過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ

投稿日:2021年04月28日(水)

冒険力




「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。」

ノーベル賞受賞物理学者の名言です。

 

過去を引きずり、未来を願望している間に、今日が終わっていることがあります。

今日が過去になり、引きずるべく過去が増え、願望していた未来が遠ざかって行きます。

 

「いつか、良くなるだろう。」

「きっと今とは違う未来があるだろう。」

妄想に似た感覚を未来に抱きながらも、その未来が具現化されることなく、過去だけが増えて行くだけのような気がします。

 

「気が付いたら、半年過ぎていた。」

「気が付いたら、もう年末。」

時間が経過しているにも拘らず、イメージしていた未来に近付くことはなく、無駄に過ごしてしまった過去の時間を憂いてしまうのみ。

 

未来への希望は、今日の過ごし方次第で、ポジティブにもネガティブにもなり得るような気がしておりますが。。。

 

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

賢者ではないとしても、歴史という「過去」から学ぶ必要があるという確信がある。

自分の過去も、自分にとっては「歴史」と解釈して良いのではないだろうか。

 

どちらかというと、過去は憂うものなのかもしれない。

「あのとき、こうすればよかった。」

「あのとき、ああできた筈なのに。」

が、憂うことからは、何も生まれない。

憂うことにより、「過去」を「臭いもの」として扱い、蓋をしてしまう。

全く学ぶことができないのは、残念でしかない。

 

「今まで良いことがなかったら、これから良いことがあるだろう。」

「今まで良いことばかりだったから、これから先、悪いことが起こりそう。」

今、この瞬間、考える必要のない未来について、あれこれ考えてしまう。

「今、この瞬間は、あのとき考えていた未来ではない。」

未来のある地点で、初めてそれに気付くことになる。

 

「過去」と「未来」に縛られることにより、「今日」が、疎かになってしまう。

「今日」を疎かにしながら、時間だけが経過する。

もしかしたら、ほとんどの人が、無意識にそのような「今日」を生きているのかもしれない。

 

それで良いのだろうかと自問したとき、自分の中に様々な答えがあることに気付く。

 

自分自身でコントロールできる時間は、「今日」しかない。

「昨日」も「明日」も自分のコントロール下にはない。

だとしたら、自分自身でコントロールできる「今日」を「今日のため」だけに生きることが、賢明なのではないだろうか。

 

「今日のために生きる」ためには、過去を憂うのではなく、学ぶための要素として活用した方が賢いのではないだろうか。

「今日のために生きる」ためには、未来に希望を持ち続ける方が、賢いのではないだろうか。

 

この名言により、「今日のために生きる」ことは、「過去」と「未来」をどのように活用するかを問われているように思わされた。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 「知る人ぞ知る」という存在に憧れてしまいます。

    メディアに露出している人ばかりに注目してしまいがちですが、実はそんなことはないように思わされる書籍でした。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 気持ちに波を感じる際、この本に目を通すことにしております。
    気休めだとしても、気持ちを穏かにすることができます。

    有り難く感じることが、沢山書かれている書籍です。
最近の投稿記事
  • 仕組み

    投稿日:2020年07月20日(月)

    「仕組みづくり」は、ビジネスを進めて行く上で、とても重要であるという話を耳にする機会があります。 「ビジネスモデル」も、目的や理念を基に、収益を上げるためのフローが必要となります。 要するに、「フロー」とは、「仕組み」な […]


    本文を読む

  • ものごとを正しく見る・・・

    投稿日:2021年03月23日(火)

    「ものごとを正しく見るには、たった一つのやり方しかない。ものごとの全体を見ることだ」 イギリスの美術評論家 ジョン・ラスキンの名言です。   「木を見て森を見ず」 人間、目先のことに集中してしまうものです。 何 […]


    本文を読む

  • 海浜幕張

    投稿日:2020年06月30日(火)

    もう7,8年前だと思います。 IT関連の展示会に参加するために、初めて「幕張メッセ」へ行きました。 東京駅から京葉線で30分ほどだったという記憶ですが、定かではありません。   「幕張メッセ」では、展示会やアー […]


    本文を読む