問題対処法

投稿日:2020年06月01日(月)

戦闘力




「問題解決」と「問題対処」は異なるものであると確信しております。

ビジネスマンに必要とされる能力の一つに「問題解決力」があります。

問題が何かを明らかにして、その上で問題を解決する能力です。

 

身の回りにも、様々な問題が転がっているように思います。

それらの問題に直面したとき、どのように対応するのかで、次に訪れる問題が変わったりもするのではないでしょうか。

 

「臭い物に蓋をする」

ことで、問題を解決したと考える人がいます。

でも、本当に解決になっているのでしょうか?

多分それは、問題に「対処」しただけではないのかと思ったりします。。。

 

人間関係から発生する問題は、厄介だ。

自分自身に起こる問題であれば、自分自身で解決が可能であるが、人が絡むとそうはいかない場合が多い。

双方にとって最善の方法を考えるとき、「痛み分け」ではないが、バランスを考えての解決方法を模索したりする。

裁判での「和解」も、それに近いアプローチなのではないだろうか。

「解決」したと思っている問題、実は、「対処」であれば、後から同じような問題が続いていくような気がする。

なぜなら、問題を「解決」していないからだ。

 

人間関係からの起こる問題で、一番簡単な「解決」法は、関係を断つことだと思う。

極論かもしれないが、間違いなく「解決」できる。

 

関係を断つことができない場合、どうしたらよいのだろう。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」

から来る諸々を問題と考えると、都度「対処」して行くしかないのかもしれない。

 

最近、確信していることがある。

人間関係で問題を起こさない為の方法は、自分自身を律することだと思う。

自分を律することができる人間の周りには、自分を律することができる人しか存在しないのではないだろうか。

自分自身がどのような人間かが、直接自分の周りの人間がどのような人間かを教えてくれる。

お陰様で、僕は、魅力的な人たちに囲まれて、日々を過ごすことができている。

短期間で、周りの人が変わっていった。

本当に感謝している。

 

それでも、まだまだ人間関係での問題が存在している。

それらの問題は、「対処」するしかない問題である。

 

嫌なこと、残念なことがあると、嬉しかった出来事を思い出すことにしている。

そのような出来事が、沢山ある。

それらを思い出すことによって、マイナスな感情が吹き飛んでいく。

これが、僕のマイナスの感情を抱いたときの「問題対処法」だ。

マイナスな感情は、一過性のものが多い。

ちょっとしたことで、気持ちが落ちるが、どのように対処するかで、どうにでもなるような気がする。

だから、良い思い出の力を借りて、対処するようにしている。

 

いつでもポジティブであろうと努めることが、「問題解決法」だと思う。

それでも、ネガティブになってしまったとき、「問題対処法」が、活躍してくれる。

 

これからも、楽しい出来事、嬉しい出来事を増やし続けて行こうと思う。

「問題対処」が必要な際に、活用できる出来事を。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。
最近の投稿記事
  • What is not started today is never finished tomorrow.

    投稿日:2021年02月13日(土)

    「What is not started today is never finished tomorrow.」 ドイツの詩人 ゲーテの格言です。   「いつになったら終わるのだろう。。。」 あまり気が乗らない作 […]


    本文を読む

  • 作家になりたかったら、毎日・・・

    投稿日:2020年11月03日(火)

    「作家になりたかったら、毎日三時間、十年間書き続けていればなれる。」 日本の作家 遠藤周作氏の格言です。   毎日ブログを更新し続けていると、作家になったような錯覚に陥ることがあります。 ブログ更新のための時間 […]


    本文を読む

  • ブラックアウト

    投稿日:2019年12月13日(金)

    2003年8月14日、ニューヨーク・カナダにて、大停電が起こりました。 発生時、マンハッタンに居ましたので、直接的に影響を受けました。   勤務後、帰宅する時間になって初めて、被害の甚大さを目の当たりにします。 […]


    本文を読む