理をもって接する 理をもって戦う

投稿日:2020年10月10日(土)

戦闘力




【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

「「仕事ができる」とは、どういうことか?」

というタイトルの著書が、昨年、話題になりました。

 

「スキルのデフレ化」「センスのインフレ化」が、あらゆるジャンルで進行している今日、色々と考えさせられる著書でした。

左脳だけで生きてきた感が否めない僕にとって、学ぶべき、真似るべきことが盛沢山の内容でした。

 

この著書を改めてみました。

最後に拝読したときとは違った解釈をしたり、今回初めて気付かされることがあったり、改めて考えさせられました。

 

研ぎ澄まされている、洗練されている、、、抽象的に「センス」を表現することがあります。

抽象的な表現を具体的に表現できるのであれば、「センス」があると解釈して良いのかと思ったりもします。

それくらい、「センス」とは、抽象的なものなのかもしれません。。。

 

最近、強く感じることがある。

「スキル」で仕事をしている人が多いと感じることがある。

 

数あるランディングページのほとんどが、「スキル」を前面に出して構成されている。

いわゆる広告についても、同じような趣が多い。

ターゲットが、実績や経歴など、わかり易い内容を求めているからなのだろうか。

そうであれば、ターゲットとなる見込み客の「センス」の問題なのだろうか。

 

多くのセミナーを受講してきて感じることがある。

そのセミナーのレベルは、セミナー講師のレベルではなく、セミナー受講者のレベルで測られるように感じる。

セミナー講師は、セミナー受講者に合わせる形で話を進めていると感じた故である。

 

「スキル」で解決できるものはあるのかもしれないが、それは、「解決」ではなく、「対処」だと思う。

問題解決は、「センス」で行い、その過程で「スキル」を必要とする場面があるという確信がある。

 

「理をもって接する 理をもって戦う」

理とは、知識、知恵、考え方。

技術だけで勝つことはできない。

憧れの元プロ野球監督の格言。

 

「センス」で勝負したいと考えている。

「センス」を補うための「スキル」は、身に付ける必要がある。

それでも、世の中は、「スキル」に対しての評価が先に来るような気がする。

 

少し時間をかけてでも、「センス」を磨いていこうと思う。

人の心に突き刺さるような表現方法など、「センス」を磨きながら確立して行こうと思う。

 

確立された表現方法、考え方、、、それらは、もしかしたら「スキル」なのかもしれない。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 気付き

    投稿日:2020年01月10日(金)

    今年に入ってから、一日一つ、「気付き」のピックアップをマストにしております。 1日中、何か気付きはないか・・・と探すのではなく、ふとした瞬間、昔の出来事などから、色々な点を結んで、「気付き」としてまとめております。 それ […]


    本文を読む

  • 99% of failure come from・・・

    投稿日:2021年01月31日(日)

    「99% of failure come from people who have the habit of making excuses.」 アメリカの植物学者 ジョージ・ワシントン・カーヴァーの格言です。 &nbsp […]


    本文を読む

  • 知らざるを知らずとなす これ知るなり

    投稿日:2020年09月21日(月)

    【過去回帰により、進むべく未来へのベクトルを定め、その先にある「約束の地」へ・・・】   知らないことに遭遇する毎日です。 知っていたつもりでも、実は知らなかったということもあります。   複数の人に […]


    本文を読む