自己分析

投稿日:2020年09月27日(日)

分解力




【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

ブログの「キーワード」を「過去回帰」と定め、その「キーワード」の則った内容を投稿するようにしております。

変えることのできない「過去」を振り返ること。

ネガティブなことに感じるようで、実はポジティブなことであるという確信があります。

 

何気なく見ていた番組の中で、面白いことを聞くことができました。

「夢や目標を持って生きている人なんて、ほとんどいない。目の前のことに集中する以外に前進する方法はない。」

その通りなのかもしれませんが、違うようにも感じました。

 

僕自身、夢や目標は必要であるとの確信があります。

必要となる夢や目標は、過去の出来事から導き出すことができるという確信もあります。

過去を振り返ることで、自分がどのような人間で、どのようなことを望んでいるのかを理解できたとき、夢や目標が定まるような気がしておりますが。。。

 

2,3年ほど前、自己啓発関連の書籍を読んだり、セミナーに参加したりしていた時期があった。

同じような内容のものが氾濫している感も否めないが、同じような内容でも、何か別の新しい事象に触れることができたように思う。

 

ここ数年、自分が理想とする未来をイメージしながら、毎日を過ごしてきた。

イメージした未来を具現化できている部分もあれば、できていない部分もある。

できていない部分は、何かが足りないのだろう。

その「何か」は、自分の中でハッキリしている。

 

最近、人と接していて思うことがある。

相手の「目」を見ることで、何となくではあるが、相手のことを理解できるような気がしている。

ずるい人、意地悪な人の目は、特徴的な気がする。

そのような人たちの雰囲気も同じような特徴があるような気がする。

 

時々ではあるが、キレイな目をしている人と接する機会がある。

他愛もない会話だとしても、楽しくコミュニケーションを取ることができる。

 

いずれにしても、人との接点から、自分自身を分析している自分に気付くことがある。

理屈ではなく、感覚で分析しているような気がする。

 

昔は、少なくとも10年前は、自己分析などしていなかった。

今考えると、そのころ何を考えていたかを認識しながら、分析していなかった理由も理解している。

 

あれから色々なことに変化があった。

「自己分析」できることで、迷うことなく毎日を過ごせているという実感がある。

 

これから「自己分析」を続けて行くのだろう。

まだまだ分析できていないことが、沢山あるのだと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 困るということは、・・・

    投稿日:2021年01月13日(水)

    「困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。」 アメリカの発明家 エジソンの格言です。   「困る」という状況は、色々な場面で直面します。 右往左往しまったり、気持ちを穏やかに保てなくなったり、メンタ […]


    本文を読む

  • 「普通」を装う

    投稿日:2020年02月01日(土)

    2008年頃から、自分が「普通」ではないことに戸惑いを感じ始めておりました。 自分の考えること、感覚、常識、、、全てが、他人と違うと感じ、人と接することに抵抗を感じるようになっておりました。   例えば、自分の […]


    本文を読む

  • 来年に向けて

    投稿日:2020年12月31日(木)

    大掃除など、片付けるべきことに集中していたら、大晦日になっておりました。 「気が付いたら、こんな時間。。。」 ということが、しばしばあるのですが、気が付いたら大晦日でした。   来年に向けての準備は完了しました […]


    本文を読む