検索キーワード

投稿日:2020年09月17日(木)
分解力


【過去回帰により、進むべく未来へのベクトルを定め、その先にある「約束の地」へ・・・】

 

ブログを始めて、もう少しで1年が経とうとしております。

2,3年前から始めている感じですが、まだ1年も経っていないと思うと、時間が経つのは、早いのか遅いのか。。。

 

そろそろ、自分の発信したい内容が定まってきておりますので、次のステップに進むべきタイミングなのだと思っております。

 

「読者に寄り添う」をテーマにすると、記事内容に関しての改善点が見えてきます。

何処から始めるべきなのか。

まずは、キーワードを絞ってみようと思いました。

 

考えてみたら、全く気にもしていなかった「キーワード」ですが、検索エンジン対策を考えたとき、とても重要な要素になります。

「自分の発信したい内容を、どのように読者に伝えたいか。」

を軸に、キーワードを考えて行くことに決めました。。。

 

今年に入り、今年の目標、計画を立てた。

その中に、「ブログ毎日更新」を含めた。

 

残念ながら、毎日更新はできなかった。

何処かのタイミングで、途切れてしまった。

ブログに関する今年の目標は、達成することはできなかったが、その目標は、別の目標に変わった。

 

アクセス解析から、複数の読者の存在を確認している。

多分、知り合いがほとんどだとは思うが、有り難い限りである。

彼ら、彼女らは、何を感じてくれているのだろうか。。。

 

自分自身、今に至るまでの紆余曲折から感じることがある。

「本当の自分は、過去の出来事を振り返ることから知ることができる。」

と感じている。

 

特に、多感な時期の出来事には、多くが含まれている。

それらの出来事を臭い物として、蓋をしてしまうのは、如何なものなのだろう。と思う。

人間誰もが、親の影響を強く受けて生きてきている。

良し悪しの問題ではなく、受けてきた影響は、強力である。

 

今いる場所は、知らず知らずのうちに辿り着いた場所なのかもしれないが、知らず知らずのうちに自らの決断により、辿り着いた場所なのだと思う。

 

そう考えると、育った環境、生きてきた環境からの影響は、必ずしも重要ではないと考えられる。

結局は、自分自身の選択によるものだからだ。

 

ここ数年、過去を振り返ることが、習慣のようなものになってきた。

「あのころは、こんなことをしていたなぁ。。。」

「あのころ、こんなことがあって、こんなことを思ったなぁ。。。」

 

あのころの悲喜交々から、自分が求めているものに気付けることがある。

それを素直に受け入れ、次のアクションに繋げることにしている。

 

そんなことの繰り返しにより、自分自身が目指す方向が、定まってくるのだと思う。

「周りがこうしているから、こうしよう。。。」

「周りに何か言われないように、こうしよう。。。」

といった選択肢は、自分の中から消えて行ったことを実感している。

 

これから、同じようなことを続けて行くのだろう。

数年後、今日の出来事が、過去の出来事となり、「あのころは・・・」と思い出すことで、そこから何かを感じるのだと思う。

 

「過去回帰」を大切にして行こうと思う。

 





この記事へのコメント送信
(すべて必須事項です)



記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

プロフィール(詳細
阿部雄一郎
阿部 雄一郎(あべ ゆういちろう)
1975年 アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。
1999年 札幌の大学を卒業後、渡米。
米国ニュージャージー州の私立工科大学大学院に入学。
(コンピュータサイエンス専攻、理学修士(M.S.)課程修了)
システムエンジニアとして、様々な業種の法人様向けにシステムのご提案し、導入・管理をご支援して参りました。
今までの経験を活かし、グローバル化、多様性社会の時代にて、新たな価値を創造していきます。
記事検索
書籍紹介
  • 「仕事ができる」とはどういうことか?

    今まで腑に落ちないでいた気持ちが、スッキリしました。
    「右脳」と「左脳」両方のバランスに秀でた人間を目指し、精進を続けて参ります。

    「学び」を感じることができる書籍です。

  • 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

    中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。

  • ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA

    昨年4月12日、国際フォーラムでのコンサートに行ってきました。

    コンサート終了後、ファンクラブに入会。
    今後は、ツアーが開催される際、必ず行くつもりです。

最近の投稿記事
  • いかなる問題も、それをつくりだした・・・

    投稿日:2020年10月18日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。」 物理学者アインシュタインの格言です。 &n […]


    本文を読む

  • 過去から学び、今日のために生き・・・

    投稿日:2020年10月12日(月)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」 ノーベル賞受賞物理学者の格言です。 この格言が、僕にはとてもス […]


    本文を読む

  • 画期的な解決策のヒントが得られることも・・・

    投稿日:2020年10月09日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「問題を別の角度から捉え直せば、画期的な解決策のヒントが得られることもある。」 米国の発明家・起業家の格言です。 問題に直面 […]


    本文を読む

  • ハロー効果

    投稿日:2020年10月08日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「ハロー効果」とは、   表層的な部分に囚われて、実際を過大評価してしまう時に働いている効果のこと   […]


    本文を読む

  • 自己分析

    投稿日:2020年09月27日(日)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。 変えることのできな […]


    本文を読む