住みなすものは 心なりけり

投稿日:2020年07月17日(金)

戦闘力




「面白き こともなき世を 面白く 住みなすものは 心なりけり」

高杉晋作の辞世の句です。

遠い昔に初めて聞いたときは、特に感じることはありませんでした。

「やはり、この世は面白くないのだなぁ。。。」

といった感想だったような気がします。

 

最近は、色々なことが起こりながらも「面白き世」を生きている実感があります。

面白くないようなことでも、「面白い」と思いながら生活しているからでしょうか。

ここでまた、今までは何だったのだろうと思わされてしまいます。

 

起こる出来事全てを、面白いか否かをポイントにするのではなく、自分にとってプラスに働くか否かを考えるようにしております。

厳密に言うと、プラスに働かせるためにどう解釈するかと考えるようにしております。

まだまだ気が滅入ったり、落ち込んでしまうこともありますが。。。

 

2019年。

色々な関係を整理した。

直感に従って整理した。

「このタイミングだ!!」という直感に従った。

 

左脳を頼りに生きてきた人間にとっては、考えられない程に右脳に頼った行動だった。

直感による決断は、全て「正解」だったと確信している。

仮に、そのとき「不正解」だったとしても、今は「正解」だったという確信がある。

よって、全てが「正解」だったと断言できる。

 

「古い関係」を整理して得たものは、「新しい関係」だった。

今、お付き合いしていただいている関係を俯瞰して見てみる。

「古い関係」が、いかに「面白きこともなき関係」だったかを教えてくれる。

 

何に拘っていたのだろう。

何に縛られていたのだろう。

今更が故に、ひと昔前の気持ちを考えてみたりする。

 

今の場所は、居るべくして居る場所だと考えている。

まだまだ先がある。

その先を目指しての現在。

石のような孤独を道連れに 空とこの道出会う場所」を目指しての現在。

今を良しとして生活できていることを嬉しく思う。

 

5年前のことを思い出してみた。

「面白きこともなき世」にて、心を閉ざして生きていたように思う。

3年前はどうだったろう。。。

5年前と特段変わっていなかったように思う。

 

去年はどうだったろう。

「面白き世の中」を面白く生きていた。

この一年の出来事は、必ずしも良いことばかりではなかった。

それでも面白く生きていたことを覚えている。

結局、そういうことなのだろう。。。

 

自宅と事務所の往復の生活も、そろそろ終わりが近付いてきた。

「面白きこともなき世」での生活が、間もなく終わる。

「住みなすものは 心なりけり」

自分の心持ち一つを拠り所に、より「面白き世」へ進んで行こうと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • 万象全て、己の責任

    投稿日:2020年07月14日(火)

    「万物全て、己の師。万象全て、己の責任。」 2年前に始めて触れた言葉です。 それまでは、このような考え方とは、全く縁のない生き方をしていたことを反省しました。   何かが起こったとき、「人のせい」にすることを当 […]


    本文を読む

  • 簡潔こそが英知の真髄である

    投稿日:2021年04月01日(木)

    「簡潔こそが英知の真髄である」 イングランドの作家 シェイクスピアの格言です。   何かを動かすとき、登場人物が、一人増えることにより、複雑さが増すような気がしております。 できるだけ簡潔にことを進めるためには […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – 懇篤

    投稿日:2020年06月13日(土)

    世の中の常識に悩まされることが多々あります。 「誰が、いつ、どこで、どのように決めたのかがわからない」常識に悩まされています。 少なくとも、間違いなく「絶対」と考えていることがあります。 「誰かが、どこかで決めたこと」を […]


    本文を読む