変化はゆっくり訪れる。

投稿日:2020年11月29日(日)

冒険力




「変化はゆっくり訪れる。」

イギリスのミュージシャン ポール・マッカートニーの名言です。

 

「青天の霹靂」に驚かされることがあります。

突然の出来事を想定していなかったことによる驚きなのでしょうか。

 

何かが、突然変わる瞬間を経験したことがあります。

「今まで何だったのだろう。。。」

と思わされるほどの変化に、驚いてしまう感覚です。

 

何かを準備している過程の中で起こる驚きは、「突然」ではないのかもしれません。

準備の段階から、ゆっくりと変化を導いていながら、それに気付くことができずに、「突然」気付かされるという話のように感じておりますが。。。




「石の上にも三年」

何かを形にするまでには、長い月日が必要であることを教わった。

逆に言うと、

「一朝一夕で物事を形にすることは不可能なのだろうか。」

「何かを始めるとき、その何かは、時間をかけてまでやりたいと思うことなのだろうか。。。」

そんなことを考えていたような気もする。

故に、始めることすらせずに、今に至っていることが多々ある。

 

ゆっくりと訪れる変化を表現するとき、「驚き」以外の単語が見つからない。

「えっ??」

という「驚き」のような感覚だけがある。

 

変化を感じるということは、変化すべく何かアクションを起こしたから故だろうと思う。

どのようなアクションが、どのような変化を導いたのか。

わかるときとわからないときがある。

 

いずれにしても、何かアクションを起こすとき、何らかの変化を期待している。

この世に即効性のあるものは、皆無であると、頭ではわかっていても、即効性のある目に見える変化を求めてしまう。

 

アクションを起こし、継続していく過程で、目に見える変化は、どうでもよくなってくる。

アリバイ工作的に、続けることを続けていると、ある日突然、変化が訪れる。

「そのうち変わればよいな。」

というような軽い気持ちで続けることができるようになっていれば、目先のことに囚われることがなくなる。

 

「気づいたら、変化していた。」

が理想的な形のように感じている。

変化を求める作業にも、「余裕」が必要なのかもしれない。

焦っても良いことはない。

他人と比較しても良いことはない。

 

ゆっくり訪れる変化のきまぐれにお付き合いする形で、アクションを起こし、継続していくだけで良いような気がする。

 

小さなことでも、何らかの変化を感じることができたとき、別の変化を求めて、ゆっくりと気長に進めることができるようになっているのではないだろうか。

 

自分のペースで、ゆっくり変化を楽しんで行ければと思っている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • ミッション・ビジョン・バリュー

    投稿日:2020年09月22日(火)

    【過去回帰により、進むべく未来へのベクトルを定め、その先にある「約束の地」へ・・・】   途中まで読んでいた本の存在に気付きました。 読了していなかったことに気付きました。 折角気付けたので、最後まで読むことに […]


    本文を読む

  • 投稿日:2020年02月08日(土)

    「人間はひとくきの葦(あし)にすぎない。 自然のなかで最も弱いものである。 だが、それは考える葦である。」   ブレーズ・パスカルの代表作、「パンセ」の中の一節です。 大学時代、自動車教習所の先生から初めて聞か […]


    本文を読む

  • ソーシャル・ネットワーキング・サービス

    投稿日:2020年05月06日(水)

    知らない方々からの「いいね」や「コメント」、「リツイート」を素直に嬉しく感じじております。 他愛のない投稿に対して、誰かが反応してくれる快感を味わってしまいました。。。 家に居ても、外出中でも、無意識に「ネタ」になりそう […]


    本文を読む