海浜幕張

投稿日:2020年06月30日(火)
冒険力


もう7,8年前だと思います。

IT関連の展示会に参加するために、初めて「幕張メッセ」へ行きました。

東京駅から京葉線で30分ほどだったという記憶ですが、定かではありません。

 

「幕張メッセ」では、展示会やアーティストのコンサートなど、様々なイベントが開催されており、テレビなどで会場の雰囲気を知る機会はありました。

どのような会社がどのような製品を紹介しているのだろうか。。。そんな期待を抱きながら、ホテルを出て、一路幕張へ。

海浜幕張駅に着くまでは、参加予定の展示会だけを楽しみにしておりました。

駅に着くまでは、、ですが。。。

 

当時の取引先から展示会の話を聞き、参加することになった。

急な話ではあったが、先方が、「あご・あし・まくら」を用意してくれた。

 

久しぶりの道外への出張だった。

あの頃は、「東京」を意識すらしていなかった時期。

「おのぼり」の感覚でしかなかった。

展示会参加を楽しみにはしていたが、特段、自分自身に変化を及ぼすほどのものではないという諦めもあった。

 

改めて、あの頃のことを思い出してみた。

自分自身、色々なことを考え、発信しながらも良い方向には進まず、苦しんでいた頃だった。

展示会に誘ってくれた当時の取引先とも、今は何の関係もなくなっている。

色々な理由を考えることができるが、自分自身に反省すべき要素が多々あったことを認めざるを得ないのだろう。

 

「海浜幕張駅」に到着。

あの頃の駅周辺の景色は、全く覚えていない。

駅を出て、真っ直ぐ会場へ向かった。

 

米国滞在中にお世話になったケーブルテレビのチャンネルがある。

英語の勉強を目的に視聴していたテレビ通販番組のチャンネル。

出演者の話す英語は、とてもキレイでわかり易く、ヒアリングの勉強には最適であると思っている。

 

アメリカで視聴していたテレビ通販番組が、日本でも放映されていることは知っていた。

が、幕張に本社があることは知らなかった。

会場までの途中、その本社があった。

「ここにあるんだ。。。」

と思いながら、嬉しくなったのを覚えている。

 

展示会参加のための出張での収穫は、テレビ通販の本社の所在地を知ったことだった。

展示会の内容の良し悪しではなく、テレビ通販のインパクトが強すぎただけなのかもしれないが。

 

昨年、改めて「幕張メッセ」に行く機会があった。

7,8年前と変わらず、本社が存在していた。

本社受付で、質問をした。

「スタジオツアーみたいなものはありますか?」

「ここで買い物できる場所はありますか?」

全て「No」だった。

アメリカの本社では、両方「Yes」だったことを思い出しながら、少し残念な気持ちだった。

 

米国時代を思い出しながら、今でも時々、そのテレビ通販番組を視聴している。

ナビゲーターと呼ばれる進行役の方々の顔と名前が一致する程度に視聴している。

SNSで写真を投稿しているナビゲーターの方をフォローしたりもしている。

 

特に理由はない。

ただ、直感で。。。という感覚だった。

フォローしているナビゲーターの投稿にコメントを送ってみた。

 

思いがけなく返信が届いた。

純粋に「嬉しい」という気持ちだった。

 

小さな小さな出来事に対して、心から喜べる自分自身に驚きのようなものも感じることができた。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む