想像の限界

投稿日:2020年08月10日(月)

創造力




「自分の想像できる限界まで突き詰めて考える。そうすることで、それが本当に理にかなっているのか、ただ他人がそうしているだけなのかを見極めることができる。」

僕のロールモデルの実業家のお言葉です。

毎日、「自分の想像できる限界まで突き詰めて考える。」

ことを意識しております。

 

何かの解決方法などを模索する際、「Dead End」にぶつかることがあります。

その度に考え直すようにしております。

「Dead End」へ導いた「限界」は何なのだろう。。。

 

その「限界」をクリアすることで、先に進めることがあります。

その先には、別の「Dead End」が待っているのですが。。。

 

「火星に移住」している自分を想像できない。

まだまだ、それを想像できるに至れるほどの「Creativity」が備わっていないからだろう。

「完全自動運転」も想像できていない。

想像以前に、科学的、技術的なバックグラウンドが乏しいからだろう。

 

それらは、自分の専門外ではあるが、何となくでも想像できて良いのではと思いながらも。。。

 

では、自分の専門分野ではどうだろう。

AI、ブロックチェーンなどの新たなテクノロジーが台頭してきている今日、まだまだ色々なことを創造できることは、想像できる。

テクノロジーによって起こる変化の末、どのような世の中になっているのかは、想像に容易い。

実際にそのような世の中に変わっているかどうかは、別の話として、想像に容易い。

 

最近、近親者と会話していて思うことがある。

世の中のほとんどの人は、自分の想像できる範疇で、生活しているのだと思う。

自分の想像できないゾーンへは、足を踏み入れようとすら思わないのだと思う。

 

そのような人と会話していると、ほぼ100%、口撃される。

自分の想像できる範疇にない内容であればあるほど、自分を守ろうとする。

守るために、攻撃する。

攻撃は、相手を傷つけるための発言によるものがほとんど。

よって、「口撃」される。

 

お陰様で、そのようなやり取りにも慣れてしまった。

故に、「口撃」されない術を身に付けることができてきた。

 

必要以上に自分の意見、考え方を発信しないこと。

これが、「いろはのい」だと思う。

 

頭ではわかっていても、「口撃」を促すような発信をしてしまうことがある。

失敗を通して得た結論は、

「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」

だと思う。

 

毎日、自分の想像できる限界を破ることを意識して生活している。

自分の想像できる限界を、自分自身で作っているが故に、自分の想像できる範疇を、自分自身で広げて行くしかない。

 

幸か不幸か、色々な出来事に遭遇する。

「想像の限界」を作っていたころの自分であれば、理解できることばかりなのかもしれない。

そのころに戻りたいとは思わないが。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • 使用機材の到着遅れ

    投稿日:2020年05月21日(木)

    雪の降る季節になると、飛行機に乗る際、搭乗日の天候を気にしてしまいます。 冬期間の天候による欠航・遅延は、あまり珍しいことではないと思っているからです。 最近は、台風などの影響で、秋の季節も油断できないように思います。 […]


    本文を読む

  • PMOY

    投稿日:2020年01月23日(木)

    渡米後、英語の練習を兼ねて、ケーブルテレビ、特に映画チャンネルを頻繁に視聴しておりました。   ある映画で、80年代のプレイメイトの一人を知りました。 高身長のブロンド美人です。 アジア人だからなのか、僕は、欧 […]


    本文を読む

  • 常識で考えることが・・・

    投稿日:2021年02月27日(土)

    「常識で考えることがいかに不合理かを肝に銘じよう。常識とは多数派の理論にすぎない。」 日本の実業家 三木谷浩史氏の名言です。   世の中の常識は、いつも手強いものです。 そんな風に感じさせられる常識が、多々ある […]


    本文を読む