら 欲張りになって行く」

中学校時代、意味もよく分からずに聞いていたことを思い出します。

あれから30年近く経った今、お陰様で、その意味を少しは理解できるようになったと思っております。

 

当時は、アイドル全盛の時代。

周りのほとんどが、「ミポリン」、「キョンキョン」、「ナンノ」でしたが、僕は少し違う方向に進もうとしていた頃だったのかもしれません。

 

ドラマの中で流れていた曲を耳にしたことがキッカケで、そのアーティストを知ることになりました。

その曲を初めて聞いたとき、何か表現し難い感覚だったような。

「格好いい!!」という印象が一番近いのかもしれませんが、それだけではない感覚でした。

 

それからは、夢中になってその曲名を調べました。

当時はインターネットもなく、調べる術が限られており、曲のタイトル以前にアーティスト名を調べるのも簡単ではありませんでした。

 

どのような流れだったかを思い出せないのですが、アーティスト名はわかりました。

「CHAGE & ASKA」

でした。

が、曲名はわからないまま、一か八か、その曲が収録されていることを祈りながら、アルバムを購入しました。「The Story of Ballad」です。

結局、その曲は収録されていませんでしたが、「天気予報の恋人」、「恋人はワイン色」、「WALK」、「心のボール」など、今でも大好きな曲と巡り会うことができました。

 

その後、テレビの音楽番組で、「LOVE SONG」という曲であることを知り、すぐにアルバム「PRIDE」を購入。CDを聴きながら、やっと辿り着けたという嬉しい気持ちで一杯でした。

 

ロンドンでレコーディングされたシングル「DO YA DO」、アルバム「SEE YA」は、毎日ワクワクしながら、発売日を心待ちにしていたことを懐かしく感じます。

 

大手家電メーカーの「ミニコンポ」のCMで流れていた曲に反応しました。

YAMAHAの事務所に電話をし、曲名を尋ねたりもしました。。。

「「はじまりはいつも雨」という曲ですが、発売されるかは未定です。」

という回答をいただいた記憶があります。

 

「SCENE II」は、今に至るまで、再生回数の一番多いアルバムだったと思います。

本当によく聴いていました。

 

10代の多感な時期、本当にお世話になりました。

 

2018年、昔を懐かしく思い、「The PRIDE」のチケットを購入。

オープニングの「On Your Mark」の演奏を聴き、自然と涙が。。。

 

2019年、「Made in ASKA」のチケットも購入。

「明け方の君」を聴き、自然と涙が。。。

 

「これからは、ツアーがあれば、必ず行こう。」

そのとき、そう決めました。

そう決めてすぐに、「Fellows」に入会。

先日一年が経ち、更新が完了しております。

これからも、フェローズの一人として、応援し続けて行こうと思っております。

 

「ASKA」さんではなく、「飛鳥涼」さんの曲で一番好きな曲は何?と質問されたなら、

マニアックで恐縮ですが、

「フィルムの向こう側」

と答えます。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。
最近の投稿記事
  • 年暮れぬ 笠きて草鞋・・・

    投稿日:2020年10月15日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「年暮れぬ 笠きて草鞋 はきながら」 松尾芭蕉の句です。 「自分らしさ」で輝く。 という解釈が、書籍の中にありました。 &n […]


    本文を読む

  • 【改・改訂】アメリカ合衆国大統領首席補佐官

    投稿日:2020年10月03日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   アメリカ大統領権限継承順位は、下記の通りです。 1.副大統領兼上院議長(副大統領は、上院議長と兼務) 2.下院議長 3.上院 […]


    本文を読む

  • シンプル

    投稿日:2020年05月31日(日)

    僕は昔から、物事を複雑に考えてしまう傾向があります。 その傾向を自覚しております。 良くも悪くも考えてしまいます。 考えれば考えるほど、複雑化して行きます。 結局、何をしたいのか、何を求めていたのかがわからなくなったりし […]


    本文を読む