ソーシャル・ネットワーキング・サービス

投稿日:2020年05月06日(水)

冒険力




知らない方々からの「いいね」や「コメント」、「リツイート」を素直に嬉しく感じじております。

他愛のない投稿に対して、誰かが反応してくれる快感を味わってしまいました。。。

家に居ても、外出中でも、無意識に「ネタ」になりそうなものを探すようになっているようです。

 

2016年12月。

詳しいことは、全く覚えてないが、アカウントを作成したのが4年前。

何かを発信したいという強い気持ちがあったわけではないが、アカウントを作成した。

アカウントを作成したところで、しばらく放置したままだった。

 

2018年8月。

ブランディングの先生のセッションを受けてから、「SNS」の活用を意識し始めた。

まずは、ヘッダー画像を変更した。

変更した画像は、大好きな電気自動車と一緒に撮影したもの。

体裁を整えた上で、「沢山投稿していこう!」と気合を入れた。

 

外出の際は、ちょっとしたことでも写真を撮るように心掛け、画像を保存。

何度か投稿し、反応を見ようとしたが、ノーリアクション。

フォロワーが「ゼロ」では、だれの目にも留まらないのだろうと諦めてはいた。

投稿用に保存したほとんどの画像は、保存されたままの状態が続いた。

 

2019年11月。

去年、ブログを開始して以来、ブログを更新したことをネタとして、SNSに投稿。

当然、何の反応もない。

 

「そのうち、何か動くだろう。とにかく継続してみよう。」

という気持ちに至り、反応の有無に関係なく、投稿を続けた。

 

「○○さんからフォローされました。」

という通知が届いた。

よくわからないアカウントからのフォローだった。

そんなフォローが増えたが、途中でフォローを解除されていた。

 

SNSの仕組みもしっかり理解できているわけではなく、何となく投稿を続けた。

本を読んでいると、SNSをやっている著者が多く、その著者をフォローしたり、ニュース配信のサービスをフォローしたり、とりあえず、アクティブに動いてみた。

 

「キッカケ」は、2020年4月。

あるアーティストが、SNSを始めたというニュースを目にした。

早速、そのアーティストをフォローした。

ここまでは、良くある話だと思う。

好きなアーティスト、芸能人をフォロー。若しくは、知り合いをフォロー。

良くある話だと思う。

が、ここで話は終わらなかった。

 

そのアーティストから、「フォローバック」があった。

「えっ??嘘でしょう??」

というのが、最初の感覚だった。

 

その後、少し時間が経過すると、

「やったーー!嬉しいーー!!」

という感覚に変化していた。

 

この出来事がターニングポイントになったように思う。

最近、SNSの投稿が楽しくなってしまった。

「いいね」や「コメント」が時々届く。

今までとは違う世界に入り込めたという実感がある。

 

「ブログ更新」というタイトルの記事ばかりを投稿してきただけだが、続けていて良かったと思っている。

今後も力まずに続けて行こうという気持ちを芽生えさせてくれた。

 

今、写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービスに興味を持っている。

如何せん、投稿したいと思うような、誰かに閲覧してもらいたいと思うような「写真」を撮影できず、何も投稿できずにいる。

今後、何かの「キッカケ」が、訪れることを期待したい。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • この世界で、継続ほど価値のあるものはない

    投稿日:2021年04月09日(金)

    「この世界で、継続ほど価値のあるものはない。」 アメリカの実業家 レイ・クロックの格言です。   どんな小さなことでも、継続することは、簡単ではないと感じております。 「続けるぞ!!」 と決意して始めたことも、 […]


    本文を読む

  • しばしば、直観が頼みの綱になる

    投稿日:2021年03月31日(水)

    「しばしば、直観が頼みの綱になる」 アメリカの実業家 ビル・ゲイツの名言です。   3カ月前に書いた記事を改めて見ようと思いました。 今の心境では、この名言をどのように捉えるのか。 それを確認したくなりました。 […]


    本文を読む

  • インターンシップ

    投稿日:2019年12月22日(日)

    2011年頃のことです。 資料を確認すれば、詳しい内容がハッキリすると思いますが、昔の話ということで。。。   アメリカでは、「インターンシップ」という制度がしっかり出来ていて、大学生は、夏休みを利用したりして […]


    本文を読む