テレワーク

投稿日:2020年07月29日(水)

戦闘力




「テレワーク」という単語が、市民権を得たようです。

今まで何だったのだろう。。。と思わされるほどに、色々なことが変化しております。

「テレワーク」も色々な変化の中の一つなのでしょう。

 

「コワーキングスペース」がもてはやされたのが、2,3年前だと思います。

好奇心のみで、色々なコワーキングスペースを利用してみました。

一番良かったのは、目黒にあるスペース。

良かった理由は、「無料」だからなのだと思いますが。。。

 

最近、あらゆる業種のお店が、「テレワークスペース」として場所を提供しているようです。

カラオケ店、マンガ喫茶、、、なるほどと思わされます。

時代の変化を実感しながら、新しいものに触れ、刺激を求め続けて行こうと思う今日この頃です。。。

 

メールを送信したい、少しの時間だけで良いので作業をしたい。。。

そのような状況が、少なからずある。

モバイルルーターを携帯して、ネットにつなぎ、作業をすることもあった。

7,8年前の出来事だったと思う。

 

当時のルーターは、端末のバッテリーの持ちが悪く、頻繁に充電が必要だったという記憶がある。

多分、最近の端末は違うのだろうが。

 

ここ数年で、「ノマドワーカー」が増えてきている。

イスとテーブルが置いてあり、Wi-Fi環境が提供されているスペースが増えたことも、それを助長しているのだろう。

カフェに行くと、ノマドワーカーらしき人たちが、ノートパソコン、タブレットで仕事をしている光景が目に入ってくる。

 

僕も、同じようにパソコンを立ち上げて作業をしたこともある。

が、いまいち落ち着かなかったことを覚えている。

やはり、作業するための自分のスペースが必要である。

 

自分にとっての心地良いスペースとは。。。

集中できるスペース。

余計なことを考える余地を与えないスペース。

そんなスペースが、心地良く、快適な場所なのだと思う。

 

いつもとは違う場所で仕事をすることで、仕事スペースの重要性を認識できた。

普段の仕事スペースも、より心地良く、快適にできる余地はないかを考えた。

まずは、不必要なものを処分しようと思う。

ものが少ないのも、快適さを演出してくれる気がする。

 

街を何気なく歩いていたときに目にした看板。

個室利用ができ、外出自由で、ドリンク飲み放題。。。

気分転換のつもりで利用してみたテレワークスペース。

普段とは違う行動により、沢山の気付きを得ることができた。

生産性向上の観点から、機能するという実感を得た。

集中できている自分を確認できた。

 

これからも、時々利用しようと思う。

快適な空間は、仕事を捗らせてくれる。

次回は、カラオケ店のテレワークサービスを利用してみようと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。
最近の投稿記事
  • The man who doesn’t・・・

    投稿日:2021年01月22日(金)

    「The man who doesn’t make up his mind to cultivate the habit of thinking misses the greatest pleasure in life. […]


    本文を読む

  • 緊急事態時の今、想うこと

    投稿日:2020年04月15日(水)

    昨年末、昨年の反省を踏まえ、2020年の計画を立て、今年の年末までに形にしたいイメージを具体的に持ち、新たな気持ちで新しい年を迎えました。   オリンピック開催により、色々な変化を目の当たりにする1年になるのだ […]


    本文を読む

  • 文章を書くときは、「頭脳」で書いても・・・

    投稿日:2020年10月19日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「文章を書くときは、「頭脳」で書いても「心」で書いても、作家の心の状態が必ず、読者に伝わってしまうものだ。」 アンドリュー・ […]


    本文を読む