問題解決

投稿日:2020年09月25日(金)

創造力




【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

先日、整骨院の前を通りました。

何故なのか、理由はわからないのですが、気が付いたら、院内に目が行ってました。

 

目に入ってきたのは、席に座りながら順番を待っている複数の人たちでした。

比較的若い人も順番待ちされていて、繁盛していることを物語っているようでした。

 

順番待ちのほとんどの人が、スマホを操作していました。

足を組みながら、猫背になりながら、、、皆、姿勢を気にしているようには思いませんでした。

 

そんな姿勢でスマホ。

整骨院が必要になる理由が変わったような気がしたのですが。。。

 

「接待を伴うお店」という単語は、新しい響きだった。

コロナの影響により、大きなダメージを受けているとの報道などで、よく耳にする単語となった。

 

昔、年配の方に袖を連ねる形で、そのようなお店を利用したことがある。

「お酒」を飲まない人にとっては、特に必要としない気もするが、好きな人は好きらしい。

 

そのようなお店での会話は、「刹那的」という一言で表現できるように思う。

日常で溜まるストレスなどを発散する場所と考えるべきなのかもしれない。

明らかに、何かを解決する場所ではないという確信がある。

 

他愛もない会話で気持ちを紛らし、お酒を飲みながら忘れる。。。

一時的に気持ちを落ち着かせることが、そのような場所の利用目的。

問題を「解決」する場所ではなく、「対処」する場所として考えた方が自然だと思う。

逆に、そのような場所に「問題解決」を求めてはいけないのだと思う。

 

整骨院で見た光景からも、同じことを感じた。

施術後、しばらくの間、身体が楽になったと感じてもらうことが目的。

問題の「対処」がしっかりと為されていれば、誰もがハッピーなのだろう。

 

順番を待っている間の姿勢、スタンス、諸々を改善することで、施術が必要なくなると考える。

一時的に施術をしても、根本となる姿勢などを改善しない限り、整骨院に通い続けることになるのではないのだろうか。

 

整骨院にとっては、願ったり叶ったり。

根本を改善されては困る一面もあるのだろう。

顧客の問題に「対処」することが、事業の目的なのだろうから。

 

仕事とは、「顧客の問題を解決すること」などの表現が、様々な場面で謳われているのを目にする。

その通りだと思う。

しかし、現実は、そうではないように思う。

「顧客の問題に対処すること」を仕事として捉えている人が多いような気がする。

 

何故なら。。。

サービスを受ける側、商品を購入する側は、即効性を求めるからだと思う。

「問題解決」には、時間が必要になる。

即効性は、期待できないことが多い。

多分、そういうことだと思う。

 

整骨院で見た光景が、諸々、感じたり、考えさせられたりする機会を与えてくれたように思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • If you work just for・・・

    投稿日:2021年02月03日(水)

    「If you work just for money, you’ll never make it, but if you love what you’re doing and you always put the cu […]


    本文を読む

  • デフォルト・モード・ネットワーク

    投稿日:2020年09月15日(火)

    活動的な思考を行わないときに無意識に脳が行う脳内ネットワークの活動という意味のようです。 人間の脳は、意識するしないに関わらず、活動をしているときに活発になるそうですが、それ以外の活動していないときは、休んでいるそうです […]


    本文を読む

  • 試奏

    投稿日:2020年06月26日(金)

    自分で勝手にイメージして躊躇してしまうことが多々あります。 アクションを起こした後の「失敗」を想定してしまい、無意識にブレーキをかけるのであれば、単なる「損失回避」なのだと思います。 しかし、自分の勝手なイメージは、いわ […]


    本文を読む