この愛のために

投稿日:2020年05月17日(日)

分解力




昔聴いていた音楽を改めて聴く機会が増えております。

昔を思い出し、その頃を懐かしく感じたり、その頃の出来事での悲喜交々から、嬉しくなったり、失敗を笑えたり、血の気が引いたり。。。

 

久々に聴く音楽のほとんどは、良い思い出に導かれてのものだと感じております。

何となく聴いてみたいと思うときは、その頃のことを思い出したいときなのかもしれません。

音楽の影響を受けながら、今までを生きてきたのだなぁ~という感覚です。

音楽の影響力は、これからも変わらないものなのだと思っております。

 

高校を卒業し、大学に入るあたりの頃、ギターを弾きながら、一人音楽に触れる時間があった。

音楽の道に進むつもりは全くなかったが、趣味の感覚で、音楽に触れていた。

 

当時は、「KDD(大手通信会社との関係は皆無)」が、ヒット曲の三要素と言われていた時代。

高校時代、その音楽事務所で新人のオーディションを開催していることを知った。

が、結局応募するは至らなかった。

その段階で、音楽の道を放棄したという解釈が正しい。

 

大学入学後、中学、高校時代に大好きだったアーティストからは、気持ちが少し離れていた。

何故なのか。

そのアーティストが、活動休止期間に入り、ソロ活動がメインになったからなのか。

多分、大手製薬会社のスポーツドリンクのCMで流れていた楽曲のプロデューサーに憧れるようになったからなのかもしれない。

 

いずれにしても、大好きだったアーティストの楽曲に触れる機会が少なくなっていた。

それでも、ドラマやCMで流れてくる楽曲を耳にする機会は多々あった。

どの曲も、本当に素敵なメロディーだったと記憶している。

 

3年ほど経過し、活動休止を終え、再始動が発表された。

復帰第一弾のシングルも発売。

その曲をテレビの音楽番組で初めて聴いた。

 

初めて聴いたときの光景を今でも覚えている。

メロディーも記憶にあった。

「あれ?何か雰囲気が変わったような。。。今までと違う感じだなぁ。。。」

という印象を楽曲から受けた。

あまり良い印象ではなかった。

 

その後、僕は渡米。

そのアーティストに限らず、邦楽全般に触れる機会が減った。

 

車内で聴くCDには、そのアーティストの好きな楽曲が、数曲含まれていた。

が、リアルタイムで夢中になっていた頃のことは、昔の話になってしまっていたように思う。

 

最近、動画配信サイトで音楽を聴きながら、仕事をする習慣ができている。

様々なアーティストが、自身のライブ映像などを配信してるこのご時世、昔の懐かしい楽曲に触れる機会に恵まれている。

 

渡米前、テレビの音楽番組で久々に聴いたそのアーティストの楽曲を動画配信サイトで聴くことができた。

「あれ?この楽曲、こんなに格好良かった?え?あの時、こんなこと感じなかったのに。。。あの時とは全く違う。格好良い。どうしてあの時にそう感じなかったのだろう???」

という印象を楽曲から受けた。

20年近くの時間が、受け取り方、感じ方を変えてしまうのだろうか?

そこには、驚きだけがあった。

 

最近は、何度も繰り返し、その楽曲を聴いている。

この20年で何が起こったのだろうか?

1つの楽曲の感じ方を一変させる出来事が、この20年で起こったのだろうか?

 

20年前との違いを考えた時、心当たりが1つ。

あの頃は、何のために生きているのか、自分の軸となるようなものは無かった。

でも、今はある。

「この愛のために」生きているのだという確信がある。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。
最近の投稿記事
  • 楽しんでやる・・・

    投稿日:2021年01月17日(日)

    「楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ。」 イングランドの作家 シェイクスピアの格言です。   時間を忘れて、集中できているときがあります。 「気が付いたら、こんな時間!!」 そんな風に感じながら、時間があっと […]


    本文を読む

  • やることを効率化するのでは・・・

    投稿日:2021年03月01日(月)

    「やることを効率化するのではなく、「やること自体」を減らしなさい」 経済評論家 勝間和代氏の名言です。   「業務効率化」、「生産性向上」、「無駄をなくす」など、仕事の現場でよく耳にするフレーズです。 業務効率 […]


    本文を読む

  • 成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である

    投稿日:2021年04月08日(木)

    「成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である。」 イギリスの政治家 チャーチルの名言です。   仕事をしていると、「納品」が、一つの節目となります。 故に、「納品」を「あがり」 […]


    本文を読む