天体の運動はいくらでも・・・

投稿日:2020年11月24日(火)

戦闘力




「天体の運動はいくらでも計算できるが、人の気持ちはとても計算できない。」

イングランドの哲学者 ニュートンの格言です。

 

ビックデータ、AIなど台頭により、色々なものを容易に計算できるようになりました。

理屈で説明することが難しい事象も、数値化が試されております。

 

数値化することにより、ある程度のことを理屈として説明することは、可能なのでしょう。

可能なのであれば、数値化できないものはないように思います。

 

が、天気予報が、良い例かと思います。

「雨の予報だったはずが。。。」

「あれ?今日は、雪が降る予報だった?」

そんな風に感じることは、珍しいことではないと思います。

 

逆に、全てを数値化できるのであれば、「喜怒哀楽」は、どうなってしまうのだろうと感じておりますが。。。




あるコンサルタントの方の話を聞いて、違和感を覚えた。

「AとBの2つの方法がある。コンサルタント個人の経験則から、Bの方法が正しいと考えている。でも、クライアントは、Aの方法を望んでいる。」

成功体験が、絶対的なものであれば、Bの方法を選択するべきなのだろう。

 

が、クライアントは、Aの方法を望んでいる。

だとしたら、クライアントが望んでいるBの方法で、結果を出すのが、コンサルタントの仕事ではないのだろうか。

この話を聞いたとき、そう感じた。

 

数値化とは違う話かもしれないが、数値化に似た話として捉えた記憶がある。

 

クライアントは、どうしてAの方法を望んでいるのだろう。

数値化ではなく、クライアントの真意を拾っていく作業が必要なのだと思う。

クライアントの人となりなど、色々な情報が必要になる。

 

クライアントのタイプに似た人は、たくさん存在するのだろうが、「マス」として、カテゴライズしてしまうのは、少々乱暴に思う。

クライアントは、唯一の存在であるが故に、同じような人と比較することは、ナンセンスに思う。

 

人は無意識に、自分の枠の中で、物事を決めようとしがちなのではないだろうか。

勿論、自分も例外ではない。

 

数値として扱っているか否かは別としても、数値化に似た作業を行っているように思う。

「値踏み」をする行為が、全てを物語っているのではないだろうか。

 

成功体験も似たようなものだろう。

「あのとき成功したから、今回も。」

「あのとき失敗したから、挑戦しないでおこう。」

数値化に似た何かによって、次のアクションを起こしたり起こさなかったり。

 

「世の中、色々な人がいるから。。。」

よく耳にする常套句ではないだろうか。

「色々」の定義を伺ってみたいものではあるが、しっかりと定義されていることはないと思っている。

 

いずれにしても、一人ひとりと向き合って、距離を縮めていく以外に、相手の気持ちを知る方法は存在しないと考えている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • Have no fear of・・・

    投稿日:2021年02月24日(水)

    「Have no fear of perfection – you’ll never reach it.」 スペインの探検家 クリストファー・コロンブスの名言です。   完璧主義は、何かと疲弊を招くようです。 […]


    本文を読む

  • 問題対処法

    投稿日:2020年06月01日(月)

    「問題解決」と「問題対処」は異なるものであると確信しております。 ビジネスマンに必要とされる能力の一つに「問題解決力」があります。 問題が何かを明らかにして、その上で問題を解決する能力です。   身の回りにも、 […]


    本文を読む

  • スキル磨き

    投稿日:2020年03月28日(土)

    「技術的な知識を深める。」   直感により、何冊かの専門書を購入。 今までの知識を基に、改めて勉強することにしました。   VPSを契約し、自前でサーバ環境の構築を試みたのが3年ほど前。 あれから時間 […]


    本文を読む