営業活動

投稿日:2020年07月31日(金)

戦闘力




「営業はいらない」という著書に触れました。

これからの時代、AIなどのテクノロジーを駆使しての営業活動が進んで行くという内容の本でした。

 

営業に限らず、「今まで何だったんだ???」と思わせるほどの「変化」を目の当たりにしている今日。

まだまだ「パラダイムシフト」が起こるのだと思います。

 

良くも悪くも、今まで生きてきた「環境」から、大きな影響を受けております。

「環境」の違いで、「常識」っも違ってくるのでしょう。

 

「○○の常識は、世の中の非常識。」

その場所その場所で、必ず言われることだと思います。

それも聞き飽きてしまいました。。。

 

未だに落ち着く気配すら感じない。

「これから先、どうなって行くのだろう。。。」

という他人事のような感覚。

世の中、公表される数字に一喜一憂の日々。

理解し難いことではあるが、理解する必要がないように思う。

 

重要なのは、様々な出来事によって、どのように変化していくのかを捉える「魚の目」であるとの確信がある。

 

どのように変化しようと構わない。

自分自身が、どのように変化するを決める立場ではないが故に、構わない。

どのように変化しても良いように備えることが、自分自身への担いなのだと思う。

 

最近、変化を求めることが、楽しみの一つとなった。

変化を求めない自分に不安を覚えるようになった。

色々な出来事を通して、今に至る。

本当にありがたく感じている。

 

世の中、テクノロジーを活用しなければ、生き残れない時代に入っている。

否応なしにそのような時代になった。

それでも、アナログを貫こうとする組織は存在するのだろう。

 

ウィルス騒動が、色々なことを教えてくれた。

この騒動がなければ、気付くことができなかったのかもしれないと思うほどに、色々な変化を目の当たりにしている。

 

世の中の動きに合わせることはせず、自分のペースで事を進めて行く覚悟ができた。

世の中は、世の中として常に俯瞰して見て行こうと思う。

 

「営業活動」に苦手意識を持っていた。

生まれ育った環境が、そのような意識を植え付けたのかもしれない。

テクノロジーを駆使した「営業活動」は、長い間イメージしていたそれとは違うことに気付いた。

 

最近、毎日営業活動を行っている。

楽しくて仕方がない。

これから沢山の素敵な出会いが待っているという確信がある。

その確信だけを拠り所に、昨日以上の変化を求めて、今日を生きて行こうと思う。

 

実際にアクションを起こしてみると、起こす前にイメージしていたこととは、全く違うことを感じたりすることを教わっている最中。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。
最近の投稿記事
  • 【改・改訂】アメリカ合衆国大統領首席補佐官

    投稿日:2020年10月03日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   アメリカ大統領権限継承順位は、下記の通りです。 1.副大統領兼上院議長(副大統領は、上院議長と兼務) 2.下院議長 3.上院 […]


    本文を読む

  • ネガティブ・キャンペーン

    投稿日:2020年09月11日(金)

    アメリカ大統領選挙が、本格化してきております。 選挙運動中、必ず「ネガティブ・キャンペーン」が行われます。   「マリファナを吸っていた。。。」 「大麻をやっていた。。。」 「ハラスメントのようなことがあった。 […]


    本文を読む

  • 菩提寺

    投稿日:2020年01月19日(日)

    10年以上前、親戚に誘われて、「新興宗教」の活動に精を出していたことがあります。 前向きに活動していた理由は、「言っていることが、間違いなく正しいと思えた」からです。   活動内容は、「おカネを出す」か、「身体 […]


    本文を読む