睡眠時間

投稿日:2020年06月24日(水)

戦闘力




正しい睡眠時間は、何時間なのでしょうか。

「7時間」という話に信憑性を感じ、愚直に信じてきました。

「1時間半」周期で考えるのが正しいという説も捨てがたく、3時間、4時間半、6時間睡眠を意識していたこともありました。

 

レム睡眠、ノンレム睡眠などの単語もよく耳にします。

夢を見ているときは、眠りが浅い。などと聞いたこともあります。

眠りが浅いからといっても、睡眠中「中島みゆき」の楽曲が流れてくることはありませんでしたが。。。

 

自分にとっての正しい睡眠時間を考えることがあります。

考え過ぎることにより、睡魔が襲ってくることが多々あり。。。

無意味なことをしているという自覚はありますが。。。

 

「徹夜で勉強した。」というフレーズを格好良く感じていた頃がある。

特に学生時代。

テスト前には、徹夜で勉強をしていた。

いわゆる一夜漬け。

どう考えても格好の良いものではないが、「徹夜で勉強」は、頑張っている感が出ていたのだと思う。

「夜を徹する」から徹夜。

夜を徹した後の朝、もしくは、日中に睡眠を取るのであれば。。。

それは、単純に生活が逆になっているだけではないのだろうか。

 

普段からの準備を怠っていなければ、夜を徹する必要はない筈。

だが、先延ばし癖も手伝って、徹夜を余儀なくされることは、少なくないのかもしれない。

 

「パワーナップ」という昼寝に効果があると聞いた。

実際に始めて見た。

横にならずに、座ったまま頭を下げて寝る。

時間は、約30分。

そんなスタイルで実践している。

 

昼寝から目覚めたときの感覚は、朝、ベッドから起き上がるときの感覚よりも「爽やか」な感じがする。

その後の作業も集中して進めることができている気がする。

パワーナップは、機能している気がする。

 

「睡眠時間」についても、巷間、正しいと考えられていることが、本当に正しいのかを疑うことにより、「パワーナップ」に辿り着くことができた。

これからも続けて行こうと思う。

 

目の前の片付けないければいけない作業を「面倒」に感じているとき、眠気が訪れる。

このときの睡魔に負けて睡眠を取ると、後々、もっともっと「面倒」なことが起こる。

徹夜を強いられることにもなり得る。

 

テスト前、眠い目をこすりながら、徹夜をしていたころを思い出した。

年齢的にも徹夜は避けたい。

今まで余り重要視していなかった「睡眠時間」を、真剣に考える良い機会に恵まれることができたと思っている。

「パワーナップ」以外にも良い方法があれば、試してみようと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 考え過ぎたことはすべて・・・

    投稿日:2020年10月29日(木)

    「考え過ぎたことはすべて問題になる。」 ドイツの哲学者 ニーチェの格言です。   相変わらず、「左右の脳のバランス」を意識しながらの生活を続けております。 左脳だけで生きてきた感が否めないため、右脳の活性化が急 […]


    本文を読む

  • Quality Assurance

    投稿日:2019年12月11日(水)

    仕事を探し始めたのは、結局2001年、同時多発テロより前のことだったと思います。   まずは、キャンパス内で、アルバイトを探しました。 掲示板に求人募集があれば、メールで連絡をし、 「その件については、○○○へ […]


    本文を読む

  • 金融機関

    投稿日:2020年08月01日(土)

    昨年、クレジットカードの支払いで、海外送金を行いました。 送金サービスを利用すると、低コストで時間を掛けずに送金が可能になります。 昔は、送金小切手を作ってから・・・と手続きが複雑でした。。。 銀行次第では、「送金小切手 […]


    本文を読む