問題対処法

投稿日:2020年06月01日(月)

戦闘力




「問題解決」と「問題対処」は異なるものであると確信しております。

ビジネスマンに必要とされる能力の一つに「問題解決力」があります。

問題が何かを明らかにして、その上で問題を解決する能力です。

 

身の回りにも、様々な問題が転がっているように思います。

それらの問題に直面したとき、どのように対応するのかで、次に訪れる問題が変わったりもするのではないでしょうか。

 

「臭い物に蓋をする」

ことで、問題を解決したと考える人がいます。

でも、本当に解決になっているのでしょうか?

多分それは、問題に「対処」しただけではないのかと思ったりします。。。

 

人間関係から発生する問題は、厄介だ。

自分自身に起こる問題であれば、自分自身で解決が可能であるが、人が絡むとそうはいかない場合が多い。

双方にとって最善の方法を考えるとき、「痛み分け」ではないが、バランスを考えての解決方法を模索したりする。

裁判での「和解」も、それに近いアプローチなのではないだろうか。

「解決」したと思っている問題、実は、「対処」であれば、後から同じような問題が続いていくような気がする。

なぜなら、問題を「解決」していないからだ。

 

人間関係からの起こる問題で、一番簡単な「解決」法は、関係を断つことだと思う。

極論かもしれないが、間違いなく「解決」できる。

 

関係を断つことができない場合、どうしたらよいのだろう。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」

から来る諸々を問題と考えると、都度「対処」して行くしかないのかもしれない。

 

最近、確信していることがある。

人間関係で問題を起こさない為の方法は、自分自身を律することだと思う。

自分を律することができる人間の周りには、自分を律することができる人しか存在しないのではないだろうか。

自分自身がどのような人間かが、直接自分の周りの人間がどのような人間かを教えてくれる。

お陰様で、僕は、魅力的な人たちに囲まれて、日々を過ごすことができている。

短期間で、周りの人が変わっていった。

本当に感謝している。

 

それでも、まだまだ人間関係での問題が存在している。

それらの問題は、「対処」するしかない問題である。

 

嫌なこと、残念なことがあると、嬉しかった出来事を思い出すことにしている。

そのような出来事が、沢山ある。

それらを思い出すことによって、マイナスな感情が吹き飛んでいく。

これが、僕のマイナスの感情を抱いたときの「問題対処法」だ。

マイナスな感情は、一過性のものが多い。

ちょっとしたことで、気持ちが落ちるが、どのように対処するかで、どうにでもなるような気がする。

だから、良い思い出の力を借りて、対処するようにしている。

 

いつでもポジティブであろうと努めることが、「問題解決法」だと思う。

それでも、ネガティブになってしまったとき、「問題対処法」が、活躍してくれる。

 

これからも、楽しい出来事、嬉しい出来事を増やし続けて行こうと思う。

「問題対処」が必要な際に、活用できる出来事を。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • ブログ記事

    投稿日:2020年07月25日(土)

    ブログを始めて良かったことがあります。 自分の考えていること、思っていることを文章にすることによる快感を覚えます。 文章を書きながら、自分がどのような人間なのかを確認することができます。 少なくない人数の読者の方々の存在 […]


    本文を読む

  • Nine-tenths of wisdom is・・・

    投稿日:2021年01月21日(木)

    「Nine-tenths of wisdom is being wise in time.」 (知恵の9割は、時間について賢くなることである。) アメリカ歴代大統領 セオドア・ルーズベルトの格言です。   本日 […]


    本文を読む

  • 報恩謝徳

    投稿日:2020年10月05日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   いつか必ず、訪れる日が来るとの確信がありました。 逆に、この日が訪れなければいけないと考えておりました。   思い […]


    本文を読む