年暮れぬ 笠きて草鞋・・・

投稿日:2020年10月15日(木)

表顕力




【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

「年暮れぬ 笠きて草鞋 はきながら」

松尾芭蕉の句です。

「自分らしさ」で輝く。

という解釈が、書籍の中にありました。

 

偉人の方々の格言の中にも、「自分らしさ」を強調しているものが多々あります。

「自分らしさ」で輝けた結果、偉人として名を馳せたのかもしれません。

 

村八分、仲間外れにされていたからなのかは、わかりかねますが、幼少期より、一人でいることに全く抵抗がなく、一人の時間を楽しいと感じておりました。

 

先日、アメリカ時代からの友人と電話で話す機会がありました。

海外を経験した者同士の視点で、お互いの話をする機会になりました。

 

日本で生活する場合、「個性」のようなものを前面に出すことは、容易なことではないという実感があります。

「周りに合わせることができる」というスキルが必要とされているのではないでしょうか。。。

 

多感な時期の嫌な思い出を通して、「目立たないように・・・」というスタンスが確立された。

自意識の問題なのだろうか。

幼少期、親の職業が独り歩きをしていた時期、目立つことにとても敏感だった。

何か良いことをしても、褒められることはないが、何か悪いことをすると、必ず起こられる役だった。

 

「別に何もしてないよ!!」

と思っていても、何故か標的にされることもあった。

理由がわからなかったのだが、社会に出てから、あのころを振り返ると、親の職業が理由だったような気がする。

 

アメリカから戻ってからも同じだった。

大勢の中にいるだけなのに、標的にされるケースが多々あった。

大声で話している訳でもなく、挑発している訳でもない。

自分が、標的にされるケースとして捉えていただけなのだろうか。

 

「思い立ったが吉日」

用法が違うという自覚はある。

が、あるとき、一念発起を決意した。

 

「「普通」を装っていこう。そうすれば、目立たないだろう。」

慣れない普通を試みた。

「普通」じゃない人間が演じる「普通」は、どのように映っていたのだろう。

最近、そんなことに興味がある。

 

最初は違和感があっただろうが、慣れてからは・・・

という話ではなかった。

 

「普通」を演じることに疲れてしまった。

「普通」じゃない人間が演じる「普通」は、「普通」にはなり得ないという結論で試みを止めた。

 

改めて思い立った日を吉日と捉えた。

「誰が何を言おうと、気にしないことにしよう。」

気持ちが楽になった。

「今まで、何をしていたのだろう。。。」

という、今までの自分を残念にさえ感じた。

 

「年暮れぬ 笠きて草鞋 はきながら」

今年の暮れは、どのように過ごしているのだろうか。

特段変わることなく、自分自身の「普通」を楽しんでいるような気がする。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。
最近の投稿記事
  • 自然災害

    投稿日:2020年09月24日(木)

    【過去回帰により、進むべく未来へのベクトルを定め、その先にある「約束の地」へ・・・】   大型台風上陸が、各方面に様々な影響を与えているようです。 早い段階で運休を決めている公共の交通機関も少なくないようで、そ […]


    本文を読む

  • 病む雁の 夜寒に落ちて・・・

    投稿日:2020年10月14日(水)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「病む雁の 夜寒に落ちて 旅寝かな」 松尾芭蕉の句です。 「自分を苦しめる努力」はしない。 という解釈が、書籍の中にありまし […]


    本文を読む

  • 最善の解決策

    投稿日:2020年02月14日(金)

    「最善の解決策は常に最も単純な解決策である。」   この格言を曲解する人が少なくないそうですが。。。   何か問題に直面した時、沢山の選択肢を並べて、これが良い。。。これが悪い。。。この方が良い。。。 […]


    本文を読む