Nine-tenths of wisdom is・・・

投稿日:2021年01月21日(木)

戦闘力




「Nine-tenths of wisdom is being wise in time.」

(知恵の9割は、時間について賢くなることである。)

アメリカ歴代大統領 セオドア・ルーズベルトの格言です。

 

本日、第46代アメリカ合衆国大統領就任式が行われました。

就任演説を拝聴しながら、他の歴代のスピーチと比較したりなど、色々なことを考えておりました。

 

歴代大統領就任演説を暗記することを目的に、いつもmp3プレーヤーを携帯しております。

今回の就任演説、暗記の対象となるのかどうか。

 

「強かった時代のアメリカに戻ろう!!」

というニュアンスが、繰り返されていたような気がします。

約束の地を目指しての次の4年。

どのような時代の変化が待っているのかを楽しみにしているところではありますが。。。

 

読書、セミナー、耳学問、色々なところから、知識を増やすことができる。

その中でも、「読書」は、一番費用対効果の高い知識の増やし方であると確信している。

 

ここ2,3年で、様々なジャンルの様々な著者の書籍を拝読した。

知識として身に付けるためには、アウトプットが不可欠。

必要の有無に関わらず、誰かに話すなど、アウトプットを意識してきた。

 

世の中、知っていることよりも知らないことの方が多い。

世の中のすべてを知ることは不可能である。

わかってはいるが、知らないことを一つでも減らせるよう、知識を得ることに対しては、貪欲である気がする。

 

知識を増やしたい理由は、知恵を得たいからだった。

色々な知識を応用して、知恵にすることにより、ものの見方、考え方に幅が出てくると考えていた。

 

いわゆる「クイズ王」のような知識が豊富な人は、たくさん存在している。

知っているか知らないかの問題ではあるが、知っているということは、尊敬に値すると思う。

 

ただ、時代は変化した。

知識は、検索すれば得ることができる。

知っているかどうかは、あまり重要ではなくなったように思う。

知識をどのように応用するかが、重要なのではないだろうか。

 

「知識だけでは、通用しない。知恵をつけなければ。」

そう思いながら、知識を得ることに意識を向けてきた。

多分、人並み以上には、知識はある筈。

それらの知識をどのように活用するのか。

どのように知恵に結び付けるのか。

 

ルーズベルト歴代大統領のお陰で、そのようなことを考えるのは、ナンセンスであることに気付くことができた。

 

どのようにして、時間を有効活用するのか。

この一点に集中して、知恵をつけて行こうと思う。

 

そこで得た知恵は、時間について賢くなるために活用しようと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。
最近の投稿記事
  • A clever person solves a problem. A wise person avoids it.

    投稿日:2021年05月08日(土)

    「A clever person solves a problem. A wise person avoids it.」 ドイツの物理学者 アインシュタインの格言です。   先送りしている「問題」が、少なからず […]


    本文を読む

  • PMOY

    投稿日:2020年01月23日(木)

    渡米後、英語の練習を兼ねて、ケーブルテレビ、特に映画チャンネルを頻繁に視聴しておりました。   ある映画で、80年代のプレイメイトの一人を知りました。 高身長のブロンド美人です。 アジア人だからなのか、僕は、欧 […]


    本文を読む

  • 「普通」を装う

    投稿日:2020年02月01日(土)

    2008年頃から、自分が「普通」ではないことに戸惑いを感じ始めておりました。 自分の考えること、感覚、常識、、、全てが、他人と違うと感じ、人と接することに抵抗を感じるようになっておりました。   例えば、自分の […]


    本文を読む