理をもって接する 理をもって戦う

投稿日:2020年10月10日(土)

戦闘力




【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

「「仕事ができる」とは、どういうことか?」

というタイトルの著書が、昨年、話題になりました。

 

「スキルのデフレ化」「センスのインフレ化」が、あらゆるジャンルで進行している今日、色々と考えさせられる著書でした。

左脳だけで生きてきた感が否めない僕にとって、学ぶべき、真似るべきことが盛沢山の内容でした。

 

この著書を改めてみました。

最後に拝読したときとは違った解釈をしたり、今回初めて気付かされることがあったり、改めて考えさせられました。

 

研ぎ澄まされている、洗練されている、、、抽象的に「センス」を表現することがあります。

抽象的な表現を具体的に表現できるのであれば、「センス」があると解釈して良いのかと思ったりもします。

それくらい、「センス」とは、抽象的なものなのかもしれません。。。

 

最近、強く感じることがある。

「スキル」で仕事をしている人が多いと感じることがある。

 

数あるランディングページのほとんどが、「スキル」を前面に出して構成されている。

いわゆる広告についても、同じような趣が多い。

ターゲットが、実績や経歴など、わかり易い内容を求めているからなのだろうか。

そうであれば、ターゲットとなる見込み客の「センス」の問題なのだろうか。

 

多くのセミナーを受講してきて感じることがある。

そのセミナーのレベルは、セミナー講師のレベルではなく、セミナー受講者のレベルで測られるように感じる。

セミナー講師は、セミナー受講者に合わせる形で話を進めていると感じた故である。

 

「スキル」で解決できるものはあるのかもしれないが、それは、「解決」ではなく、「対処」だと思う。

問題解決は、「センス」で行い、その過程で「スキル」を必要とする場面があるという確信がある。

 

「理をもって接する 理をもって戦う」

理とは、知識、知恵、考え方。

技術だけで勝つことはできない。

憧れの元プロ野球監督の格言。

 

「センス」で勝負したいと考えている。

「センス」を補うための「スキル」は、身に付ける必要がある。

それでも、世の中は、「スキル」に対しての評価が先に来るような気がする。

 

少し時間をかけてでも、「センス」を磨いていこうと思う。

人の心に突き刺さるような表現方法など、「センス」を磨きながら確立して行こうと思う。

 

確立された表現方法、考え方、、、それらは、もしかしたら「スキル」なのかもしれない。。。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • 試練に直面する従業員

    投稿日:2020年01月09日(木)

    「働き方改革」、「副業解禁」など、働く人々にとっての環境が変化しつつあります。 少なくとも、今までの「常識」とは違う「常識」が創出されようとしています。 いわゆる過渡期だと思います。   労働組合の勢いもなくな […]


    本文を読む

  • 文章力

    投稿日:2020年06月07日(日)

    「文章力」があるか否かは別の話として、僕は、文章を書くのが好きです。 例えば、ブログ記事を書いているときの集中力は、ハンパないと思ったりもします。 好きであるが故に、集中して文章を書いている自分を愛おしく感じております。 […]


    本文を読む

  • もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である

    投稿日:2021年05月02日(日)

    「もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。」 ドイツの哲学者 カントの格言です。   ゴールデンウィークに入りました。 「去年の今ごろは・・・」 そんなことを考えながら、色々なことが […]


    本文を読む