年暮れぬ 笠きて草鞋・・・

投稿日:2020年10月15日(木)

表顕力




【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

「年暮れぬ 笠きて草鞋 はきながら」

松尾芭蕉の句です。

「自分らしさ」で輝く。

という解釈が、書籍の中にありました。

 

偉人の方々の格言の中にも、「自分らしさ」を強調しているものが多々あります。

「自分らしさ」で輝けた結果、偉人として名を馳せたのかもしれません。

 

村八分、仲間外れにされていたからなのかは、わかりかねますが、幼少期より、一人でいることに全く抵抗がなく、一人の時間を楽しいと感じておりました。

 

先日、アメリカ時代からの友人と電話で話す機会がありました。

海外を経験した者同士の視点で、お互いの話をする機会になりました。

 

日本で生活する場合、「個性」のようなものを前面に出すことは、容易なことではないという実感があります。

「周りに合わせることができる」というスキルが必要とされているのではないでしょうか。。。

 

多感な時期の嫌な思い出を通して、「目立たないように・・・」というスタンスが確立された。

自意識の問題なのだろうか。

幼少期、親の職業が独り歩きをしていた時期、目立つことにとても敏感だった。

何か良いことをしても、褒められることはないが、何か悪いことをすると、必ず起こられる役だった。

 

「別に何もしてないよ!!」

と思っていても、何故か標的にされることもあった。

理由がわからなかったのだが、社会に出てから、あのころを振り返ると、親の職業が理由だったような気がする。

 

アメリカから戻ってからも同じだった。

大勢の中にいるだけなのに、標的にされるケースが多々あった。

大声で話している訳でもなく、挑発している訳でもない。

自分が、標的にされるケースとして捉えていただけなのだろうか。

 

「思い立ったが吉日」

用法が違うという自覚はある。

が、あるとき、一念発起を決意した。

 

「「普通」を装っていこう。そうすれば、目立たないだろう。」

慣れない普通を試みた。

「普通」じゃない人間が演じる「普通」は、どのように映っていたのだろう。

最近、そんなことに興味がある。

 

最初は違和感があっただろうが、慣れてからは・・・

という話ではなかった。

 

「普通」を演じることに疲れてしまった。

「普通」じゃない人間が演じる「普通」は、「普通」にはなり得ないという結論で試みを止めた。

 

改めて思い立った日を吉日と捉えた。

「誰が何を言おうと、気にしないことにしよう。」

気持ちが楽になった。

「今まで、何をしていたのだろう。。。」

という、今までの自分を残念にさえ感じた。

 

「年暮れぬ 笠きて草鞋 はきながら」

今年の暮れは、どのように過ごしているのだろうか。

特段変わることなく、自分自身の「普通」を楽しんでいるような気がする。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。
最近の投稿記事
  • WordPress

    投稿日:2019年12月23日(月)

    「ウェブログ」という単語が市民権を得たのは、2005年頃、僕が日本に戻ったころかと思います。 当時は、「Movable Type」というCMS(コンテンツ管理システム)として普及し始めておりました。不動産の物件情報なども […]


    本文を読む

  • ボストンキャリアフォーラム

    投稿日:2019年11月30日(土)

    年に一度、マサチューセッツ州ボストンにて、キャリアフォーラムが開催されております。 アメリカを含めた英語圏への留学生を対象にした就活イベントです。 僕は、2004年開催のフォーラムに参加すべく、公式ホームページを介して申 […]


    本文を読む

  • コンプレックス

    投稿日:2020年02月28日(金)

    「BE MY BABY」 を連想してしまいますが、それとは、全く別の内容です。   世界的にご活躍されているサッカー選手が、起業家、投資家としてもアクティブに活動されていることが、ある雑誌の記事で紹介されており […]


    本文を読む