他人を感動させるには・・・

投稿日:2020年10月13日(火)

表顕力




【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

「他人を感動させるには、人と違った気配りを見せることです。」

米国の教育家・牧師の格言です。

この格言からのメッセージを肝に銘じ、日々過ごすよう努めております。

 

「人と違った気配り」とは何なのだろうか?

ふと、そんなことを考えてしまいました。

人との違いを見せることができる「気配り」が存在するのだろうかと疑問に思った故だと思います。

 

「お・も・て・な・し」という単語が、流行語となりました。

流行語になったことが、「おもてなしの心」の大切さを考えさせられるキッカケになったように思います。

 

「おもてなし」と「気配り」は、同意語のように感じております。

自分なりに色々なことを試しながら、辿り着いた感覚です。

ただ、「と違った気配り」について、わかりかねております。。。

 

「利他の精神」

新・経営の神様から学んだ精神。

何をするにしても、この精神を根底に据えることを心掛けている。

 

人間、目先の利益を追い求めてしまうという「性」に苦しんでいる。

勿論のこと、僕自身も例外ではない。

その「性」に逆らいながら、気持ちを整える作業に奔走している。

 

色々な書籍から学んだことがある。

「気配り」には、ある規則性がある。

その規則性に基づいてる限り、「気配り」は、画一的なモノであると考える。

手法の部分で個人差があるとしても、根幹は、同じであると解釈している。

 

最近、「気配り」に関する書籍を読了した。

目新しい内容のものは、皆無だった。

「気配り」に関する書籍は、相当数読んできた故だろう。

 

新しいことを知り、試してみる作業を経てきたことにより、新たな気付きを得ることができた。

既知のことに触れ、自分自身のアクションに自信を持って良いことを確認できた。

次は、「精度」が問題になるのだろう。

細部にこだわりながら、より精度の高い「気配り」を目指して行こうと思う。

 

書籍には、誰にでもできることしか書かれていなかった。

特殊技能、資格などを必要とするものは、皆無だった。

それでも、「気配り」ができている人が少ないのは、どうしてなのか不思議に感じる。

 

書籍の中では、「気配り」ができる人を「ハイクラスな人」と表現していた。

その表現を鵜呑みにして良いのだろうか?

 

「気配り」ができない「ロークラスな人」が多いことにより、「ハイクラスな人」が存在できるような気がする。

相対的な話のように感じている。

 

「「気配り」ができない人たちと同じことをしない人。」

このような人たちが、「ハイクラスな人」なのだと思う。

このような人たちが、「人と違った気配りを見せる」ことができるのだと思う。

 

いずれにしても、この先、「higher class」を目指して行こうと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。
最近の投稿記事
  • 人間の真の誠実は、たとえば・・・

    投稿日:2020年11月13日(金)

    「人間の真の誠実は、たとえば礼儀正しさと同じように、小さなことに対するその人の態度にあらわれる。」 スイスの法学者 カール・ヒルティの格言です。   「積小為大」 我々は、小さなことを積み重ねていくことの大切さ […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – 教養

    投稿日:2020年03月11日(水)

    学校の勉強、受験のための勉強は、あまり真面目に取り組んで来ませんでした。 結果的には、修士課程を修了しておりますが、受験を通した「勉強」には、興味を持てなかったという感じなのかもしれません。   歴史や宗教、政 […]


    本文を読む

  • 事業計画

    投稿日:2020年01月05日(日)

    昨年末にまとめた計画を基に、新しい年をスタート致しました。 ここ1,2年で、僕自身の人生観、仕事観、日々の生活など、全てにおいて、自分に対してのパラダイムシフトを完了しておりますので、新たなパラダイムにて、沢山の方々に支 […]


    本文を読む