現状維持バイアス

投稿日:2020年01月13日(月)
冒険力


行動経済学の概念です。

他にも、「保有効果」や「損失回避性」などもありますが、心理学的にも「メンタルブロック」という単語で説明しやすいのが、「現状維持バイアス」かと思います。

我々は、変革の時代を生きております。
そんな時代が故に、「変化」していかなければならない状況です。

 

ひと昔前、大手自動車メーカーのコマーシャルで、

「変わらなきゃ!」

というフレーズが流行りましたが、当時以上に、変わらなきゃいけない時代が、現在であると確信しております。

 

「抵抗勢力」が流行語になったのは、「郵政民営化」の頃だったと思います。

民営化を実現したい側に対して、現状維持を望む側。

 

体制側が、民営化を謳っているため、その逆の「反体制側」が、反対する形になり、
それによって、反対する側が「抵抗勢力」と言われただけという考え方もありかと思います。

逆であれば、民営化を謳う側が、「抵抗勢力」と言われたのではと。

 

反対する側の立場で考えると、反対する理由、理屈など、いわゆる「正義」があります。

ただ、それらのもっともらしい「正義」は、「変わりたくない」という本音を伏せた上での屁理屈のように感じております。

 

では、どうして変わりたくないのか。

「現状維持バイアス」が働くからだと考えます。

未知のものや未体験のものを受け入れず、現状は現状のままでいたいと考えてしまう心理傾向です。

「変わらなきゃ!」のCMで、変わるべくアクションを起こした人の割合は、どれくらいだったのでしょう。。。

 

「そうだよね。。。変わらなきゃいけないよね。。でも、現状のままで良いし、変わるためにどうしたらよいのかわからないし。。。」

 

こんな感じで、何も変化することなく、時間だけが経過しているのだと思います。
(僕自身の過去の反省と今後の戒めとして。。。)

 

何かをすれば、必ずそれについて誰かに良い悪いを言われます。

その何かが、相手の現状維持バイアスに触れるようなことであれば、絶対に反対されるでしょう。

 

変革が必要な時、変革のためのアクションについて、賛成反対ではなく、変革が必要であることを、出来るだけ多くの人たちに理解してもらうアクションが、まず最初に行うアクションではないでしょうか。

 

「世の人は 我を何とも 言わば言え 我が成す事は 我のみぞ知る」

 

坂本龍馬の辞世の句と言われております。

いわゆる「抵抗勢力」と戦ってきたのだと思います。

 

現状維持バイアスに触れず、変わらなきゃいけないことを実感してもらい、それぞれが、変化のためにすべきことを自覚してもらうためのアプローチが可能かどうか。。。

手順を踏んで、事を進めることができれば、反対する人がいたとしても、「抵抗勢力」と言わるほどの規模ではないように考えております。

 

いずれにしても、何かを始めるとき、それに反対する側を「抵抗勢力」と呼ぶのは、少し乱暴な気がしております。「抵抗」という単語は、別の単語に置き換えられるような。。。

 

どのようなことを変革するか、ではなく、どのような人が変革を叫ぶか、によって、相手側の抵抗の気持ちが変わってくるのではないかと感じております。

 

「変革」を考えるとき、「国鉄分割民営化」の中に、沢山のヒントがあるような気がしております。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む