真らしき嘘はつくとも・・・

投稿日:2021年02月18日(木)

表顕力




「真らしき嘘はつくとも、嘘らしき真を語るべからず」

戦国武将 徳川家康の格言です。

 

巷間、真実のようで嘘だったり、嘘のようで真実であったりすることが溢れております。

インターネットの台頭により、情報過多に陥り、何が真実なのかが、わからなくなってしまいます。

 

民主主義国家故に、マジョリティの意見が、真実と解釈することが真実なのでしょうか?

若しくは、プロパガンダによる情報操作により、嘘を真実と思わされているということが真実なのでしょうか?

 

いずれにしても、真実か否かを判断するための「ものさし」が、自分自身に備わっているかどうかが問われているような気がしております。

 

いわゆるインフルエンサーの発信する情報が、すべて正しいのだろうか。

時々、そのようなことを考えたりすることがありますが。。。

 

古今東西、「嘘らしき真」は、大衆の常識から外れたものなのだと思う。

少し俯瞰して考えると、「常識」として認識されていることに違和感を覚えることがある。

多分、「真らしき嘘」に触れているときなのかもしれない。

 

左脳で考えると不自然なことも沢山ある。

理屈として成り立っていないような気がしながらも、あまり反応しないように努めている。

 

波風を立てたくないなどの感情からではなく、不自然なことをそのまま受け入れることがある。

不自然なことも、また真実なのだと解釈するようにしている。

 

周りの話が真なのか嘘なのかは、自分自身が、どう判断するか次第。

どちらにでも判断できる。

そうであれば、全てを真と捉えて、次のアクションを起こすキッカケにして良いのではないかと考えている。

 

問題は、自分が発信する情報が、真なのか嘘なのか。

自分自身が、絶対的に「真」であると考えていても、周りがどう解釈するか次第になる。

 

重要なことであれば、議論の余地はあるが、そうでなければ、相手の感受性に委ねるしかないと考えている。

 

世の中の変化を実感しながら、今までの常識が、非常識に成りつつある。

逆に、今までの非常識が、常識に成りつつある。

パラダイムシフトを声高に叫んでも、「嘘」と解釈されてしまえば、それまで。

 

「真」をどのように発信していくのかを考えたりする。

そこにテクニックが存在するのだろうか。

相手の機嫌を取りながら伝えることが、正しい方法なのだろうか。

 

色々と考えながら、思うことがある。

結局、周りがどうこうは、全く関係ないのだろう。

誠実さを保つことができれば、全てが「真」となるような気がする。

厳密に言えれば、誠実さにより、周りが「真」と解釈してくれるような気がする。

 

この格言により、我を通そうとする気持ちが、諸々問題を起こすのだろうと思わされた。

 



コメントを送信する


※すべて必須事項です

記事タイトル:
氏名*:
メールアドレス*:(半角英数)
コメント*:

記事検索
書籍紹介


  • ファンクラブ入会後、初のコンサート。
    比較的前方の席で楽しむことができました。

    昔よく聴いていた曲も聴けて、有意義な時間を過ごすことができました。



  • 今取り組んでいる仕事をどのように楽しくするかを考えながら、仕事に対するスタンスを改めようと思わされました。

    天命に逆らうことなく、精進を続けて行こうという気持ちになれました。



  • 第1章の「ルール」についてが、一番参考になる内容でした。
    同じように、自分の「ルール」を定めてみました。

    定めた「ルール」通りに生活できているのか、自信はありませんが。



  • 面白い書籍でした。
    参考になることが、沢山書かれていました。

    毎日、書籍の中の参考になる考え方などを意識して生活しております。



  • 物語風に書かれていて、読み易く感じました。
    誰にでも存在する「心のブレーキ」を外すことにより、色々な可能性を広げることができるという確信を得ることができました。

    「こんな喫茶店が実際にあればなぁ。。。」と思ったりもしました。
最近の投稿記事
  • 金融機関

    投稿日:2020年08月01日(土)

    昨年、クレジットカードの支払いで、海外送金を行いました。 送金サービスを利用すると、低コストで時間を掛けずに送金が可能になります。 昔は、送金小切手を作ってから・・・と手続きが複雑でした。。。 銀行次第では、「送金小切手 […]


    本文を読む

  • 背負う荷物を軽くしてほしいなどと・・・

    投稿日:2020年10月22日(木)

    【 自己分析のための過去回帰。「進むべく未来」の先にある「約束の地」へ・・・ 】   「背負う荷物を軽くしてほしいなどと願ってはならない。背負えるだけの強い背中にしてほしいと願いなさい。」 第32代アメリカ合衆 […]


    本文を読む

  • 歴史と他人

    投稿日:2020年01月21日(火)

    「主観的な成功は自己満足。客観的な成功は歴史と他人が決める。」   1月18日(土)の「潜在意識」という記事に対していただいたコメントです。 コメントをいただきました旨、この場をお借りして、御礼申し上げます。 […]


    本文を読む