何かが障害として・・・

投稿日:2020年12月04日(金)

冒険力




【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】

 

「何かが障害として立ちはだかっているように感じても、実際には何もない。」

アメリカの元NBA マイケル・ジョーダンの格言です。

 

「絶望的な状況というものはない。 人が状況に対して絶望的になるだけだ」

米国の劇作家 クレア・ブース・ルースの格言です。

「絶望的な状況」を「何かの障害」と解釈すると、同じことを仰っているように感じます。

 

「心のブレーキ」という単語で、絶望的、障害を表現することがあります。

人は皆、「心のブレーキ」を踏みながら生活しております。

恐怖心、失敗したくない気持ち、諸々の要素が、ブレーキを踏ませているのでしょう。

 

何も考えずに、とりあえず飛び込んでみる。

意外と面白いことに遭遇できるチャンスのように感じておりますが。。。




「現状維持バイアス」

どのような人にでも、このバイアスは働いている。

現状の安定した状態を維持したという感覚を持つことは、自然なことのように思う。

 

「誕生・成長・安定・衰退」

あるアーティストが、人間の生きる過程を4つに分けていた。

皆、「安定」を求める。

それが、人間の性なのだと思う。

 

「安定」には、特に自覚症状がない気がする。

毎日の習慣が、無意識に「安定」を求めてのアクションになっているものであるという確信がある。

故に、習慣を見直すことが、「成長」を意識したアクションなのではないか。

 

「安定」を求めることにより、「衰退」が始まる。

自然の摂理に基づいて考えると、当然のことなのかもしれない。

誰も、重力に逆らって生きてはいけないのと同じ理屈として解釈している。

 

気が付いたら、「安定」のつもりだったはずが、「衰退」の方向へ。

 

「つるべ落とし」

「衰退」は、ものすごい勢いで、進んでいく。

少しでも油断すると、すぐに「衰退」していく。

 

過去からの経験により、成長過程よりも、衰退過程の方が、目まぐるしい変化を実感してきた。

「安定」を求める行為が、「不安定」へと導かれるのだろうか。

 

そうであるならば、「現状を維持しようとする」ことに恐怖心を抱いてはどうだろう。

「現状を維持したくない!!」という気持ちが、「成長」を促してくれるのではないだろうか。

 

「高みを目指したい。」という気持ちではなく、「現状から抜け出したい。」という気持ちは、モティベーション維持のためには、有効的な考え方のような気がする。

 

仮に、「安定」を求めるのであれば・・・

「成長し続ける」という「安定」を目指して行こうと思う。

 

「目の前に立ちはだかる障害」は、「障害」ではないという解釈から、成長が始まるような気がする。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 中小企業が、どのように隆盛を極めるべきか。
    メンタルブロックを外す上で、絶対に理解していなければならない内容です。

    「行動」を促してくれる書籍です。



  • この著書を拝読して以来、メモを取ることを意識し始めました。
    何気なく書いたメモが、後になって何かのヒントになったりするものです。

    手書きのメモは、これからも継続して行きます。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。



  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。
最近の投稿記事
  • コーチング

    投稿日:2020年02月20日(木)

    2018年8月。 僕は、セルフブランディングの先生のセッションを受けました。   札幌に戻って以降、東京に対しての「大都会」というイメージが、日に日に増しておりましたので、久しぶりの東京と東京人との接触両方に、 […]


    本文を読む

  • 私は人を信じて失敗・・・

    投稿日:2021年03月26日(金)

    「私は人を信じて失敗することがあっても、人を疑って失敗することは絶対無いようにしたい」 幕末の思想家 吉田松陰の名言です。   「世の中、色々な人がいるから。」 こんな表現をよく耳にすることがあります。 長い間 […]


    本文を読む

  • 英国紳士 – 懇篤

    投稿日:2020年06月13日(土)

    世の中の常識に悩まされることが多々あります。 「誰が、いつ、どこで、どのように決めたのかがわからない」常識に悩まされています。 少なくとも、間違いなく「絶対」と考えていることがあります。 「誰かが、どこかで決めたこと」を […]


    本文を読む