量子力学

投稿日:2020年08月25日(火)

表顕力




この宇宙に存在しているものは、大きく分けると「物質」と「エネルギー」の2つになると言われております。

重要なのは、「エネルギー」であると確信しております。

プラスのエネルギー、マイナスのエネルギー、どちらもエネルギーではありますが、色々なものに「違い」を与えてしまいます。

 

長い間、マイナスのエネルギーを発していたように思います。

必然的に、マイナスのエネルギーを受けていたのでしょう。

「連鎖」によって起こることのほとんどが、マイナスなことだったような。。。

 

厄介なのは、時々、プラスの出来事が起こることでしょうか。

何かが起こる度に「一喜一憂」してしまっていたことを懐かしく感じます。。。

 

誰かと一緒にテレビを見ていると、ネガティブな部分ばかりを抽出する人がいる。

特技なのかと思わされるほど、的確にネガティブな部分を拾う。

それに便乗して、話に付き合っていたころの自分を懐かしく感じる。

 

ナンセンスな話でしかない。

最近は、ネガティブな発言は、スルーすることにしている。

絶対に反応してはいけない。。。というような力みすら感じるほど、決して便乗はしない。

 

どんなにネガティブな部分が目に入っても、ポジティブな表現を探すことにしている。

自分から発するエネルギーは、常に「ポジティブ」であろうと思っている。

 

感覚的にではあるが、最近、その場の雰囲気、空気の良し悪しを感じることができるようになった気がする。

悪い空気は、すぐにわかる。

自分の中の淀んだ気持ちを確認したときが、悪い空気の中にいるときだと思う。

反射的に避けるようにして、その場から離れることを考えるようになった。

 

逆の場合は、爽快な気持ちを維持できる。

ずっとこのままで居たいと思ったりもする。

 

その場の雰囲気、空気は、誰かの「エネルギー」によって、創り出されているように思う。

よって、誰と一緒にいるかが重要になる。

どのような内容の会話かも重要ではあるが、やはり、「誰と一緒か」が重要であり、場合によっては、自分がマイナスのエネルギーを発している可能性もあり得る。

 

電話で話していても感じる。

早く電話を切りたいと思う場合は、間違いなくマイナスのエネルギーを受けているように思う。

 

マイナスのエネルギーを受けることで、自分の気持ちがマイナスに導かれる。

「まずい。。。」

と気付いてすぐに、気持ちの建て直しを試みる。

 

ポジティブで溢れた「エネルギー」だけを受けたい。

切に思うことではあるが、簡単ではない。

 

余計なことは考えず、自分が、ポジティブで溢れた「エネルギー」だけを発することだけを考えることにしようと思う。

最近、そんなことを思わされる出来事に恵まることが多い気がする。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 凡事徹底

    投稿日:2020年12月27日(日)

    今年1年、至る所で、よく耳にしました。 「凡事を徹底する。」 凡事とは何か、わかりかねていた時期もありました。 途中、「凡事」を「小さなこと」と解釈して、徹底を試みてみました。   「そんなこと、誰も気にしない […]


    本文を読む

  • 考え過ぎたことはすべて・・・

    投稿日:2020年10月29日(木)

    「考え過ぎたことはすべて問題になる。」 ドイツの哲学者 ニーチェの格言です。   相変わらず、「左右の脳のバランス」を意識しながらの生活を続けております。 左脳だけで生きてきた感が否めないため、右脳の活性化が急 […]


    本文を読む

  • 人間の長所は欠点があるということである

    投稿日:2021年04月25日(日)

    「人間の長所は欠点があるということである。」 ユダヤの格言です。   良し悪しは別として、「完璧主義」である自分自身を認識しております。 当然、完璧などはあり得ませんので、「完璧はあり得ないという前提で完璧を目 […]


    本文を読む