レスポンス

投稿日:2020年06月15日(月)

戦闘力




高校時代、良く聴いていた女性アーティストの動画を拝見しました。

探し当てたわけではなく、偶然表示されていることに気付いたのがキッカケでした。

 

彼女の代表曲ではありませんが、コアなファンであれば、絶対に知っている「キャッチ・ボール」という楽曲があります。

当時、高校生。

素敵な曲だなぁ。。。と思いながらも、歌詞の意味が理解できるようなできないような。

メロディーも歌詞も、頭に残っていましたので、久しぶりに拝聴し、懐かしく感じました。

 

普通のことを歌っているように聞こえるのですが、巷間、普通ではないのかもしれません。

当時を思い出しながら拝聴しておりました。

気が付いたら、涙が。。。

 

ご興味がありましたら。。。

 

「仕事で最も重要なことは?」

と問われたなら、

「相手を安心させること。」

と答える気がする。

どのような仕事であっても、どのような立場であっても、全く関係ないと思っている。

接客の仕事ではないから・・・技術屋だから・・・などの言い訳じみた話を聞くつもりはない。

 

どんな仕事でも、相手ありきでことが進む。

自分が、「発注者」にもなれば、「受注者」にもなる。

無意識の中で、この違いを表に出す人が多い。

「発注者」は上で、「受注者」は下なのか?

「発注者」は優れていて、「受注者」は劣っているのか?

 

そんなことを感じさせてくれる「発注者」は少なくないように思う。

お陰様で、最近は、そのような方々とのお付き合いがなくなった。

 

コミュニケーションとは、言葉のキャッチボールなのだと思う。

必ずしもストレートのやり取りではなく、カーブやフォークを投げてくる人もいる。

そんなことはどうでも良い。

 

重要なのは、相手の胸に向けて、相手が取りやすい球を投げることができるかどうかだと思う。

必然的に、メールの文章は、丁寧さを心掛ける。

 

もしかしたら、それ以上に重要なのではないかと思わされることがある。

「レスポンスの速さ」ではないだろうか。

相手がどう考えているかに関わらず、僕は、「レスポンスの速さ」を意識している。

ファイルを送ってもらったら、受け取った旨の返信をする。

回答に時間がかかる場合、少々お時間をいただくべく、お願いの返信をする。

 

メールに限らず、こちらから連絡をしても、レスポンスがない場合がある。

少し不安になる。

レスポンスがないことにより、安心させてもらえてないことに気付いてから、僕は気を付けるようにしている。

内容以前に、ボールを受けたら、すぐに返すこと。

「レスポンスの速さ」は、絶対に重要であると確信している。

 

人の振りから、我が振りを見直す機会をいただけている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。
最近の投稿記事
  • 変革の時代

    投稿日:2020年05月29日(金)

    「FOCUSING ON THE MARKET OUTSIDE」 自社のロゴを制作した際に、ロゴの中に、会社のキャッチコピーとして添えた文章です。 もう、かなり前の話です。 「心ここに有らず」と解釈され得るコピーです。 […]


    本文を読む

  • 大切なのは、自問・・・

    投稿日:2020年12月19日(土)

    「大切なのは、自問自答し続けることである。」 ドイツの物理学者 アインシュタインの格言です。   一人で禅問答を続けていることがありました。 その自問自答が、「禅問答」であることに気付くまで、結構な時間を有して […]


    本文を読む

  • 人にものを教えることはできない。自ら気づく手助けができるだけだ。

    投稿日:2021年04月16日(金)

    「人にものを教えることはできない。自ら気づく手助けができるだけだ。」 イタリアの天文学者 ガリレオの格言です。   学校教育を考えたとき、同じ指導者が、同じ内容を、同じスピードで教えているにも拘わらず、テストの […]


    本文を読む