善とは何か。後味の・・・

投稿日:2020年11月15日(日)

戦闘力




「善とは何か。後味の良いことだ。悪とは何か。後味の悪いことだ。」

アメリカの作家 ヘミングウェイの格言です。

 

加熱式タバコの台頭により、紙タバコは、何処へ行くのでしょうか。

紙タバコを吸いながら、「あぁ~美味しい。。。」と感じたことはないのですが、長い間止められずにいます。

 

最近、気分転換を兼ねて、加熱式タバコを吸うようになりました。

紙タバコのような「キツイ」感覚はないのですが、後味の良い感じのように思います。

 

後味の良し悪しだけを考えると、加熱式タバコを選びますが、紙タバコの良さもあるような。。。

いや、良さを感じたことはなく、惰性で吸い続けてきただけなのかもしれません。

 

それでも止めれないのは何故なのでしょうか。

中毒性の問題なのか。

色々と思うことはありながらも、「美味しい」と思って吸っているのか。

後味の悪い感覚に苦しんでおりますが。。。




シゲアキは、理論だけを頼りに生きてきた。

感性などには、全く関心がなかった。

世の中、白か黒のどちらか。

そのどちらかを、理論で証明しながら、自分の進むべき道を進んできたという自信がある。

 

シゲアキに口論で勝てる人は、ほぼ皆無だった。

シゲアキの周りの人たちは、負け戦を仕掛けるようなことはしなかった。

 

それでも、意見の違いなどから、口論とまではいかなくても、議論し合う場面は、少なからずあった。

その度に、周りが引くことにより、その場を和やかな雰囲気に保つことができていた。

シゲアキの周りの人たちにとっては、難儀な話だと思う。

 

そんなシゲアキは、他人との口論によって、傷付けられることがあった。

本人にとっても、後味の悪いこととして、記憶に残っている。

わざとなのだろうかと悩んだこともあった。

シゲアキを傷つけることを目的とした発言で、「口撃」してくる人がいた。

 

明らかに、シゲアキが正しい場面になればなるほど、相手が感情的になったりする。

相手の感情を気にするようなことは、シゲアキの理屈には合わないのだろう。

傷つきながらも、相手の気持ちなどを考えたことはなかった。

 

ある日、シゲアキは、珍しいタイプの人と話す機会があった。

何を話しても、通じていないように感じていた。

 

不自然な会話のキャッチボールを続けていると、相手が怒り出した。

「えっ?この場面で、怒り出すの?」

シゲアキは、ビックリした。

相手は、一方的に怒っていた。

連鎖するかのように、シゲアキも怒り出したい気持ちだったが、気持ちを抑えていた。

「こちらから逆に怒ったとして、どのような結論が待っている?」

シゲアキは、冷静に考えていた。

 

相手が、一方的に会話を終わらせた。

シゲアキは、会話が終わるのを待っていたこともあり、願ったり叶ったりだった。

 

一方的に怒られたことに対する後味は、最悪だった。

が、それ以上に、終始冷静さを保てたという後味は、最高だった。

 

感情的な相手に対して、冷静さを保てること。

後味は、明らかに良いものであると、シゲアキは、感じていた。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。
最近の投稿記事
  • 最も多くの人間を喜ばせた・・・

    投稿日:2020年11月07日(土)

    「最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。」 戦国武将 徳川家康の格言です。   「顧客満足」を追求することにより、利益が生まれるというような話を耳にします。 「満足させること」と「喜ばせること」を同 […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – 品格

    投稿日:2020年03月10日(火)

    比較的恵まれた環境で育った「母親」の影響が強いと考えております。 社会人として最低限必要な要素は、家庭教育の中の「躾」を通して教わることができました。   母は、文学部国文科を卒業しています。 それが理由かはわ […]


    本文を読む

  • もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である

    投稿日:2021年05月02日(日)

    「もっとも平安な、そして純粋な喜びの一つは、労働をした後の休息である。」 ドイツの哲学者 カントの格言です。   ゴールデンウィークに入りました。 「去年の今ごろは・・・」 そんなことを考えながら、色々なことが […]


    本文を読む