天体の運動はいくらでも・・・

投稿日:2020年11月24日(火)

戦闘力




「天体の運動はいくらでも計算できるが、人の気持ちはとても計算できない。」

イングランドの哲学者 ニュートンの格言です。

 

ビックデータ、AIなど台頭により、色々なものを容易に計算できるようになりました。

理屈で説明することが難しい事象も、数値化が試されております。

 

数値化することにより、ある程度のことを理屈として説明することは、可能なのでしょう。

可能なのであれば、数値化できないものはないように思います。

 

が、天気予報が、良い例かと思います。

「雨の予報だったはずが。。。」

「あれ?今日は、雪が降る予報だった?」

そんな風に感じることは、珍しいことではないと思います。

 

逆に、全てを数値化できるのであれば、「喜怒哀楽」は、どうなってしまうのだろうと感じておりますが。。。




あるコンサルタントの方の話を聞いて、違和感を覚えた。

「AとBの2つの方法がある。コンサルタント個人の経験則から、Bの方法が正しいと考えている。でも、クライアントは、Aの方法を望んでいる。」

成功体験が、絶対的なものであれば、Bの方法を選択するべきなのだろう。

 

が、クライアントは、Aの方法を望んでいる。

だとしたら、クライアントが望んでいるBの方法で、結果を出すのが、コンサルタントの仕事ではないのだろうか。

この話を聞いたとき、そう感じた。

 

数値化とは違う話かもしれないが、数値化に似た話として捉えた記憶がある。

 

クライアントは、どうしてAの方法を望んでいるのだろう。

数値化ではなく、クライアントの真意を拾っていく作業が必要なのだと思う。

クライアントの人となりなど、色々な情報が必要になる。

 

クライアントのタイプに似た人は、たくさん存在するのだろうが、「マス」として、カテゴライズしてしまうのは、少々乱暴に思う。

クライアントは、唯一の存在であるが故に、同じような人と比較することは、ナンセンスに思う。

 

人は無意識に、自分の枠の中で、物事を決めようとしがちなのではないだろうか。

勿論、自分も例外ではない。

 

数値として扱っているか否かは別としても、数値化に似た作業を行っているように思う。

「値踏み」をする行為が、全てを物語っているのではないだろうか。

 

成功体験も似たようなものだろう。

「あのとき成功したから、今回も。」

「あのとき失敗したから、挑戦しないでおこう。」

数値化に似た何かによって、次のアクションを起こしたり起こさなかったり。

 

「世の中、色々な人がいるから。。。」

よく耳にする常套句ではないだろうか。

「色々」の定義を伺ってみたいものではあるが、しっかりと定義されていることはないと思っている。

 

いずれにしても、一人ひとりと向き合って、距離を縮めていく以外に、相手の気持ちを知る方法は存在しないと考えている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • アコースティックギター

    投稿日:2020年02月26日(水)

    高校入学時、祖母にギターを買ってもらいました。 僕は、小学校の時から、何か欲しいものがあると祖母にお願いしてました。 なんだかんだ言いながらも、最後は、「いくら?」と言って買ってくれました。 当時流行っていた、「キン肉マ […]


    本文を読む

  • 変化はゆっくり訪れる。

    投稿日:2020年11月29日(日)

    「変化はゆっくり訪れる。」 イギリスのミュージシャン ポール・マッカートニーの名言です。   「青天の霹靂」に驚かされることがあります。 突然の出来事を想定していなかったことによる驚きなのでしょうか。 &nbs […]


    本文を読む

  • 障害がおそろしいものに見えるのは目標から目を離すからだ

    投稿日:2021年05月03日(月)

    「障害がおそろしいものに見えるのは目標から目を離すからだ。」 アメリカ合衆国の実業家 ヘンリー・フォードの名言です。   目の前に、「階段」と「エスカレーター」両方があった場合、どちらを選択するか。 ほとんどの […]


    本文を読む