義を見てせざるは勇無きなり

投稿日:2020年08月31日(月)

戦闘力




論語にある有名なフレーズです。

敢えて、「義」という大義名分を無理矢理創り出し、「勇無き」を避けるためのアクションを起こしてみました。

 

「マインドブロック」とは、恐ろしいものです。

今まで何だったのだろうと思うほど、簡単な話で終わってしまうことを難しく考えさせてくれます。

 

ところで、「マインドブロック」って何なのでしょうか。。。

ほとんどの場合、「世の中の常識」のようなものから形成されているように思います。

今まで考えていたことを疑う作業。

この作業を通して、「マインドブロック」を壊すことを可能にしてくれるような。。。

 

「頑張っていれば、必ず誰かが見てくれている。」

そう信じて頑張っていたころを思い出す。

が、誰も見てくれていなかったような気がする。

「誰も見ていないなら、頑張る意味はないよなぁ。。。」

そんな風に思っていたころを思い出す。

 

単なる「承認欲求」のようにも思う。

誰かに認められたいから頑張るのかもしれない。

得てして「ナンセンス」であったことに気付いた。

 

「マインドブロック」を壊すための方法、一番簡単な方法を見つけた。

理論武装により、「義」を定めること。

人を傷つけるようなことさえなければ、あらゆることを「義」として定めることができる。

「義」さえしっかり定まっていれば、後は「勇」のみが問われる。

 

アクションを起こせない場合、「勇」の問題。

この問題は、「マインドブロック」によるものではなく、「自尊心」によるものであることを実感した。

 

「自尊心」は、本当に厄介なものである。

誰も気にしていないようなことを気にするように導く。

 

誰かに何を言われようと、自分自身の「義」をもってアクションを起こす。

これを繰り返すことにより、特段、「勇」は必要なくなる。

力む必要がなくなるからだろう。

誰かに見られるために頑張る必要もなくなる。

自分がコントロールできることだけに集中できるようになる。

自分でコントロールできないことを考えることさえなくなる。

 

結局、何をしようとも、誰も見ていないことに気付く。

それ以上に、「誰かに見られたくて頑張ること」が、無意味であることに気付かされる。

敢えて言うなら、見ているのは自分自身かもしれない。

自分自身が、頑張っている自分を見ているのかもしれない。

 

「神秘(ミステリー)が歴史(ヒストリー)を作る」

自分自身しか知らない自分が、他人には、「ミステリー」に感じさせ、その積み重ねが、「ヒストリー」になるような気がしてきた。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 想像の限界

    投稿日:2020年08月10日(月)

    「自分の想像できる限界まで突き詰めて考える。そうすることで、それが本当に理にかなっているのか、ただ他人がそうしているだけなのかを見極めることができる。」 僕のロールモデルの実業家のお言葉です。 毎日、「自分の想像できる限 […]


    本文を読む

  • 途方もない夢でも実現へと前進させる・・・

    投稿日:2020年10月25日(日)

    「途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ。」 アメリカ合衆国のIT企業共同創業者 ラリー・ペイジの格言です。 &nb […]


    本文を読む

  • 人生における失敗者とは・・・

    投稿日:2020年10月17日(土)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「人生における失敗者とは、諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに気づかなかった人たちである。」 アメリカの発明家トーマス・ […]


    本文を読む