7月18日に生まれて

投稿日:2020年07月18日(土)

表顕力




昔、ベトナム戦争を題材にした映画が、大ヒットしました。

その映画のタイトルは、18日ではありませんが。。。

 

今日、父親の誕生日でした。

76歳。

僕の年齢に「31」を足せば、父親の年齢になります。

気が付いたら、後期高齢者になっていました。。。

 

最近、父親と顔を合わせても、話をすることがなくなってきました。

テレビを見ながら、テレビの話題について、少し話すことはありますが、それ以上の会話はなくなってしまいました。。。

 

父親に対して、「年を取ったなぁ。。。」と感じたのは、4,5年前だったように思います。

それでも、今も変わらず元気で過ごしているように感じます。

「80歳迄は、働く。」

と公言しているそうです。

できるだけ長く、元気に、幸せに過ごして貰えればという気持ちが、僕の胸中ですが。。。

 

僕は、例え「屁理屈」だとしても、「理路整然」と話をすることができるという自負がある。

多分、そう簡単に論破されることはないだろうと思う。

偏に、父親の影響だと思っている。

 

父親は、基礎医学の世界で、学者として活躍していた時期がある。

僕は、当時をあまり知らないが、間違いなく活躍していたようだ。

学者であるが故か、理屈では、絶対に父には敵わないと思っていた。

頻繁に「ものの考え方」の重要性を説いていたことを思い出す。

 

そんな父親の元、「門前の小僧」として、「習わぬ経」を読みながら育ってきた。

左脳に頼った、頭でっかちな人間に仕上がっってしまった。

 

今、父親に対して思うこと。

屁理屈だとしても、「論理的思考」の基礎を与えてくれたことに対して、

アメリカ留学を含め、やりたいと思うことをやらせてくれたことに対して、

感謝の気持ちしかない。

 

その時々に悲喜交々、色々な想いがあったとはいえ、今、このような気持ちでいられることを有難く感じる。

 

僕は、今年45歳になる。

多分、父親が一番輝いていたころの年齢のような気がする。

その輝いていたころの年齢を迎えるにあたって、自分は、どうなのだろうかと思う。

諸々、不充分な要素がありそうだ。。。

 

今日、久しぶりに後悔をした。

「誕生日、おめでとう。」

と口頭で伝えることができなかった。

久しぶりの後悔だった。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。
最近の投稿記事
  • 英国紳士 – 感性

    投稿日:2020年06月04日(木)

    「”休息は睡眠以外には不要”という人間になる。 すべてはそこから始まります。」 有名な教育者のお言葉です。 これを知ってすぐに、毎日のルーティンワークを見直してみました。 「休憩」と称して、ぼーっと過ごしている時間がある […]


    本文を読む

  • 変革の時代

    投稿日:2020年05月29日(金)

    「FOCUSING ON THE MARKET OUTSIDE」 自社のロゴを制作した際に、ロゴの中に、会社のキャッチコピーとして添えた文章です。 もう、かなり前の話です。 「心ここに有らず」と解釈され得るコピーです。 […]


    本文を読む

  • 代表的ロールモデル(5)

    投稿日:2020年01月04日(土)

    どのような宗教でも認めている「人間の欲」というものがあります。 飲食業、弁当・総菜製造業、、、食欲を満たすものや、宿泊業、寝具を含めた製造業、、、睡眠欲を満たすものは、何の偏見もなく溢れております。 ただ。。。 コンビニ […]


    本文を読む