シンプル

投稿日:2020年05月31日(日)

分解力




僕は昔から、物事を複雑に考えてしまう傾向があります。

その傾向を自覚しております。

良くも悪くも考えてしまいます。

考えれば考えるほど、複雑化して行きます。

結局、何をしたいのか、何を求めていたのかがわからなくなったりします。

 

考え過ぎず、「シンプル」に考えようと力んでいた頃もあります。

力めば力むほど、「シンプル」からかけ離れて行くような感もありました。

 

お陰様で、最近は、余計なことを考えることがなくなりました。

考えるのではなく、別のアプローチで物事を捉えるようになったという感じかもしれません。。。

 

物事の捉え方には、2つの方法がある。

「肯定的な」捉え方と「否定的な」捉え方。

 

どちらで捉えるかで、その先が全く違ってくる。

どちらで捉えるのも、本人次第。

 

僕は、物事を「否定的に」捉えることが多かった。

「リスクマネージメント」を大義名分にしていたのが理由だと思う。

「危機管理」という観点で、色々なことを想定しなければというような話を良く耳にしていた。

そんなこともあり、最悪の状況を想定して・・・というニュアンスで、「否定的な」捉え方でのアプローチがが多かった。

 

「否定的」な捉え方で始まると、その後の出来事も「否定的」に捉えてしまう。

そのようなアプローチを続けて行くと、行き着くところは、「否定的な結末」のように思う。

 

全てを肯定的に考えることが正しいとは思わない。

しかし、否定的な捉え方をしたところで、建設的な展開はあり得ないと思う。

では、どういうアプローチが正しいのだろうか。

 

理屈ではないことに気付いた。

まずは、「直感」を信じる。

「直感」が、進むべく方向を指し示してくれる。

方向が定まってから、進むべく理由を考える。

何故なのだろう。

そのときは、難しく考える必要はない。

自然と大義名分がハッキリしてくる感覚がある。

 

逆もあり得る。

「こっちには進みたくないなぁ。。。」

という直感が働くこともある。

そのときは、進みたくない方向を避けて、別の方向へ進む。

 

「直感」って何なのか。

自分の中の「善」と「悪」によるものだと思う。

「直感」を頼りに進み続けることで、「直感」が正しいことを実感できるようになってきたように思う。

 

直感を基に、理屈を考える。

実に「シンプル」だと思う。

 

この「シンプル」さに気付くまで、複雑な道のりを進んできたように思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • If you work just for・・・

    投稿日:2021年02月03日(水)

    「If you work just for money, you’ll never make it, but if you love what you’re doing and you always put the cu […]


    本文を読む

  • 問題の分析によって解決案が・・・

    投稿日:2021年02月26日(金)

    「問題の分析によって解決案が一つしか見つからなければ、その解決案は先入観に理屈をつけたにすぎないものと疑うべきである」 オーストリアの経営学者 ピーター・ドラッカーの名言です。   物事を断定的に捉える人が多い […]


    本文を読む

  • 集中力養成

    投稿日:2020年10月04日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   集中力を養う方法を模索しておりました。 モティベーションの問題なのか。 アドレナリンの作用の問題なのか。 目的意識の問題なの […]


    本文を読む