確認作業

投稿日:2020年08月03日(月)

分解力




仕事を進めて行く途中、定期的にクライアント様の意向を確認する作業を行っております。

仕様書の通りに作業を進めていくと、必ず疑問が湧いてきます。

整合性に問題があることに気付いたり、ヒューマンエラーを起こしかねない点を見つけたり。。。

 

特に、金額などに関わる部分は、しっかりと詰めなければいけない部分であり、クライアント様との認識を同じにしなければ、大変なことが起こり得ます。

 

ものごとには、必ず「例外」が存在します。

その例外は、打ち合わせの中で聞かされることもあり、「仕様書通り」が通用しない部分となります。

 

打ち合わせの目的は、不明点をクリアにすること。

その過程で、色々な状況があり得ることを知る機会となります。

「キャッチボール」を通して、リスクマネージメントを進め、双方満足いく流れを作る上で、「確認作業」は、必要不可欠でありますが。。。

 

「言った言わない」により、トラブルになることは、珍しい話ではない。

よって、その対策として、メール、議事録などで記録を残す場合が多い。

「言った言わない」が問題にならなくても、「読んだ読んでない」が問題になることもある。

その前に、「メールを送った送ってない」の問題もあり得る。

 

結局、トラブルはトラブル。

仕事を進めて行く過程で、都度確認しなければいけないことなのだと思う。

トラブルを避ける方法は、「アナログ」でしかないと確信している。

 

「信頼関係」という単語を、頻繁に耳にする。

信頼関係が崩れたときに出てくる単語だと思う。

「信頼関係」のもとに進んでいる関係であれば、特段、口にする必要のない単語だと思う。

 

最近、両極端を同時に経験している。

「面白い」という感覚しかない。

 

「問題を回避するための仕事の進め方」についての「王道」を学ばせてもらえているような気がする。

ちょっとしたことが原因で、問題が起こり得る。

よって、そのちょっとしたことを見逃さないように注意しなければならない。

 

それを怠ると、大変なことになる。

納品間近になって、新しい仕様書が送られてくることもある。

「今までの作業は何だったの???」

と思わせるような、新しい仕様書の場合がある。

 

一気に気持ちが落ちる。

「まぁ、納期までもう少しだから、気持ちを入れ替えようか。」

と、無理矢理でも気持ちを入れ替える。

 

トラブルが起こるときは、どちらか一方が悪いということはあり得ないと考えるようにしている。

それ以上に、最近は、

「自分の非は何だったのか?」

だけに注視することにしている。

 

「非」として列挙すれば、沢山出てくる。

次に繋げるための反省材料として捉える。

 

完璧な資料を作成しても、完璧な打ち合わせを行ったとしても、双方の見解が不一致であれば、何一つ「完璧」ではないということなのだろう。

アナログ的なアプローチで、「確認作業」を繰り返していくしか方法はないように感じている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。
最近の投稿記事
  • 物事を見すぎることで、それが・・・

    投稿日:2021年02月22日(月)

    「物事を見すぎることで、それが持つ意味がまったく見えなくなることを僕は怖れる。」 アメリカの芸術家 アンディ・ウォーホルの名言です。   何か問題が生じると、その問題だけを見てしまう傾向があります。 少し俯瞰し […]


    本文を読む

  • 心の月を先立てて

    投稿日:2019年12月15日(日)

    「曇りなき 心の月を 先立てて 浮世の闇を 照らしてぞ行く」 伊達政宗公の辞世の句です。   今年に入ってから特にですが、京セラの稲盛和夫名誉会長のお言葉を大切に、日々を過ごしております。 「動機善なりや、私心 […]


    本文を読む

  • LOVE SONG

    投稿日:2019年12月09日(月)

    音楽に興味を持ち始めたのは、中学校に入学してからです。   ある時、何となくテレビを見ているときに流れた曲に魅了されました。 タイトルもアーティストもわからず、調べる術もなく。 当時全盛だった音楽番組を見ては、 […]


    本文を読む