考え過ぎたことはすべて・・・

投稿日:2020年10月29日(木)

分解力




「考え過ぎたことはすべて問題になる。」

ドイツの哲学者 ニーチェの格言です。

 

相変わらず、「左右の脳のバランス」を意識しながらの生活を続けております。

左脳だけで生きてきた感が否めないため、右脳の活性化が急務であるという結論から、そのような生活を始めました。

 

「それは、考え過ぎだと思う。」

「もっと感覚的に捉えて良いと思う。」

このような類のことを言われ続けてきました。

 

「考え過ぎ?あなたが、考えなさ過ぎなのでは?」

心の中でそんなことを思いながら、人と接してきたような気もします。

 

最近は、逆に、相手に対して「考え過ぎでは?」と感じてしまうことがあるくらいです。

時々、感覚的に生きている人が、理論的に説明しようとしながら、言葉を詰まらせてしまう場面に遭遇することがあります。

「難しく考える必要はないと思うけど。。。」

ひと昔前の自分には、全く想像できなかった「感覚」が、現在の自分に宿っているようで。。。

 

「専門家とは、難しいことを簡単に説明できる人。」

このような話を耳にしたことがある。

専門知識がない人に対しても、専門的なことを優しく説明できるという解釈をしている。

この場合、専門用語を使用せずに、説明する必要がある。

 

専門知識を並べて、自分を大きく見せようとする人が多いように思う。

「自分は、例外である。」と断言できないことは、残念な限りだ。

 

専門用語の使用を回避するために、例え話を活用する人がいる。

理解し易く、気持ちが良い。

参考にすべく要素を沢山いただける機会となる。

 

「もう少し、わかり易く説明する方法はないだろうか。。。」

時々そんなことを考えては、結論が出ないまま、ペンディング事項となる。

やがてそれが、問題になる。

全ては、「考え過ぎた」ことから始まっているのだが、そのことに気付けない場合が多い。

 

考えることによって導かれるのは、ネガティブな事象のみであると思う。

考えれば考えるほど、問題となる要素が、湧き上がってくる。

それらの問題により、何らアクションを起こせないという結論に至る。

 

「考え過ぎたことはすべて問題になる。」

反論の余地がない。

反論するために考え過ぎるつもりもない。

 

「考え過ぎることによって起こる問題を、考え過ぎることによって解決するために考え過ぎてみよう。」

とは考えていなくても、そのようなことを無意識に行っていたような気がする。

笑止千万でしかない。

 

最近は、余計なことを考える暇があるならば、他にやるべきことがあると思っている。

まずは、アクションを起こす。

そこで感じることを踏まえて、別のアクションを起こす。

 

お陰様で、余計なことさえ考えなければ、問題は起こらないことを実感できている。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介
最近の投稿記事
  • 人にものを教えることは・・・

    投稿日:2020年11月11日(水)

    「人にものを教えることはできない。自ら気づく手助けができるだけだ。」 イタリアの天文学者 ガリレオの格言です。   「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。」 巷間、よく耳にする話かと思います。 […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – 教養

    投稿日:2020年03月11日(水)

    学校の勉強、受験のための勉強は、あまり真面目に取り組んで来ませんでした。 結果的には、修士課程を修了しておりますが、受験を通した「勉強」には、興味を持てなかったという感じなのかもしれません。   歴史や宗教、政 […]


    本文を読む

  • 貪・瞋・痴

    投稿日:2020年03月05日(木)

    「貪欲」(貪る心、欲望) 欲しいものなどに対して、執着する心   「瞋恚」(怒り) 怒ること、腹を立てること   「愚痴」(愚かさ、迷い) 真理を知らず、物事の理非の区別がつかないこと   […]


    本文を読む