絶望的状況

投稿日:2020年07月11日(土)

表顕力




「絶望的な状況というものはない。 人が状況に対して絶望的になるだけだ。」

高校時代に出会った格言です。

大学受験が間近に迫り、焦りしかなかったころ、この格言を知りました。

「絶望的にならないように。。。」

と思いながらも、現実を捉えると、絶望的な状況にしか感じることができませんでした。

その後、今に至るまで、「絶望的な状況」を経験してきました。

どう考えても無理だろう。。。と思わざるを得ない状況でした。

絶望的にならないようにする方法を模索しながらも、良い方法を見つけることができず、長い時間を過ごしてきました。

 

最近、「人が状況に対して絶望的になっているだけ」であることを実感できる出来事に遭遇します。

そんな出来事を通して、「万事休す。」とは、絶望的になったときの言葉のように感じます。

何となく、何となくではありますが、状況に対して、絶望的にならない方法が見つかったような。。。

 

最近、「先延ばし」癖を問題視し、改善を図るべく色々なことに取り組んでいる。

何となく見てしまうテレビ番組、必要のなくなったメルマガ、移動時間などに聴く音楽。。。

必ずしも無駄ではないのだが、「今やるべきこと」から気をそらすための道具になっているような気がする。

少し休憩のつもりで、テレビ番組をダラダラと見ていたりもする。

気分転換のつもりで、音楽を聴いてしまうことがある。

 

さすがに、この「惰性」を続けるつもりはなく、「改善」を意識し始めた。

「今やるべきこと」を片付けてから、テレビを見ることにしている。

日中の移動時間は、オーディオテープを聴き、「その日にやるべきこと」を片付けた後、音楽を聴くことにしている。

 

「まだ時間があるから、もう少しゆっくりできるな。。。」といった感覚が、本当に危ないと思っている。

小学校時代の夏休みの宿題が、一番わかり易い例ではないだろうか。

夏休みの初日から、少しづつ片付ければ良い筈が、終わりごろになって焦り始める。

焦り始めたときに訪れるのが、「絶望的な状況」なのだろう。

 

納期が近付いていた仕事があった。

最近、久しぶりに仕事で焦った。

それでも、間に合わせることができたが、反省点が多々あった。

 

その仕事を通して得た教訓から、次回以降のスタンスを考え直した。

自分で作りだした「絶望的な状況」から、大きな気付きを得ることができた。

 

その日にやるべきことをその日に片付ける。

これを継続することができれば、絶望的な状況は避けることができ、直面した状況に対して絶望的になることもないような。。。

何となくわかっきたような気がする。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • 年の瀬に思うこと

    投稿日:2020年12月09日(水)

    今年もあと3週間。 あっという間の1年でした。 去年の今頃は、何をしていたのかを思い返したりしております。   少しホッとした気分が故、今年を振り返ってみようと思い、自分自身の周りで起きた出来事を懐かしく感じな […]


    本文を読む

  • 人間の真の誠実は、たとえば・・・

    投稿日:2020年11月13日(金)

    「人間の真の誠実は、たとえば礼儀正しさと同じように、小さなことに対するその人の態度にあらわれる。」 スイスの法学者 カール・ヒルティの格言です。   「積小為大」 我々は、小さなことを積み重ねていくことの大切さ […]


    本文を読む

  • The person who reads・・・

    投稿日:2021年01月30日(土)

    「The person who reads too much and uses his brain too little will fall into lazy habits of thinking.」 ドイツの物理学者 […]


    本文を読む