【改訂】現状維持バイアス

投稿日:2020年06月16日(火)

冒険力




/***

「現状維持バイアス」について、最近考えさせられることがあり、以前の記事の改訂版として、改めて記事にしました。

基の記事は、こちらです。

***/

 

行動経済学の概念に、「現状維持バイアス」というものがあります。

心理学的には、「メンタルブロック」という単語で説明できるのかと思います。

自分自身に対して、「変化」を促したいという気持ちがありながらも、なかなか変化できないとき、「現状維持バイアス」が働いていると考えて良いのではないでしょうか。

「コンフォートゾーンから抜け出したくない。」

というのが、人間の性なのかもしれません。

 

自分の意思とは関係なく、否が応でも変化を求められるときがあります。

「幕末」や「第二次大戦後」などは、わかり易い例だと思います。

今の時代、「外圧による変化の強要」はありません。

しかし、自然災害、人口減少、ウィルス被害などは、外圧と捉えることができるように感じております。

それらが、「変化」を促してくれているでは?

そう考えてみると面白いよう気がしますが。。。

 

我々は、「変革の時代」を生きている。

ひと昔前、

「変わらなきゃ!」

というフレーズの大手自動車メーカーのCMが流行した。

そのフレーズを耳にして、

誰もが、「変わらなきゃ!」と思ったはず。

しかし、実際に変わるべく行動を起こした人はどれくらいいるのだろう。

ほとんどの人が、思っただけで終わっているのではないだろうか。

 

一度「変化」を起こすことで、想像すらしていないことに直面する機会が増える。

小さな一歩でも、大きな変化と考えて良いと確信している。

 

「現状維持バイアス」に呪われている人を見かけることが少なくない。

そもそも、「自分が変われる」と思ってさえいない人が多い。

そのような人たちには、全く意味のない話だが、「変えよう!!」と思わない限り、何も変わらない。

 

傍から見ていて、残念に思うことがある。

結局は、うまく行かない理由を「外」に求める。

SNSの誹謗中傷は、残念な出来事でしかない。

 

こんなことを思いながら、自分も同じように生きていたことを改めて考えさせられる。

自分らしい一度の人生を、自分らしく生きるために、自分らしい変化を求めて、自分らしいペースで進めて行くことに違和感がなくなったことを嬉しく思う。

争いのある「相対的世界」から抜け出し、争いのない「絶対的天地」を目指していくだけ。

 

「誰もが世界を変えたいと思うが、誰も自分自身を変えようとは思わない。」

ロシアの作家の格言。

これを逆に考えてみる。

「誰もが自分自身を変えることで、世界を変えることができる。」

無理があるのだろうか。

飛躍し過ぎなのだろうか。

 

いずれにしても、「世界」ではなく、「自分自身」を変えるために、「変化し続ける」という現状を維持して行こうと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 無知を恐れるな。偽りの・・・

    投稿日:2020年11月17日(火)

    「無知を恐れるな。偽りの知識こそ恐れよ。」 フランスの哲学者 パスカルの格言です。   情報過多の時代、巷間、偽りの知識が、溢れております。 時々、何が正しくて、何が間違っているのかすら、わからなくなったりもす […]


    本文を読む

  • NOT AT ALL

    投稿日:2020年08月04日(火)

    大好きなアーティストのブログを拝読いたしました。 内容は、「慎重」と「ネガティブ」の違いについてでした。   本文には、懐かしい楽曲の歌詞についてのお話もありました。 僕にとっては、本当に懐かしい楽曲です。 & […]


    本文を読む

  • 検索順位

    投稿日:2020年09月26日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   メディアプラットフォームへの投稿を始めてから1ヶ月が経ちました。 不定期での投稿ですので、充実したコンテンツとは言える内容で […]


    本文を読む