天体の運動はいくらでも・・・

投稿日:2020年11月24日(火)

戦闘力




「天体の運動はいくらでも計算できるが、人の気持ちはとても計算できない。」

イングランドの哲学者 ニュートンの格言です。

 

ビックデータ、AIなど台頭により、色々なものを容易に計算できるようになりました。

理屈で説明することが難しい事象も、数値化が試されております。

 

数値化することにより、ある程度のことを理屈として説明することは、可能なのでしょう。

可能なのであれば、数値化できないものはないように思います。

 

が、天気予報が、良い例かと思います。

「雨の予報だったはずが。。。」

「あれ?今日は、雪が降る予報だった?」

そんな風に感じることは、珍しいことではないと思います。

 

逆に、全てを数値化できるのであれば、「喜怒哀楽」は、どうなってしまうのだろうと感じておりますが。。。




あるコンサルタントの方の話を聞いて、違和感を覚えた。

「AとBの2つの方法がある。コンサルタント個人の経験則から、Bの方法が正しいと考えている。でも、クライアントは、Aの方法を望んでいる。」

成功体験が、絶対的なものであれば、Bの方法を選択するべきなのだろう。

 

が、クライアントは、Aの方法を望んでいる。

だとしたら、クライアントが望んでいるBの方法で、結果を出すのが、コンサルタントの仕事ではないのだろうか。

この話を聞いたとき、そう感じた。

 

数値化とは違う話かもしれないが、数値化に似た話として捉えた記憶がある。

 

クライアントは、どうしてAの方法を望んでいるのだろう。

数値化ではなく、クライアントの真意を拾っていく作業が必要なのだと思う。

クライアントの人となりなど、色々な情報が必要になる。

 

クライアントのタイプに似た人は、たくさん存在するのだろうが、「マス」として、カテゴライズしてしまうのは、少々乱暴に思う。

クライアントは、唯一の存在であるが故に、同じような人と比較することは、ナンセンスに思う。

 

人は無意識に、自分の枠の中で、物事を決めようとしがちなのではないだろうか。

勿論、自分も例外ではない。

 

数値として扱っているか否かは別としても、数値化に似た作業を行っているように思う。

「値踏み」をする行為が、全てを物語っているのではないだろうか。

 

成功体験も似たようなものだろう。

「あのとき成功したから、今回も。」

「あのとき失敗したから、挑戦しないでおこう。」

数値化に似た何かによって、次のアクションを起こしたり起こさなかったり。

 

「世の中、色々な人がいるから。。。」

よく耳にする常套句ではないだろうか。

「色々」の定義を伺ってみたいものではあるが、しっかりと定義されていることはないと思っている。

 

いずれにしても、一人ひとりと向き合って、距離を縮めていく以外に、相手の気持ちを知る方法は存在しないと考えている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。
最近の投稿記事
  • 2004年、秋

    投稿日:2019年11月27日(水)

    アメリカでの生活が5年程経過した頃のことです。 当初の目的であった「大学院修士課程修了」を果たし、是が非でも「残りの人生をアメリカで」という気持ちで毎日を過ごしておりました。 インターンシップからご縁のあった会社では、Q […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む

  • ようつべ

    投稿日:2020年04月19日(日)

    検索エンジンにキーワードを入力する際、「半角」になっていると思って文字を打ち込んだら、「全角」だった。。。 逆のパターンも然りで。。。 その間違いに気づくのは、検索した後でした。 腹を立てながら、削除して打ち直すという作 […]


    本文を読む