変化はゆっくり訪れる。

投稿日:2020年11月29日(日)

冒険力




「変化はゆっくり訪れる。」

イギリスのミュージシャン ポール・マッカートニーの名言です。

 

「青天の霹靂」に驚かされることがあります。

突然の出来事を想定していなかったことによる驚きなのでしょうか。

 

何かが、突然変わる瞬間を経験したことがあります。

「今まで何だったのだろう。。。」

と思わされるほどの変化に、驚いてしまう感覚です。

 

何かを準備している過程の中で起こる驚きは、「突然」ではないのかもしれません。

準備の段階から、ゆっくりと変化を導いていながら、それに気付くことができずに、「突然」気付かされるという話のように感じておりますが。。。




「石の上にも三年」

何かを形にするまでには、長い月日が必要であることを教わった。

逆に言うと、

「一朝一夕で物事を形にすることは不可能なのだろうか。」

「何かを始めるとき、その何かは、時間をかけてまでやりたいと思うことなのだろうか。。。」

そんなことを考えていたような気もする。

故に、始めることすらせずに、今に至っていることが多々ある。

 

ゆっくりと訪れる変化を表現するとき、「驚き」以外の単語が見つからない。

「えっ??」

という「驚き」のような感覚だけがある。

 

変化を感じるということは、変化すべく何かアクションを起こしたから故だろうと思う。

どのようなアクションが、どのような変化を導いたのか。

わかるときとわからないときがある。

 

いずれにしても、何かアクションを起こすとき、何らかの変化を期待している。

この世に即効性のあるものは、皆無であると、頭ではわかっていても、即効性のある目に見える変化を求めてしまう。

 

アクションを起こし、継続していく過程で、目に見える変化は、どうでもよくなってくる。

アリバイ工作的に、続けることを続けていると、ある日突然、変化が訪れる。

「そのうち変わればよいな。」

というような軽い気持ちで続けることができるようになっていれば、目先のことに囚われることがなくなる。

 

「気づいたら、変化していた。」

が理想的な形のように感じている。

変化を求める作業にも、「余裕」が必要なのかもしれない。

焦っても良いことはない。

他人と比較しても良いことはない。

 

ゆっくり訪れる変化のきまぐれにお付き合いする形で、アクションを起こし、継続していくだけで良いような気がする。

 

小さなことでも、何らかの変化を感じることができたとき、別の変化を求めて、ゆっくりと気長に進めることができるようになっているのではないだろうか。

 

自分のペースで、ゆっくり変化を楽しんで行ければと思っている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。
最近の投稿記事
  • Nine-tenths of wisdom is・・・

    投稿日:2021年01月21日(木)

    「Nine-tenths of wisdom is being wise in time.」 (知恵の9割は、時間について賢くなることである。) アメリカ歴代大統領 セオドア・ルーズベルトの格言です。   本日 […]


    本文を読む

  • オフショア開発

    投稿日:2020年04月25日(土)

    昨年、セルフブランディングの先生のアドバイスをいただきながら、ホームページを刷新いたしました。 丁度、去年の今頃だったように記憶しております。 自分自身をどのように表現するかで悩んでいた時期でした。   提供し […]


    本文を読む

  • 考え過ぎたことはすべて・・・

    投稿日:2020年10月29日(木)

    「考え過ぎたことはすべて問題になる。」 ドイツの哲学者 ニーチェの格言です。   相変わらず、「左右の脳のバランス」を意識しながらの生活を続けております。 左脳だけで生きてきた感が否めないため、右脳の活性化が急 […]


    本文を読む