既存のアイディアを組み合わせる・・・

投稿日:2021年03月22日(月)

創造力




「既存のアイディアを組み合わせることで、それまでになかったものが生まれる」

アメリカの成功哲学者 ナポレオン・ヒルの名言です。

 

AI、IoTなどの新しいテクノロジーにより、新しいサービス、商品が生まれております。

斬新な、画期的なアイディアは、どのようにして誕生したのかが気になったりします。

 

頭の良い人たちが、頭の良い人たちだけで集まって、頭の良い会話の中から生まれたのだろう。

そんな風に片付けてしまうことがあったりもします。

 

考えてみたら、「そんなことで?」と思わされるヒット商品が、今まで沢山あったことに気付かされます。

そのほとんどが、ちょっとしたキッカケから生まれたものであることも、結構有名な話ではないでしょうか。

 

コンピュータに関しては、「数学」という「既存」の概念から生まれたものであり、頭の良し悪しは、特に関係ないような気がしております。

 

それまでになかったものを生み出す術は、足元に転がっているようなかがしておりますが。。。

 

デジタル化によって、便利な生活が可能になった。

ほぼ万人が、デジタル化の恩恵を受けていると思う。

今まで当たり前と思っていたことが、別の当り前を生み出し、便利な世の中になったという実感がある。

 

IT企業は、「便利」を売るという側面がある。

ソフトウェアの開発により、様々な便利さを提供している。

 

ただ、ポイントとすべく点は、ソフトウェア開発のための技術力ではないような気がしている。

既存のサービスをIT化するというのが、ポイントではないだろうか。

 

タクシーの配車サービス、民泊サービス、デリバリーなど。

「それまでにあったもの」をITを駆使して、「それまでになかったもの」に変えている。

 

技術的にできるできないを問われることがある。

多分、技術的にできないことはないと断言できるほど、様々な技術が進歩していると思う。

 

問題は、その技術を活用して何をするかではないような気がしている。

「何をするのか」が問題で、何をするか次第で、活用できる技術が違ってくる。

 

AIについても同じであると考える。

AIを活用して何をするかで進めて行くと、AIは必要ないという結論に至る筈。

何をするかが決まったとき、AIを活用できるかどうか、議論されるところではないだろうか。

 

日々進化する技術力が、「それまでになかったもの」を生み出すのではなく、それまであったものをどのように進化させるかによって、「それまでになかったもの」を生み出すのではないだろうか。

 

既存のサービス、商品を組み合わせることにより、技術力が、活かされる場面が訪れるとの確信がある。

 

ほとんどの新しいものは、既存のものから導かれたものである。

この名言により、そんなことを思わされた。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 成長には準備が必要である。いつ機会が・・・

    投稿日:2020年10月21日(水)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「成長には準備が必要である。いつ機会が訪れるかは予測できない。準備しておかなければならない。準備ができていなければ、機会は去 […]


    本文を読む

  • 一事が万事

    投稿日:2020年07月21日(火)

    「気を付けよう。一事が万事だから。」 などのように、今まで、あまり良い意味で使用していませんでした。 「一事が万事。緊張感を持って行こう。」というように活用していた気もします。 が、必ずしも悪い意味ではなく、良い意味で活 […]


    本文を読む

  • I like to listen. I have・・・

    投稿日:2021年03月21日(日)

    「I like to listen. I have learned a great deal from listening carefully. Most people never listen.」 アメリカの作家 ヘミ […]


    本文を読む