変化はゆっくり訪れる。

投稿日:2020年11月29日(日)

冒険力




「変化はゆっくり訪れる。」

イギリスのミュージシャン ポール・マッカートニーの名言です。

 

「青天の霹靂」に驚かされることがあります。

突然の出来事を想定していなかったことによる驚きなのでしょうか。

 

何かが、突然変わる瞬間を経験したことがあります。

「今まで何だったのだろう。。。」

と思わされるほどの変化に、驚いてしまう感覚です。

 

何かを準備している過程の中で起こる驚きは、「突然」ではないのかもしれません。

準備の段階から、ゆっくりと変化を導いていながら、それに気付くことができずに、「突然」気付かされるという話のように感じておりますが。。。




「石の上にも三年」

何かを形にするまでには、長い月日が必要であることを教わった。

逆に言うと、

「一朝一夕で物事を形にすることは不可能なのだろうか。」

「何かを始めるとき、その何かは、時間をかけてまでやりたいと思うことなのだろうか。。。」

そんなことを考えていたような気もする。

故に、始めることすらせずに、今に至っていることが多々ある。

 

ゆっくりと訪れる変化を表現するとき、「驚き」以外の単語が見つからない。

「えっ??」

という「驚き」のような感覚だけがある。

 

変化を感じるということは、変化すべく何かアクションを起こしたから故だろうと思う。

どのようなアクションが、どのような変化を導いたのか。

わかるときとわからないときがある。

 

いずれにしても、何かアクションを起こすとき、何らかの変化を期待している。

この世に即効性のあるものは、皆無であると、頭ではわかっていても、即効性のある目に見える変化を求めてしまう。

 

アクションを起こし、継続していく過程で、目に見える変化は、どうでもよくなってくる。

アリバイ工作的に、続けることを続けていると、ある日突然、変化が訪れる。

「そのうち変わればよいな。」

というような軽い気持ちで続けることができるようになっていれば、目先のことに囚われることがなくなる。

 

「気づいたら、変化していた。」

が理想的な形のように感じている。

変化を求める作業にも、「余裕」が必要なのかもしれない。

焦っても良いことはない。

他人と比較しても良いことはない。

 

ゆっくり訪れる変化のきまぐれにお付き合いする形で、アクションを起こし、継続していくだけで良いような気がする。

 

小さなことでも、何らかの変化を感じることができたとき、別の変化を求めて、ゆっくりと気長に進めることができるようになっているのではないだろうか。

 

自分のペースで、ゆっくり変化を楽しんで行ければと思っている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。
最近の投稿記事
  • 万象全て、己の責任

    投稿日:2020年07月14日(火)

    「万物全て、己の師。万象全て、己の責任。」 2年前に始めて触れた言葉です。 それまでは、このような考え方とは、全く縁のない生き方をしていたことを反省しました。   何かが起こったとき、「人のせい」にすることを当 […]


    本文を読む

  • If you believe in it and you…

    投稿日:2020年02月07日(金)

    「それ」を信じ「それ」を確信していれば、失敗のしようがない。   最大手ハンバーガーチェーンの創設者のお言葉です。 最近、一番有難く感じているお言葉です。 ただ、「それ」って何?という疑問を抱いてしまいます。 […]


    本文を読む

  • Be daring, Be first, Be different

    投稿日:2021年03月07日(日)

    「Be daring, Be first, Be different」 アメリカの実業家 レイ・クロックの名言です。   この名言に感銘を受けた日本の実業家は、少なくないようです。 「Be first, Be […]


    本文を読む