深く探究すれば・・・

投稿日:2020年11月23日(月)

戦闘力




「深く探究すればするほど、知らなくてはならないことが見つかる。」

ドイツの物理学者 アインシュタインの格言です。

 

「The more 構文」を思い出させてくれます。

「すればするほど・・・」

夢中になれることであれば、夢中になればなるほど、時間が経つのを忘れて集中できたりします。

 

昔、面白い話を聞いたことを思い出しました。

「勉強している人は、わからないことがわかる。していない人は、わかっていることがわかる。」

なるほどと思わされた記憶があります。

 

何かを始めるとき、人は皆、初心者にも関わらず、うまくできない自分を憂いてしまい、せっかく始めたのに。。。という結論に至ってしまうことが多いのではないでしょうか。

 

僕にとっては、ギターが、それかもしれません。

最初は、コードを抑えるのに苦労し、弾けば弾くほど指が痛くなり。。。

そんなことを繰り返していくと、知らないこと、できないことに直面するのですが、知りたい、できるようになりたいという気持ちが強ければ。。。




最近のニュースを見ていると、色々と考えさせられることがある。

メディアの報道の9割が、ネガティブな話題であるという話を聞いたことがあるが、ほぼ10割ではないだろうかと思わされるほど、ネガティブ一色に感じる。

 

あまり気にしないようにはしているが、どうしてこのような報道の仕方になるのかは、興味がある。

不安を煽るような報道には、どのような意図があるのだろうか。

 

洗脳といういうと語弊があるが、それに近い形で、メディアを位置付けている気がする。

「UFOが落ちてくる!!」

と、全国ネットのニュースで聞いた場合と近所の住人から聞いた場合、どちらを信じるかと問われれば、火を見るよりも明らかな話ではある。

 

誰からから聞いた話として、耳にする話がある。

かなり高い確率で、深みがない。

少し突っ込んで質問してみると、「わからない。聞いた話だから。。。」などの言い訳が発せられる。

 

そのような日常に慣れてしまっているが故、「探求」という面倒な作業を世の中が嫌っている傾向を感じる。

掘り下げようとすると、「面倒な人」というレッテルを貼られそうな気配すら感じる。

 

巷の話は、気にする必要はないと結論付け、できるだけ深く探求することを心掛けてはいる。

その過程で、知らないこと、わからないこととの遭遇がある。

知らないこと、わからないことがあれば、調べれば良いだけの話。

調べる術は、いくらでもある。

 

ニュースを見ていると、「深み」とは対極の方に流されていくような気がしてならない。

「知らなくてはならないことを見つける」ためにも、「深い探求」を意識し続けていこうと思う。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。
最近の投稿記事
  • Be daring, Be first, Be different

    投稿日:2021年03月07日(日)

    「Be daring, Be first, Be different」 アメリカの実業家 レイ・クロックの名言です。   この名言に感銘を受けた日本の実業家は、少なくないようです。 「Be first, Be […]


    本文を読む

  • 貪・瞋・痴

    投稿日:2020年03月05日(木)

    「貪欲」(貪る心、欲望) 欲しいものなどに対して、執着する心   「瞋恚」(怒り) 怒ること、腹を立てること   「愚痴」(愚かさ、迷い) 真理を知らず、物事の理非の区別がつかないこと   […]


    本文を読む

  • 人間は現在がとても価値のあることを・・・

    投稿日:2020年10月16日(金)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「人間は現在がとても価値のあることを知らない。 ただなんとなく未来のよりよい日を願望し、いたずらに過去とつれ立って嬌態を演じ […]


    本文を読む