自尊心

投稿日:2020年09月09日(水)
戦闘力


昔読んだ本に目が行き、おもむろにその本を取り出し、何となく開いたページを読んでみました。

「自尊心」について書かれていました。

改めて読んだ内容ですが、改めて感銘を受けました。

 

この「自尊心」は、「プライド」と解釈して良いのでしょうか。

違うような気がしております。

 

「プライド」は、良い方向に導いてくれるような気がしますが、「自尊心」は、ちょっと違うような気がしております。

「世間は、君の自尊心を気にかけてはくれない。」

オペレーティングシステム開発者の名言です。

 

世間の誰もが気にしていない「自尊心」を気にしているのは、自分自身だけなのでしょう。

そう考えると、「自尊心」って必要なのだろうか。。。と思ってしまいましたが。。。

 

「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」

「甲羅」の大きさにより、ものの見方、考え方に違いが生じる。

 

自分の甲羅が大きくなるにつれて、「プライド」が醸成されていくように思う。

知らないことを知らないと言えるようになるのも、「プライド」があるからだろう。

 

「自尊心」とは、何なのだろう。

どのように解釈したら良いのだろう。

 

本の中に、相手と会話の際、「自尊心を傷つけない」ことの大切さを強調していた。

「そうだった。。。忘れてた。。。」

良いことを思い出すことができた。

 

自分の意見を否定されたとき、人は相手を攻撃する。

これに例外はないと確信している。

「There is no rule without exceptions.」

のアンチテーゼと捉えている。

 

お陰様で、相手の話を否定するという悪い癖は、完治させることができた。

相手の話は、全て肯定する。

色々な意見、考え方がある中の一つとして解釈することにしている故。

「琴線に触れる」という表現は、「自尊心を傷つける」と言い換えることができるのかもしれない。

 

今現在、相手の「自尊心」を傷付け得る別の行為の改善を試みている。

相手が理解できない話をすることは、間違いなく相手の「自尊心」傷付ける行為であると考えている。

特に気を付けているのは、使用する単語。

相手が知らない単語は、殺傷能力が高い。

一度、相手の自尊心を傷つけると、その後の話を聞いてすらもらえなくなる。

 

誰でも知っていることを話す場合も要注意。

「釈迦に説法で恐縮ですが。。。」

などの枕詞を添えることにしている。

 

話しているときの表情も、ポイントとなる。

鏡の自分を見ながら、自分の表情をチェックしたりもしている。

 

相手の想像の限界を超えるような話をする場合、高確率で、相手の「自尊心」を傷つけている。

相手のリアクションから、傷付けたかどうかがわかるようになった。

 

比較的「甲羅」の大きな人との接点を求めるべきなのか、相手の「甲羅」に合わせた会話力を身に付けるべきなのか、明確な解答を模索している途中である。。。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む