営業活動

投稿日:2020年07月31日(金)

戦闘力




「営業はいらない」という著書に触れました。

これからの時代、AIなどのテクノロジーを駆使しての営業活動が進んで行くという内容の本でした。

 

営業に限らず、「今まで何だったんだ???」と思わせるほどの「変化」を目の当たりにしている今日。

まだまだ「パラダイムシフト」が起こるのだと思います。

 

良くも悪くも、今まで生きてきた「環境」から、大きな影響を受けております。

「環境」の違いで、「常識」っも違ってくるのでしょう。

 

「○○の常識は、世の中の非常識。」

その場所その場所で、必ず言われることだと思います。

それも聞き飽きてしまいました。。。

 

未だに落ち着く気配すら感じない。

「これから先、どうなって行くのだろう。。。」

という他人事のような感覚。

世の中、公表される数字に一喜一憂の日々。

理解し難いことではあるが、理解する必要がないように思う。

 

重要なのは、様々な出来事によって、どのように変化していくのかを捉える「魚の目」であるとの確信がある。

 

どのように変化しようと構わない。

自分自身が、どのように変化するを決める立場ではないが故に、構わない。

どのように変化しても良いように備えることが、自分自身への担いなのだと思う。

 

最近、変化を求めることが、楽しみの一つとなった。

変化を求めない自分に不安を覚えるようになった。

色々な出来事を通して、今に至る。

本当にありがたく感じている。

 

世の中、テクノロジーを活用しなければ、生き残れない時代に入っている。

否応なしにそのような時代になった。

それでも、アナログを貫こうとする組織は存在するのだろう。

 

ウィルス騒動が、色々なことを教えてくれた。

この騒動がなければ、気付くことができなかったのかもしれないと思うほどに、色々な変化を目の当たりにしている。

 

世の中の動きに合わせることはせず、自分のペースで事を進めて行く覚悟ができた。

世の中は、世の中として常に俯瞰して見て行こうと思う。

 

「営業活動」に苦手意識を持っていた。

生まれ育った環境が、そのような意識を植え付けたのかもしれない。

テクノロジーを駆使した「営業活動」は、長い間イメージしていたそれとは違うことに気付いた。

 

最近、毎日営業活動を行っている。

楽しくて仕方がない。

これから沢山の素敵な出会いが待っているという確信がある。

その確信だけを拠り所に、昨日以上の変化を求めて、今日を生きて行こうと思う。

 

実際にアクションを起こしてみると、起こす前にイメージしていたこととは、全く違うことを感じたりすることを教わっている最中。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。
最近の投稿記事
  • 人の行く裏に道あり花の山

    投稿日:2020年08月26日(水)

    「天邪鬼」という単語が正しいのでしょうか。 違うと考えておりますが、もしかしたら、そう解釈されてしまうのかもしれません。 「赤信号、みんなで渡れば怖くない」 が正しいのであれば、「天邪鬼」なのかもしれません。 &nbsp […]


    本文を読む

  • Take the course opposite to・・・

    投稿日:2021年01月18日(月)

    「Take the course opposite to custom and you will almost always do well.」 「慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。」 フランスの哲 […]


    本文を読む

  • 【改訂】2005年、冬

    投稿日:2020年04月27日(月)

    /*** 頻繁にアクセスがある記事を書き直してみました。 今の感性に委ねながら、基の記事の流れに沿って書き直してみました。 基の記事は、こちらです。 ***/   学生時代、「外資系企業」に憧れていました。 そ […]


    本文を読む