閃き

投稿日:2020年05月07日(木)

戦闘力




毎日、少なからず、何か新しい気付きに恵まれております。

昔のことを思い出すことによる気付き。

偶然目に入ってきた事象からの気付き。

様々ではありますが、「あっ!!」と思わされることが多々あります。

多くの気付きを得ることができる日は、その前の日よりも「前進」している自分を認識できたりします。

 

「絶対的天地に争いはなく、相対的世界にのみ争いは生ず。」

 

相対的世界で起こる「争い」の数々を「滑稽」に感じるようになった。

「争い」が起こる原因のほとんどは、「我」がもたらすものとの確信がある。

ほとんどの「争い」は、「比較」から生まれるのだと思う。

 

優劣、善悪、強弱、大小など、比較する要素は、足元に転がっている。

少し気を緩めるだけで、無意識のうちに誰かとの比較、何かとの比較をしてしまうもの。

だから、意識的に「比較」をしないように気を付けてきた。

「自分は自分、他人は他人」を当たり前のことと捉えることができるようになるまで、気を付けてきた。

少しだけ。少しだけではあるが、自分は自分を貫けるようになったように思う。

偏に、習慣の力のお陰だと思う。

 

まだまだ油断できないことを自覚している。

 

今、自分が身を置いている場所は、「相対的世界」である。

「絶対的天地」を目指して、「相対的世界」に居る。

やはり、どうしても「他との比較」をしてしまう自分自身を認識している。

毎日が、相対的なモノと「比較」しようとする「自分自身の心」との闘い。

 

例えば、「一喜一憂」という四字熟語を聞くと、相対的な感情を表現しているように聞こえてしまう。

他にもたくさんある。

色々なことを考えるとき、見るとき、感じるとき、ちょっとした視点の違いで、受け取り方が違うことを実感できた。

その違いから、今までとは明らかに違う考え方が形成されていくのだと思う。

 

日々の生活から得る「閃き」についても、昔とは違ったものを感じる。

その「閃き」をどのように活かしていくかが、試されていることなのだと思う。

 

一日も早く、「絶対的天地」へ辿り着きたい一心。

そのための王道はなく、ひたすら精進を続けて行くのみなのだろう。

 

「絶対的天地」に至ることができたとしても、「比較」や「競争」は続く。

しかし、それらの「比較」は、「相対的世界」でのそれとは、趣が違うものであると信じたい。

10年前の自分、5年前の自分、1年前の自分、半年前の自分、昨日の自分と「今の自分」との比較。

逆に、明日の自分、来週の自分、半年後の自分、1年後の自分・・・これから訪れるどの自分と「今の自分」との比較。

未来の自分は、今よりも「Better」であろうと思う。

そうあれるよう精進を続けて行く。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • If you work just for・・・

    投稿日:2021年02月03日(水)

    「If you work just for money, you’ll never make it, but if you love what you’re doing and you always put the cu […]


    本文を読む

  • マスク着用

    投稿日:2020年04月01日(水)

    1月下旬、家路に向かう羽田空港にて、空港関係者全員が、マスクを着用されていました。   東京滞在中、「武漢」「ウィルス」などの単語を耳にしておりましたが、失礼を承知で、「対岸の火事」でした。 また、街を歩く人た […]


    本文を読む

  • 障害がおそろしいものに見えるのは目標から目を離すからだ

    投稿日:2021年05月03日(月)

    「障害がおそろしいものに見えるのは目標から目を離すからだ。」 アメリカ合衆国の実業家 ヘンリー・フォードの名言です。   目の前に、「階段」と「エスカレーター」両方があった場合、どちらを選択するか。 ほとんどの […]


    本文を読む