ネガティブ・キャンペーン

投稿日:2020年09月11日(金)

分解力




アメリカ大統領選挙が、本格化してきております。

選挙運動中、必ず「ネガティブ・キャンペーン」が行われます。

 

「マリファナを吸っていた。。。」

「大麻をやっていた。。。」

「ハラスメントのようなことがあった。。。」

などの体制に影響のない内容がほとんどです。

聴いていて寂しくなりますが、ある意味イベントのようなものなのでしょう。。。

今後も続いていくのだと思います。

 

テレビのニュースを見ていると「ネガティブ・キャンペーン」ですか?と質問したくなるほど、「ネガティブ」な内容が氾濫しているように思います。

メディアから発信されるニュースの9割が、ネガティブなものであると聞いたことがあるような。。。

 

「ネガティブ」な内容を受け取る側は、どのような気持ちで受け取るのでしょうか。

十人十色。受け取り方は、様々なのかもしれませんが。。。

 

お陰様で、周りにネガティブな内容を発信する人が減った。

どのような事象も、「ポジティブ」にも「ネガティブ」にも解釈ができる故、意識してなのか、「ネガティブ」に解釈する人が多い気がする。

 

「ネガティブ」な集団から抜け出すために、自分が「ポジティブ」でなければという一心で、様々な事象を捉えてきた。

自分自身に関すること、対岸の火事と片付けることができること、あらゆる事象を捉えてきた。

 

「灯台下暗し」

遠くばかりに気が行っていたことに気付いた。

ふと、足元を見たときに気付いた。

 

今後の人生、「ネガティブ」な事象だけは、避け続けて行きたい。

外的に訪れる「ネガティブ」は、自分自身によるコントロールが不可能であるからだ。

よって、明らかに「ネガティブ」を感じるものからは、距離を置き続けたい。

「ネガティブ」を回避することは、自分自身でコントロールできる最善のアクションであると確信している。

 

街中などで、色々な人を観察することがある。

顔の表情や歩き方など、観察できるポイントは、沢山ある気がする。

見ていて面白いと感じることもある。

 

どのような人でも、オーラを出しているように思う。

そのオーラが、どのようなものなのか、感覚的かもしれないが、即座に判断できるようになりたいと思っている。

 

「ネガティブオーラ」からの決別を誓うべく、暫く距離をおくことにした。

朱に交わって赤くなることを避けるため、距離を置くことにした。

 

人間、ちょっとしたことの積み重ねで、辿り着く場所が変わる。

何処を目指すか次第ではあるが、「ポジティブ」な方へ向かって行きたい。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。
最近の投稿記事
  • 現在地

    投稿日:2020年07月02日(木)

    人と接する際、細かい部分が気になるようになってしまいました。 気にし過ぎているだけなのかもしれません。 いずれにしても、細かい部分が。。。   昔はどうだったろう。。。と考えることがあります。 昔はそんなに細か […]


    本文を読む

  • Robotics

    投稿日:2019年12月05日(木)

    アジア好きのウィリアムという友人がいました。 ハッキリとした記憶がないのですが、彼と知り合ったのは、選択したクラスで一緒になったのがキッカケだったと思います。 彼は、大学生だったので、年齢的には、僕より後輩になりますが、 […]


    本文を読む

  • 進路は東

    投稿日:2020年07月23日(木)

    元号が、平成に変わろうとしているころだったと思います。 「昭和」という楽曲を良く聴いていました。 「とうとう昭和の歴史が終わった。。。」 感慨深い想いでした。。。   サビの歌詞に、何故か頭に残っているフレーズ […]


    本文を読む