閃き

投稿日:2020年05月07日(木)

戦闘力




毎日、少なからず、何か新しい気付きに恵まれております。

昔のことを思い出すことによる気付き。

偶然目に入ってきた事象からの気付き。

様々ではありますが、「あっ!!」と思わされることが多々あります。

多くの気付きを得ることができる日は、その前の日よりも「前進」している自分を認識できたりします。

 

「絶対的天地に争いはなく、相対的世界にのみ争いは生ず。」

 

相対的世界で起こる「争い」の数々を「滑稽」に感じるようになった。

「争い」が起こる原因のほとんどは、「我」がもたらすものとの確信がある。

ほとんどの「争い」は、「比較」から生まれるのだと思う。

 

優劣、善悪、強弱、大小など、比較する要素は、足元に転がっている。

少し気を緩めるだけで、無意識のうちに誰かとの比較、何かとの比較をしてしまうもの。

だから、意識的に「比較」をしないように気を付けてきた。

「自分は自分、他人は他人」を当たり前のことと捉えることができるようになるまで、気を付けてきた。

少しだけ。少しだけではあるが、自分は自分を貫けるようになったように思う。

偏に、習慣の力のお陰だと思う。

 

まだまだ油断できないことを自覚している。

 

今、自分が身を置いている場所は、「相対的世界」である。

「絶対的天地」を目指して、「相対的世界」に居る。

やはり、どうしても「他との比較」をしてしまう自分自身を認識している。

毎日が、相対的なモノと「比較」しようとする「自分自身の心」との闘い。

 

例えば、「一喜一憂」という四字熟語を聞くと、相対的な感情を表現しているように聞こえてしまう。

他にもたくさんある。

色々なことを考えるとき、見るとき、感じるとき、ちょっとした視点の違いで、受け取り方が違うことを実感できた。

その違いから、今までとは明らかに違う考え方が形成されていくのだと思う。

 

日々の生活から得る「閃き」についても、昔とは違ったものを感じる。

その「閃き」をどのように活かしていくかが、試されていることなのだと思う。

 

一日も早く、「絶対的天地」へ辿り着きたい一心。

そのための王道はなく、ひたすら精進を続けて行くのみなのだろう。

 

「絶対的天地」に至ることができたとしても、「比較」や「競争」は続く。

しかし、それらの「比較」は、「相対的世界」でのそれとは、趣が違うものであると信じたい。

10年前の自分、5年前の自分、1年前の自分、半年前の自分、昨日の自分と「今の自分」との比較。

逆に、明日の自分、来週の自分、半年後の自分、1年後の自分・・・これから訪れるどの自分と「今の自分」との比較。

未来の自分は、今よりも「Better」であろうと思う。

そうあれるよう精進を続けて行く。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。
最近の投稿記事
  • 一念発起

    投稿日:2020年08月21日(金)

    最近、外国ドラマを視聴する機会が増えて来ております。 動画配信サイトにて、何気なく見ていたら、外国ドラマなどが目に入り。。。 日本の常識とは違うものに触れることができるという点が、興味深いところなのかもしれません。 &n […]


    本文を読む

  • 【改訂】アメリカ合衆国大統領首席補佐官

    投稿日:2020年06月17日(水)

    /*** 自分が目指す方向を考えれば考えるほど、この記事に辿り着きます。 以前の記事の改訂版として、改めて記事にしました。 基の記事は、こちらです。 ***/   アメリカ大統領権限の継承順位は、下記の通りです […]


    本文を読む

  • 1999年、夏

    投稿日:2019年12月10日(火)

    「出生地」と「サンディエゴでの経験」の2つの点を結び、「線」になりました。 1999年7月、まずは、語学学校へ通うため、アメリカ合衆国ニューヨーク州の田舎町に向かいました。   「留学」についての情報がなかった […]


    本文を読む