真らしき嘘はつくとも・・・

投稿日:2021年02月18日(木)

表顕力




「真らしき嘘はつくとも、嘘らしき真を語るべからず」

戦国武将 徳川家康の格言です。

 

巷間、真実のようで嘘だったり、嘘のようで真実であったりすることが溢れております。

インターネットの台頭により、情報過多に陥り、何が真実なのかが、わからなくなってしまいます。

 

民主主義国家故に、マジョリティの意見が、真実と解釈することが真実なのでしょうか?

若しくは、プロパガンダによる情報操作により、嘘を真実と思わされているということが真実なのでしょうか?

 

いずれにしても、真実か否かを判断するための「ものさし」が、自分自身に備わっているかどうかが問われているような気がしております。

 

いわゆるインフルエンサーの発信する情報が、すべて正しいのだろうか。

時々、そのようなことを考えたりすることがありますが。。。

 

古今東西、「嘘らしき真」は、大衆の常識から外れたものなのだと思う。

少し俯瞰して考えると、「常識」として認識されていることに違和感を覚えることがある。

多分、「真らしき嘘」に触れているときなのかもしれない。

 

左脳で考えると不自然なことも沢山ある。

理屈として成り立っていないような気がしながらも、あまり反応しないように努めている。

 

波風を立てたくないなどの感情からではなく、不自然なことをそのまま受け入れることがある。

不自然なことも、また真実なのだと解釈するようにしている。

 

周りの話が真なのか嘘なのかは、自分自身が、どう判断するか次第。

どちらにでも判断できる。

そうであれば、全てを真と捉えて、次のアクションを起こすキッカケにして良いのではないかと考えている。

 

問題は、自分が発信する情報が、真なのか嘘なのか。

自分自身が、絶対的に「真」であると考えていても、周りがどう解釈するか次第になる。

 

重要なことであれば、議論の余地はあるが、そうでなければ、相手の感受性に委ねるしかないと考えている。

 

世の中の変化を実感しながら、今までの常識が、非常識に成りつつある。

逆に、今までの非常識が、常識に成りつつある。

パラダイムシフトを声高に叫んでも、「嘘」と解釈されてしまえば、それまで。

 

「真」をどのように発信していくのかを考えたりする。

そこにテクニックが存在するのだろうか。

相手の機嫌を取りながら伝えることが、正しい方法なのだろうか。

 

色々と考えながら、思うことがある。

結局、周りがどうこうは、全く関係ないのだろう。

誠実さを保つことができれば、全てが「真」となるような気がする。

厳密に言えれば、誠実さにより、周りが「真」と解釈してくれるような気がする。

 

この格言により、我を通そうとする気持ちが、諸々問題を起こすのだろうと思わされた。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • 最近、仕事をしていて感じることが多々あります。
    その疑問のような感覚を解決してくれる書籍でした。

    余計なことを考える必要はないことを教わった気がしております。



  • 交渉で大切なスタンスのようなものを学べました。
    交渉に臨む前の「準備」の大切さを痛感し、最終的には、こちらの望む方向へ導けるかどうか。

    参考にすべく要素を沢山得ることができました。



  • 様々な著名人へのインタビューから、参考にすべくことが沢山ありました。
    気にしなくても良いことを気にしまっている自分を認識することができました。

    結局、皆同じことをお話されているようにも感じました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。
最近の投稿記事
  • 現状維持バイアス

    投稿日:2020年01月13日(月)

    行動経済学の概念です。 他にも、「保有効果」や「損失回避性」などもありますが、心理学的にも「メンタルブロック」という単語で説明しやすいのが、「現状維持バイアス」かと思います。 我々は、変革の時代を生きております。 そんな […]


    本文を読む

  • 【改訂】2005年、冬

    投稿日:2020年04月27日(月)

    /*** 頻繁にアクセスがある記事を書き直してみました。 今の感性に委ねながら、基の記事の流れに沿って書き直してみました。 基の記事は、こちらです。 ***/   学生時代、「外資系企業」に憧れていました。 そ […]


    本文を読む

  • What is not started today is never finished tomorrow.

    投稿日:2021年02月13日(土)

    「What is not started today is never finished tomorrow.」 ドイツの詩人 ゲーテの格言です。   「いつになったら終わるのだろう。。。」 あまり気が乗らない作 […]


    本文を読む