クロスポイント

投稿日:2020年08月30日(日)

表顕力




先日、あるセミナーを受講しました。

そのセミナーにて、新しい単語との出会いがありました。

「クロスポイント」

交差する場所という解釈で良いのだと思います。

 

ブログを更新し続けていると、時々ではありますが、書いた記事を「自分らしい」文章と心から思えることがあります。

その記事を何度も読みながら、感覚的な「自分らしさ」とは何かを探ってみます。

 

1.複数のトピックの共通点を見つけて繋げる。

2.冒頭に触れた内容を活用したオチで結ぶ。

3.自分の過去の出来事をベースに、その出来事が起こったころの気持ちと今の気持ちの違いを表現する。

 

主に、上記3点が含まれ、流れる文章であれば、「自分らしい」と思えるような気がしておりますが。。。

 

文章を書かなければいけないという境遇に直面した。

中学校時代に直面した。

全校生徒の前で発表する機会があり、その為の原稿を書くためだった。

 

当時は、口頭で発表するための文章だった故、文章を書きたくて書いていた訳ではなかった。

が、その経験は、今でも良い経験として残っている。

 

文章を書くことを目的としてはいなかったが、単語や四字熟語などには興味があった。

比較的、単語力はある方だという自負はある。

こうやってブログの更新を継続できているのも、文章を書くことに喜びを感じることができているからだと思う。

 

折角、更新を続けているブログ。

やはり、できるだけ多くの人に読んで貰いたいという気持ちはある。

どのように感じるかは、読者それぞれの感性に任せたいとは思いながらも、自分の伝えたいことが伝わって欲しいという願いはある。

 

最近、ふと考えることがある。

「自分が書き続けている文章は、世の中のニーズと合致しているのだろうか。」

ニーズに合わせて文章を書くつもりはない。

それよりも、「ニーズに合わせて文章を書く力が、備わっていない。」が、正解かもしれない。

 

そろそろ、ニーズを意識してみてはと思わされる出来事があった。

「クロスポイント」

という単語との出会いにより、ニーズを意識するようになった。

 

「自分らしい」文章を書き続けながら、ニーズに合致させる方法はないだろうか。

多分あるのだと思う。

 

自分の直感、感性を頼りに書いてきた文章。

もしかしたら、ニーズに合致させるための「テクニック」が必要になってきているのではないだろうか。

そんなことを強く感じている。

 

文章の上手い人から教えを乞うことにしようと思う。

ちょっとしたキッカケが、思わぬ方向に導いてくれる予感がある。

 

沢山の人に読んで貰えるような文章を書けるようになれば、もっともっと文章を書く喜びを感じることができるような気が。。。

「クロスポイント」を探りながら、一つでも多くの「自分らしい」記事を書けるよう、次のステップへ進もうと思う。

 

もしかしたら、この感覚は、承認欲求に似たものなのかもしれない。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • 一見して馬鹿げていない・・・

    投稿日:2021年02月28日(日)

    「一見して馬鹿げていないアイデアは、見込みがない。」 ドイツの物理学者 アインシュタインの名言です。   一見してばかげているアイディアは、必ず反対されます。 「ばかげている!!」 と言われて反対されるのではな […]


    本文を読む

  • 一事が万事

    投稿日:2020年07月21日(火)

    「気を付けよう。一事が万事だから。」 などのように、今まで、あまり良い意味で使用していませんでした。 「一事が万事。緊張感を持って行こう。」というように活用していた気もします。 が、必ずしも悪い意味ではなく、良い意味で活 […]


    本文を読む

  • お客様!!

    投稿日:2020年06月11日(木)

    「七三歩き」という江戸しぐさがあります。 道の七分は公道で、端の三分が、自分の歩くスペースという暗黙の約束だそうです。 僕は、これを聞いてから、意識的に道路の端を歩くようにしております。 一休さんに出てくる「このはし渡る […]


    本文を読む